« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月26日 (日)

全く民主党よ!頼むよ

わが故郷での裸祭りも終わり、今は会式という後祭りが中洲で行なわれているはずです。って、これは地元の人間にしか分からんなあ。

で、ボケたことをやらかした民主党については、もうはらわたが煮えくり返る思いです。この点は散々書かれていることでしょうが、もしかすると民主党は自民党と大連立を組みたいがために敢えて失敗を演出したんじゃなかろうか、とさえ思ってしまいます。あとは永田議員が元上司だったかもしれない片山さつきに毒を盛られたか(冗談ですが)?2ちゃん用語なら、「このヴォケが!」と。

寺島実郎氏が、「少年探偵団ごっこもいい加減にして」と仰っていましたが全く同感。前から、「対立がない世界ほど恐ろしいものはない」と思っていますが、それを自ら壊しているお子ちゃま政党と思われても仕方がない。何で美味しい告発が自分に来たのか、他には流れていないのか、そこに思いが至らないのは官僚出身だからでしょうか?

私が願い、意識するのはとにかくおかしな政権与党の暴走を許さない、ということだけです。例えば日中関係がさらに悪くなった場合どうなるのか。上記の寺島氏と議論していた目に隈の出来ている元外交官(だったかな?)は、「日米関係さえちゃんとしていれば良いんだ」という脳天気なことを言っていましたが、アメリカが日本か中国かを選ばなければならない状況になった時はどうするつもりなんでしょう。外交であれば、そういう状況を起こさないことが重要なはずで、そのときの責任者の「心の問題」で済ませるわけには行かんのです。それこそ国益であれば、特にアメリカ(民主党政権ならなおさら)は日本を切りますって。北朝鮮も然りで、中国や韓国がそれなりに北朝鮮を支えている状況で、日本ががんばっても「敵の敵は味方」となってしまいかねません。

実は前もちょっと書いた格差社会についてですが、これって軍隊を持つときに非常に都合の良いものだなあ、と気付きました。考えてみれば、今のぬるま湯の中で軍隊に行きたいなどと思う人は少ないわけですが、ニートなんぞが溢れた社会になれば、無理に徴兵制を敷かなくても良いのかも知れないですねえ。

自民党の高笑いが聞こえるようです。「北斗の拳」でユダに騙されたレイが「ユダの高笑いが聞こえる...」という呻きをあげますが、正にその状況。頼むから自爆はすんな、民主党。

ということで明日からまた性懲りもなくフランス出張です。

今日の一言:「トゥーランドット」?メタラーは「Bridges to Heaven」というべきです。←分かる人は分かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月25日 (土)

私のレア盤

岡山の実家に「送ってくれ」と頼んでおいたLP盤が届きました。

DSCF0063

この前書いたランの「Burning」です。CDは存在するものの本当に限られているようですな。Voは現B'zの稲葉だそうですが、それはアルバムの出来に関しては特筆するものにはなっていないでしょう。

DSCF0064

これは恐らく未CD化のCrosswind「そして夢の国へ」。Yahooオークションでは1stが出ていましたが、このアルバムの肝はドラムがそうる透だということ。ギターの小川銀次についてはまた色々書き連ねたいと思います。でもなあ、まだ12枚組の「Music」は全部聞けてないんだよなあ。Inner-Windは好きですがね。

DSCF0066

これはクラシックギターのJorge Cardosoの二枚。学生時代のスペイン旅行で入手したものです。まず日本では入手できないんじゃないでしょうか。特に右の「南アメリカ民謡組曲」、私のクラシックギターでの永遠のバイブルですねえ。

この四枚のLPをCD-R化すべく業者に持ち込みますです。たまプラーザの業者サイトを見ると、一枚2000円+曲分け200円/曲とのことで、一枚大体4000円程度。ってえらい高いじゃないですか!ああ、また財布がベーリング海に....。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

渋谷のとんかつ(大正期の随筆風)

とにかく私はとんかつを好んでゐる。このハイカラな食事はまことに栄養と価格の均衡が取れたもので、昼食に迷った際は例外なくこの食事を選択することとしてゐる。

今日は渋谷で仕事となり、昼食を取ろうと以前通ってゐた「三裕」を尋ねるも休業の由、本日のことだけか定かではない。それでもとんかつを食ひたいという心は変はらず、以前より気を留めてゐた桜丘の「さくら亭」にその嗜好を切り替えることとした。

もとよりとんかつにもヒレ・ロースの違いから、揚げ方の違いまで千差万別、しっかりと揚げるヒレの名店「蓬莱屋」の系もあれば、非常に低い温度で揚げていたであろうロースの名店である大阪の「ぼんち」の如き白い色に近いものもある。私は高価なとんかつと分類できる店の中では、「ぼんち」に優るものに出会えずに至ってゐる。しかしながらとんかつの本領と問はれれば、矢張り大きな負担の掛からないその金額ということであろう。であるとすれば、壱千円以下のとんかつというのもその裾野の広さを考えると誠に意義深く、また慎重に検討をするに値するジュアンルであろう。

そこで本日の「さくら亭」であるが、職業人へ供される誠に正しい昼食と言えよう。価格は六百円、ロースとんかつは極度に厚くないその分量に対し適度な味付けがなされており、正に一つの典型を示していると見る。一切れを口に運んだときの「サクリ」という歯ごたえの後広がる香ばしい味、当然ながら価格により違うのだが、寧ろこの「さくら亭」が供する水準のとんかつにより香ばしさを感じるのは、私の身の丈にあったということか。以前浅草で食した「リスボン」という食堂のとんかつを起想させる誠に大衆の味である。ユニイクなのはそのごはんであり、やはりハイカラなカレールウを無料にて乗せるという選択も可能になっている。ただ、ソオスが適度に白米の味付けになることを好む大衆にとっては、この選択を諸手を挙げて賛成するとは思えぬが。

これは蛇足になるやもしれぬが、この店の主人と従業員のテレビジョン発言への文句、関係なく聞いている私という客にはなかなか味のあるものであった。

---------------------------------------------------------------------------

ちょっと遊んでみましたが、例えば寺田寅彦や内田百閒などはもっと美しく、その場にあるように紹介するんでしょうねえ。この美しさ・エレガントさが「随筆」と「エッセイ」の語感の違いになるかも知れません。それにしてもとんかつ屋の「三裕」、ちゃんと開業しているんでしょうか?ガード下とは思えない美味いとんかつです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

TSUTAYA恐るべしその2=ダンサー(Dancer)ベスト盤

今回半額レンタルがあり、また渋谷のTSUTAYAでレンタル。

ここで驚愕のCDを発見。何とダンサーのベスト盤です。私が藤本泰司の「My Quest」と並んで探していたCDがなにげに置いてあるわけですよ。

で、初めて聴いてみた藤本のギターとダンサーですが、ちょっとアンセムのような感じもあり、そこに藤本のテクニカルギターが切り込む、というなかなかのものです。Voのトニーさんについては「弱い」と感じるところはありますが、それでもアンセムの一枚目よりは...(いかん、言ってしまった)。ただ、意外だったのは藤本のギターがかなりトレブリーなこと。勝手にシェンカー系という印象を持っていたためかも知れませんが、むしろそんな弾き難い音でよくこんだけ弾きまくっていけるもんです。特に「Violent Emotion」などはお勧め。

ただ、この恐るべきTSUTAYAにも無いCDがあるのは当然で、上に挙げた「My Quest」もそうですが、Youの「Physicical Island」やRanの「Burning」はないなあ。実は前者はCDを所有しているのですが、後者はLPのみ。どうも少しはCDがあるみたいですが、殆ど流通していないようですな。Yahoo! Auctionを見てもLPでも一万円はしますし、CDだと六万円以上ですねえ。さて、空パパさん、このネタについて来て頂けるでしょうか?

実はいくつかアナログ盤しかないものが何枚かありますので、こいつをCD化しようと画策しています。ちょっと調べると一枚2000円で、曲を分けると一曲当り200円程度のようです。Ranの「Burning」・あとはJorge Cardosoの南アメリカ民謡組曲ですね。

今日の一言:松木安太郎を「サッカー解説者」と呼ぶのは間違ってないか?ありゃ「応援」だっちゅの。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

低調な日々と嬉しい一言

最近仕事が低調です。日差しの暖かさに反比例して心はどんどんオホーツク海です。まあ色々と理由はありますが、そういうことありますよね?じゃあどうするかなんですが、いくつかありまして、

①仕事は最小限にして、ぼけーっと考え事をする                           ②色々な人と会って下らない話をする                                  ③ちょっと違ったことをする

という他の方もやってそうなことです。で、①なんかは受験生時代からよくやっていたことですが、焦りが感じられるまで何もしない、しない、しないったらしない。悩んで良いことがあるんなら悩みますが、どうせ悩んだって大したことはありませんな。だったら悩むくらいまで何にもしないのも一つの手かな、と。                                 ②は、まあ気分転換ですねえ。高校時代の友人に会ったり、以前同じ会社にいて転職した人とか。別に仕事の悩みなんぞは話しません(流れで出るが、解など求めません)し、うだうだした会話でちょっと気分を洗ってみるという感じでしょうか?                 ③は、旅行だったりギターで違う曲を練習したり。クラシックギターにちょっと重点を置いたりすることはあります。ただバッハなんかをやった日には落ち込むこと確実ですね。本当はビバルディみたいな脳天気な曲がいいんしょうがギター曲はなし。あとの気分転換としては急に一人で食事に行くとか。

ちょっと話は変わりますが、相談を芸能人にする人ってどういう心理なんでしょうか?こればっかりは私の理解を超えています。「夫と離婚したいけどどうしたら良いんでしょう?」ってな相談を離婚二回位している連中に相談してどうすんの、っての。

で、こんな話をしている時に、会社の後輩から、

「○○さん(私のこと)、つかみ所が無いんだよなあ」

というお褒めの言葉が。いや、これ私にとっては嬉しい言葉です。以前植島啓司という人の「快楽は悪か」という本を読んでいて、「大体『これ一筋』なんて生き方は詰まらない。色々な面を持った人間の方が面白い」ということが書いてあってわが意を得たり、という気分になりましたが、私は多面体でありたいと思っています。別に一筋の人をけなすことではなく、どうせそれほど一流になれないのであれば、色々とやったほうが面白い、という単純な理由です。言いたいのは、一途だろうが雑食だろうが、楽しく人生送ったほうがいいですよ、って事ですね。あと、仕事は死ぬ気でやっちゃいけません。何故なら、仕事は「生きるため」にやってるから。そこの本末転倒は良くないでしょう。

=追=                                                 ただ、この植島啓司という人を検索すると、実はキイの「メディアセックス」というトンデモ本の翻訳者だということがわかり、ちょっとビックリ。オウムのサブリミナル問題が出る前にサブリミナルを取り上げた本で、私も大学時代読みましたが、さすがに「ビーフイーターのボトル写真の一部が首を切っているように見えるから死を暗示させる」ってそれは見えないぞ。ましてや、売上を伸ばすために死を暗示するものを忍ばせるってどういうことかね?とにかくどの広告でも「殺しているように見える」「男女が交わっているように見える」というこじ付けがかなり酷い本で、それを楽しむのには良いかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

シチリア島

今、寺尾佐樹子という研究者が書いた「シチリア島へ!」という本を読んでいます。シチリア島は一度だけ旅行しましたが、イタリアでは一番好きな所ですね。もし、今の時期一週間の休暇でどこでも旅行できる、とすれば、滞在型でなければ迷わずシチリア島を選びますね。滞在型ならオーストラリアも捨てがたいですが....。この本を読みながら、一度だけ行ったシチリア島旅行を思い出しています。まあドイツのような陰鬱な冬を経験すれば、やっぱり南に行きたくなるってもんです。かのゲーテも南を目指したことですし。

イタリアの旅行は、「見る・食べる・買う」のどれもがバランスよく楽しめるのが魅力でしょう。例えばフランスなどは、「食べる」を旅行者が探し出すのが意外と難しいと思います。イギリスは「買う」が高く「食べる」が駄目、ドイツやポルトガルは「買う」があまり面白くない、「見る」についてはどこでもそれなりの歴史がありますから楽しめますが、オランダなどは素人受けする「見る」は少ないでしょう。

で、このシチリア島は日本でいうとちょうど四国くらいの大きさで、車で一週間程度かけて回るには丁度良い大きさです。市街地以外は車の量も少なく、私が旅行したときも快適でした。ただ、パレルモ市内はミラノの人が、「俺でも運転はしないな」というほどの荒っぽい運転です。

まず「見る」ですが、この島は位置的な条件から、古代ギリシャとアラブの両方が地域によって分かれているという面白さがあります。例えば南西のアグリジェントや南東のシラクサは典型的なギリシャ様式の遺跡が残っていますし、北西のパレルモはアラブ様式の色濃い遺跡が多くあります。しかも途中にはノートというへんちくりんな彫刻の多い街や、中空都市の趣きといった「天空の城ラピュタ」のモチーフになったはずのエンナとまあ色々とあるわあるわ。ノートなんてのは、昔の中沢新一が書いた「バルセロナ、秘数3」のノート版を出せるんじゃ無いでしょうかね(この本自体は、こじ付けが多すぎますが、それをあえて楽しむという意味で)。「シチリア島へ!」の中にも、夫々の都市の生い立ちを書いてくれているんでより理解が深まるってもんです。あと、印象的だったのは道の横にずっと生えているレモンの木とアグリジェントの遺跡の前にずっと広がる花畑。また、シラクサのオルティージャ島という出島からの地中海の風景などは、本当に美しい。

で、「買う」ですが、まあブランド品王国のイタリアですから、別にシチリアにこだわらなくたっていろんなものが買えます。パレルモは約100万人の人口を持つ大都市ですから、新市街に行けばブランド物は一通り揃いますし、旧市街で少しハンドメイドの香りが残るものを買うのも一興でしょう。あと、シチリアのワインは価格の割りに旨い(と連れ合いが言っています)。ネロダヴォラというのがシチリアの代表的なブドウですが、シラーやカベルネも結構有名だそうです。シラーなんてオーストラリアだけかと思っていたら、シチリアも結構有名なんですね。

「食べる」については、非常に個人的ではありますが、私はパレルモで今までで一番うまいと思ったパスタを食べました。確か雑誌でチラッと見た「Shanghai」という中華料理のような名前の店で、裏通りの広場に面した小さなレストランでした。で、ここでイワシのパスタを頼んだら(確か500円くらい)、出てきたパスタが太いのなんの。「あ、こりゃ旨くはないな?」と思い食べてみると、「何じゃこりゃあ!?」の松田優作状態(古いなあ)。ゆで方・味付け・量とこれほどのパスタには未だ出会ったことがありません。家族四人で確か5000円もしなかったんじゃないかなあ?その他、シラクサのピザ・カターニャのシーフードなどなど、ドライブインの暖めなおしピザに至るまで外れは全くありませんでした(きっぱり)。

ただ、今でもそうだと思いますが、シチリアに代表される南イタリアは北との経済格差に苦しんでいます。ですからミラノに代表される北イタリアとは全く雰囲気が違いますし、正直なところ生活水準の差と言うものを感じます。ある北イタリア在住のイタリア人が、「イタリアには南は無くてね、あるのは北イタリアと北アフリカなんだよ」というかなりな発言をしていましたが、この辺りのねじれがまだまだ問題なのでしょうな。一時期は「ロンバルディア同盟」とかいって北イタリアは独立すべし、なんて論調もあったくらいですし。スペイン辺りでも同様の問題(バスク・カタルーニャという少数民族が経済を握っている)がありますし、まだまだ未解決の問題は残っていますねえ。

当時の写真を引っ張り出して、もう一度思い出してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

格差社会と二世議員とジーンリッチ

いやこの「格差社会」って言葉、今年の流行語大賞になるんじゃないか(2005年のトップテンには「富裕層」っていうのが入っていましたが)。

どこぞの総理大臣は「格差は悪くない」とのたまったそうですが、一般庶民から見るとこの問答はずれていると感じますね。今問題になっているのは、格差そのものではなく、「格差の固定・相続」ということではないでしょうか?一時期よく言われた「アダルトチルドレン」ということもその中に入るかもしれませんが、何か昔の階級制を想像してしまいます。我々の恐怖は、例えば一度ある階層で固まれば、子供の学校は限られる・年収は増えないということであり、例えばある階層がそれほど悪くなくても、何かの原因(病気・事故・失敗などなど)でそこから滑り落ちればもう立ち直れないんじゃないか、ということだと思います。

例えば、日本経済新聞の「交遊抄」とかいうコラムを見れば何か感じませんか?同じような境遇の連中がお互いを褒めて回るという熟年ホモのようなコラムですが、結局同じような立派な連中が同じように寄り集まるというこの感じ、最近多くないですか?例えば「ヒルズ族」なんていうのはそうですし、国会議員の「83会」というのも同じ。ちなみに、この日経のコラムに、「私は東大を出て会社で苦労したが、いつも40年来の親友であるフリーターに助言をもらうようにしている」なんて言葉があれば教えてほしいですね。そこまでではなくても、肩書きが無い人を紹介しているのは殆ど無いんじゃないでしょうか。

で、この固定階層を一番良い(悪い?)形で利用しているのがほかならぬ政治家でしょう。何のことはなく政治家の子供であるだけで、地盤を引き継ぎそのまんま立候補する、なんていうのに至っては何をかいわんや。私は相続税を上げることで、変な形で子供に遺産を残さないようにすべきと思っていますが、政治家の地盤にも何かそういうことは出来ないですかね?前も書きましたが、この悪しき相続を断ち切る、少なくとも子供はそういう階層から出来るだけ白紙に出来る社会を我々は目指さないといけないと思います。

ちょっとずれるかもしれませんが、こう書きながら連想したのが、「ジーンリッチ」という言葉です。この言葉を見つけたのは斉藤貴男の「機会不平等」で、アメリカのシルバー教授と言う人が言い出した言葉だそうです。要は、同じ階級の人たちがずっと固定された階層のまま何代も続くと、同じ人間のはずであるのに、互いの階層では生殖が出来なくなるほど遺伝子に差が出てくるという嫌ーな予想です。

で、ここからは巧く言えないのですが、もっと色々な個人が交わっていけないか、と思っています。私の子供の頃は色んな子供がいましたが、別にそれを意識することなく、だからこそ色んな家族があるなあ、ということが皮膚感覚で入ってきたのでしょう。というのが今でも貧乏職人をやっている親父を持つ地方出身者の独り言です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土)

今日のバンド練習

今日はバンド練習の日でございました。ただ、Voの人が風邪でバックのみの練習です。

えらく寒かったので、家を出る前にレインボーのライブDVDを見て気合を入れてから練習へ。でもっていつものようにひたすらバンドで演奏する、する、するったらする、という形ですね。でも、前のバンドがどうも女性陣だったようで、「残り香があるかあ?」ということを期待するのは悲しい親父の性です。

で、MSGの「On and On」をスリーピースで演奏していると、何やら外でこちらを見ている気配が。をいをい、俺ゃ下手糞なんだから見ないでくれー。その後休憩で隣の部屋から聞こえているのがジューダスの「Electric Eye」じゃないですか!しかもまあ巧いこと巧いこと。うーん、多分同じような曲を演奏しているこちらが気になって見ていたんでしょうな。で、「けっ、こりゃ俺の勝ちだな」と相手のバンドのGの人は思ったことでしょう。

今回はちょっと嗜好を変えて、ショッキングブルー(というかバナナラマ)の「Venus」をメタルっぽくやろう、ということで色々といじりだしました。で、私が思いついたのは、「古今東西のメタルリフを入れよう」というおバカなもの。これは、原曲のブリッジ(「ドレー、ドレー、ドレー、ドレー」となるところ)が、「ここそのまま『パラノイド』に繋げるなあ」と思ったことがきっかけ。そうすると、弾けもしないが「ハードロック・ヘビーメタル部門の歩くタワーレコード」と言われた私、色々と思い浮かんできます。メインのリフは「移民の歌」もいければ「ロックボトム」でもいける。サビでAになるところは「ユーリアリーガットミー」でも「スタンドアップアンドシャウト」でも繋げるし、転調さえすれば「オールナイトロング」もあり、ということになりました。今回は断片のみですが、もうちょっと遊べそうです。

今回音で気になったのは、マーシャルを使ってかなり歪ませていると、音程が不安定に聞こえること。特に6弦を弾いているとえらく低く聞こえる気がします(フローティングさせているので上がるのなら分かるんですが....)。何なんでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »