« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月22日 (木)

後藤田正晴氏の死去

後藤田正晴氏が死去された。

今回の自民党圧勝に合わせるかのようにお亡くなりになるというのは、氏の信念を考えると皮肉なものを感じます。

例えば後藤田氏ややはり亡くなった梶山静六氏、それから引退した野中広務氏などはある種の分かり難さ(複雑さ)を持った政治家であったと思います。で、その複雑さが私などには少し惹かれるものがありました。どだい政治家ですから好きな人種ではないのですが、それでも人間としての広がりを感じる人たちだと思います。

前も書きましたが、どんな党であれ一つの党が大きな力を持って碌なことにはならないと思っている中で、後藤田氏のようなある種のお目付け役がいなくなるのは非常に心重く感じます。

翻って、首相や東京都知事にこのような複雑さはあるのでしょうか?今回目についた衆議院の立候補者でも与野党とも単純明快な主張が多く、それが時代の流れかも知れませんが、違和感が私には拭いきれませんでした。亀井静香氏などはもしかしたらこの複雑さを持っている政治家かも知れません、どうもあの語り口は駄目ですが。

悪い奴のみがはびこる社会は嫌ですが、単純な正義のみで物事が進む社会も同じくらい嫌なものだと思います。なぜなら、その正義と思われた部分が純粋であればあるほど、それが正義でなくなったときに悪になる純粋度も高いんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005年9月14日 (水)

渋谷Tsutaya恐るべし

バンドでコピーする曲が決まり、「一枚CDを買うのもなあ」と思い、渋谷のTsutayaにCDを借りに行きました。DVDは何度か借りたことはあるのですが、CDは初めてでした。

いやあびっくりした。何でこんなに廃盤があるんですか?AnthemのBest(中間英明の唯一の音源であるA.D.Dが入っているCD)、勿論中間のソロ(しかも初版!)、四人囃子は全部あるし、じっくり見れば恐らくえらいことでしょう。

ただ、音楽DVDが少ない気がしますね。今はDVDが充実してますから、もっとそろえてもらいましょう。

DVDと言えば、DioのSuper Rock 85のDVD(LD落とし?)を入手しました。Vivian Campbellってこんなに格好良かったっけ?という素晴らしい内容です。Dio爺は相変わらずのこぶし絶好調です。あんなにギターが弾ければいいよなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年9月13日 (火)

選挙結果

この結果は嫌ですねえ。

ただ、嫌とは言え規則に従って出来た結果ですから、後は私達国民がよく監視することです。とにかく圧倒的な力に対する怖さを政権は肝に銘じて欲しいと思います。何でもできるという状態が白紙委任にならないようにしないと。

しかし小池百合子って何なんでしょう?政治芸者ですなあ。あとは猪口孝子が外務大臣になった場合、中国・韓国との関係をどうするか、米国との自衛権をどうするかは見物(軍縮論者であり期待も少しあります)ですね。

それにしても、次はもう少し競争がある(政権交代があっても良いんじゃないでしょうか)状態にしたいですねえ。次のドイツでの選挙などがどうなるか、社会民主政権が死に体でどういう判断になるのでしょうか。

中々まとまらないや。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年9月10日 (土)

今日はバンドの日

久々のバンド練習でした。

が、練習不足が祟り情けないったらありゃしない。ギターの高音は音が切れる、ピックはずれてうまく安定しない、チューニングは特に三弦が下がる、等など他のメンバーに迷惑かけまくり。本当に駄目です。

今回今までのレスポールからストラトに変えたんですが、やっぱりシングルコイルは厳しいですねえ。腕のある人はあの音でスパッと通してくるんでしょうが、ごまかしハンバッキングということでやっぱりレスポールかなあ。

改めて地道な基礎練習が大事だということを認識しました。ちなみに今練習しているのは、Bad Boys/Slide it in/Fool for your loving(Whitesnake)、Crazy train(Ozzy)、C'mon Everybody(UFO Version)、Wishing well(Gary Moore Version)というところですが、おやぢ趣味丸出しですねえ。

で、改めて見直せば、なんのことはなく全てハンバッカーの音ではないですか!?まあWishing Wellは確かにアルバムはストラトですがそれはKey込みだし、この前のDVDではちゃんと(何が?)ギブソンでしたし。ということでやっぱりレスポールだな。

ハードロックやヘビーメタルでVo/G/B編成の場合、シングルコイルのギターでは厳しいかも知れません。Key絡みだとストラトのシングルは相性がいい気もしますが。例えば今現役のArch enemyなんかでもハンバッカーだし、しかも音下げてますよね(ちなみに私はレギュラーチューニングで太目の弦、ストラトは0.11-0.50でレスポールは0.12-0.52)。どこかにシングルコイル派はいないでしょうか。

へたくその言い訳ですなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »