« さて今年の目標です | トップページ | 最近更新がなかなかできません »

2006年1月 9日 (月)

ギター関係機材自慢

になるのかどうか、デジカメが新しくなったので嬉しくなって撮ってみました。

DSCF0027 今のメインで使っている93年製のHistric LPの59年タイプです。一応Histricスタンプ入りのトムマーフィー物で、一時期えらく高かった(100万位の頃もあった)んですが、今はそうでもありません。それまでの自分の印象とは違って、レスポールって高音が強いギターなんですね。ゲイリーに習って弦を0.12~の物にしてます。あとはバジフェイトンですか。

DSCF0025 こっちはフェンダーのストラト。当然ながらリフ物で、ネックは70年頃のローズだった奴をメイプルに張り替えてます。実はかなりのバリトラです。PUもリンディーに換え、バジフェイトンをぶち込んでます。一番金を掛けたギターですね。

ストラトは以前はキャンディーアップルとメタリックグリーンのオリジナル(63年と69年)を持っていたんですが、家のローンで泣く泣く手放しました。

20041_017 売る前の記念写真その1。裏コンターにも全く傷のないニアミント物でした。

20041_023 売る前の記念写真その2。これはネックのオーバースプレイがありましたが、何しろレアカラーでしたんで、がっくりです。

DSCF0013 現在のエフェクターです。左上から、SansAmp・Boss/DS1・Boss/OD1・Expandra。左下から、BFTS用のKorgチューナー・Boss/DM3・Boss/CS1・Maxon/OD880です。あとは、今修理に出しているMarshallのGovern'r。

DS1は高校時代からかれこれ20年以上使っていますが、全く壊れませんねえ。

   DSCF0031

最後は大学時代に購入した松村さんの(当時)30号。これ、645mmのショートスケールになっていて、結構少ないものかも。松村さんはブーシェのところで教えてもらった前と後でギターががらりと変っているらしいんですが、これは1985年でその後です。大阪は松村さん、東京は星野さんのギターを使っている学生が多かったように思います。

ということで機材だけはいっちょ前なんですが、如何せん腕が付いていきません。

|

« さて今年の目標です | トップページ | 最近更新がなかなかできません »

コメント

63年フルオリニアミントのCAR!!!
これは・・・ドナドナされる時さぞ辛かったでしょう・・・。
エフェクトはコンパクト派なのですね。
バジフェイトン、どんな具合ですか?(少々興味有り)

投稿: うまろく | 2006年1月10日 (火) 12時20分

umaroku様、

はい、CARはあまりに辛い事でした。パトラッシュ状態です。

エフェクターはコンパクト派、というかアナログ派ですねえ。歪み物は永遠に探し続けるItemですな。

バズフェイトンはですねえ、確かにチューニングは安定しますし、音抜けは明らかに良くなりました。ただ、それがBFTSによるものか、合わせてしてもらった全体の調整によるものなのか、割合は分かりません。そのくらい調整自体がよかったと言うのはあります。ちなみに長野のT'sギターさんにお願いしたものです。私は搭載する価値ありと思います。

投稿: ドイツ特派員 | 2006年1月10日 (火) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/8075777

この記事へのトラックバック一覧です: ギター関係機材自慢:

« さて今年の目標です | トップページ | 最近更新がなかなかできません »