« ヨーロッパ出張は高い | トップページ | とにかく笑っていきます »

2005年11月23日 (水)

日本のギタリストコンピアルバム

Sorapapaさんがギタリスト関連アルバムを解説しているのに刺激を受けまして、私も一つやってみようと思い立ちました。で、お題は

「Shoot the guitarist」

です。ですが、このアルバム、どっかに行ってしまい見つからず、覚えているものだけかいつまむというSorapapaさんからどやされそうな解説です。

このアルバム、もとは「ふうせん」というテキヤのにいちゃんかなんかの映画のサントラです。宮崎ますみなんかも出てたかも知れない。で、そんなことは私にはどうでも良くて、とにかくデッドエンド及び足立祐二、中間英明が入っているというのがハードロックギター好きには肝です。その他、じゃがたらのEbiのモンゴリア(だっけ?)や桑田バンドにいた河内さんだったりが入っているんですが、実はこのアルバムの表の売りは「男闘呼組」の成田昭次のソロが入っていることだったと思います。確か何かの記事で足立祐二が、「あのアルバム成田のおかげで結構女性に売れてる」という風に言っていたと思います。まあ曲及びプレイは「それがどうした、俺でも出来るぜ」ってくらい普通ですが(インギーか、わたしゃ)。

で、デッドエンドですが、「グッドモーニングサテライト」と「原始のかけら」をインストでやってます。両方とも元はシングルだけの発売でVo入りですが、その曲を知らん私はこっちが元曲という風に感じています。で、どちらも足立祐二のディレイトリックのバッキングが気持ちいいです。要は付点音符でディレイをかける奴ですが、ミュートの具合も絶妙です。ソロはどちらも得意の大きなういんういんビブラートで決めてますね。ソロの「Sahara」も、ドラムのそうる透印満点のツーバスでなかなか雄大に決まってます。

ですが、私としては中間英明の「Last Battle」ですね。恐らくソロの「Point of no return」からのアウトテイクじゃないかと思いますが、アウトだったらそりゃ信じられんな。スケールをなぞる主題から中間印の早弾き、最後のハモリまでそれほど長い曲では有りませんが、泣かせてくれるある意味ハードポップな所もあるクラシカルな曲です。

しかしこんな手抜きな解説、解説と言えるんだろうか?CDが見つかったらもう少しまともにします。

|

« ヨーロッパ出張は高い | トップページ | とにかく笑っていきます »

コメント

こんばんわ!なにをなにをどやすどころか、こんなマニアックな作品を・・・涙。僕もしっかり持ってますよ(笑)中間とYOUの音源が聴きたくて、最高にガレージ売りされてた中古盤を買いました、200円で(苦笑)映画は全然ダメだったみたいですが(笑)、このアルバムの内容はなかなかですよね!確かに成田効果でちょっと売れたみたいですね(笑)

投稿: sorapapa | 2005年11月25日 (金) 00時38分

こんにちは! 「おっ!?」と思う名前ばかり並んでいたので、少々興奮しております。
まず、宮崎ますみ...ちょうど昨日89年の「ZAZIE」という映画を観たところです。実は最近「横道坊主」に狂っておるのですが、横道坊主のボーカルが主演したアミューズ制作の松下由樹なども出ていた映画です。
宮崎ますみ、松下由樹といえば、やはりアミューズ制作の「アイコ16歳」でデビュー(?)のはず。「アイコ16歳」本編はH2Oの歌でしたが、メイキングの方は元スペクトラムの新田さんが音楽担当でした。スペクトラムのファンだった私はメイキング目当てで試写会に行きました。
その新田さんのソロコンサートでギターを弾いていたのが河内じゅんいちさん、じゅん坊でした。。。

デッドエンドのギターは最初のルーシーこと香川くんのほうが印象深いのですが、足立さんは岡山に帰ってから見たことがあります。
RSKの「ミュージック・ショットガン」という滝沢アナ司会の音楽番組がありましたが、それの公開録画でデッドエンドが来ました。
場所はなんと結婚式場玉○殿でした。ロビーで友達と「どうせまた、滝沢アナがいらんことばかり喋るんじゃろうなぁ〜」と大声で話していたら「すみません、MSGに来られたお客様は外でお待ち下さい」と、冬空の下に追い出されてしまいました。。。

そして、男闘呼組。好きだったんですぅ〜、岡本健一。成田くんのほうが歌は上手かったのかもしれませんが、とにかく好きでした。当時のメタルファンの女の子は「岡本健一だけは別格」で好きだった人、多かったみたいですね〜。
その岡本くんと新婚旅行のドイツ行きの飛行機で一緒になったときはメチャ嬉しかったです。ドラマのロケだったのですが、機内持ち込みでギター持ってて...「一応、ミュージシャンのつもりなんだぁ〜」などと思いました。

そうる透さんもいろんなセッションでよく見ました。。。懐かしいです。。。

投稿: MIDO | 2005年11月25日 (金) 16時58分

Sorapapa殿、やはり持ってらっしゃいましたか。Sorapapaさんの解説とはかけ離れたうろ覚え似顔絵みたいなもんですわ。私は発売が分かって(多分GMがYGだと思う)すぐに買っています。横関敦も小川銀次もそうです。あ、小川銀次はどうですか?私はLPで「そして夢の国へ」を持っています。勿論この前のボックスセットも持っているというこの非生産さ。

MIDOさん、○姫殿とはあそこの運動公園を駅から越えて大学に行くカーブの手前ですか。あと、香川さんは私はDead lineの数曲しか知りません。やはり足立祐二のギターでしたから。それにしても、滝沢アナってなつかしいなあ。ということは(どういうことだ)MIDOさん、K西Sつさんって同級生ですか?私は大学が同窓です。

投稿: ドイツ特派員 | 2005年11月25日 (金) 21時02分

K西Sつさん! そうです、同級生ですよ。って、同じクラスにはなったことないですが...。今、関東方面にいらっしゃるようですね。
>運動公園を駅から越えて大学に行くカーブの手前
  ???  すみません。それ、ライヴハウス「ペパーランド」の辺りのことでしょうか?
  ○姫殿は野田というか大元方面だったと思いますが、超方向音痴なので詳しくは分かりません...。
 足立さんがデッドエンドの前にいたテラ・ローザというバンドも好きでした。。。

投稿: MIDO | 2005年11月25日 (金) 23時01分

小川銀次も大好きですよー。ソロアルバムを3枚聴きました。残念ながらクロスウィンドは聴けてないんですよ。早く3枚ともCD化されないかなとずーっと待ち続けてます。あ、かなり前ですが一発屋(笑)のGAOって女性ヴォーカルのアルバム「RoiRoi」で銀次さん弾きまくってて笑えますよー。ドラムはもち、そうる透さんです。

投稿: sorapapa | 2005年11月26日 (土) 14時20分

小川銀次さんって、佐野元春さんとされてた方とは同姓同名別人なんですねw
「センス・オブ・ワンダー/飛行船の上のシンセサイザー弾き」「鳴瀬喜博/MYTHTIQUE」 「HEAVY METAL GUITAR BATTLE vol.2」のレコードは持っていて、好きでよく聴いていましたが、全然気づきませんでした。
北島健二氏、土方隆行氏目当てで買ったレコードです♪♪
それから今一緒にされてるベースの永井敏己さんは、菅沼孝三さんとも何個かプログレのユニットをされていますが、孝三さんのドラム好きなんですぅ〜。

投稿: MIDO | 2005年11月26日 (土) 16時13分

あははは・・・大勘違い。 佐野元春さんとされてたのは「伊藤銀次」さんでしたね(滝汗)。

投稿: MIDO | 2005年11月26日 (土) 16時41分

Sorapapaさん、小川銀次は約15年前に六本木で一度、約4年前に音楽学校のイベントの飛び入り(西山毅のときだったかな?)で一度見ました。インギーどころじゃない徹頭徹尾の音符の嵐に、「いやあやっぱ銀次」と訳分からず感心した覚えが。GAOもそうですが、やはり一発屋だったBe-Bのアルバム、ラスト曲の横関敦の弾きまくりは笑いました。

MIDOさん、佐野元春さんのコンサートは某女子大学園祭In岡山で見ましたが、その時が伊藤銀次さんでした。もう25年位前かあ(遠い目)。

投稿: ドイツ特派員 | 2005年11月26日 (土) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/7287791

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のギタリストコンピアルバム:

« ヨーロッパ出張は高い | トップページ | とにかく笑っていきます »