« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月26日 (水)

「国家の品格」に品格はあるんか?

前日書きかけた「国家の品格」についてです。ちなみに1月に一度読んだだけでのうろ覚えです。昨日までは「臓器農場(帚木蓮生)」を読んでたんですが、ちょっと重いんで。

読み当りの良い本ですね。新書独特の軽さっていうのか、講演起しというのも納得できる文体。でも、この読み当りの良さっていうのが私には気に食わない。要は日本人の特殊性を言い募った「日本異質論」との表裏一体さを感じるんですね。それは今アメリカ人が「いやあほかの国のことは知らんけどアメリカが一番だよ」といって悦に入り、世界の警察を実行していることと本質的にはあんまり変わらないと思うんです。「情緒を重んじろ」というのは、あくまで自己の中にあることを肯定しろ、ということ言い換えうることだと思います。その点では、「俺は正しいが他はバカばっか」という俺様野朗とあんまり変わりはなくなってしまう。その点は本人も「私はそう思っている」と認めていますが、認めりゃいいってもんじゃない。この言い草、どこかで聞いたな。あ、小泉の発言に近いや。

あと、かなり偏った事例を基にした内容が鼻につきますなあ。以下気づいた点について。

=突っ込みその1=                                         この本の中で、ゲーテルの不完全性定理の話が出てましたが、要は「全てのことが論理的には証明されない」ということを言いたいのであれば、そんなに小難しいことを引き合いに出さなくてもいいんじゃないでしょうか?というか、私はゲーテルの定理なんていうのは、それこそ新書の解説を読みましたが、自己言及への矛盾についてのちょっとした説明(うそつきのパラドックスでしたっけ?)以外はさっぱりわかりません。何かこの内容自体が理屈っぽく思えるのは気のせいでしょうか? もしかすると「俺は数学者だよん」と言いたいがための引用だったかもしれません。                              =突っ込みその2=                                           何か「海外のエリートは日本の文学についてよく知っていて突っ込んだ質問をする。そういうことに答えられない日本人は駄目」なんて話がありましたが、そりゃ限られた人ですよ。あと、「三島の自殺と夏目の小説での主人公の自殺の違いは?」なんていきなり尋ねてくる人ってのに品格がありますかね?確かに時事関係は良く聞かれますし、そういう知識は出来る限り蓄積する必要はありますが。                             =突っ込みその3=                                          インドではみんなえらく計算が速く正しい、と思われているみたいですが、何人のインド人にあったんでしょうねえ。少なくとも私は、数も数えられないインド人が大勢いるという話を複数で聞いたことがあります。大体10億を超える人がいて、日本とは比べ物にならない貧富の差があるんですから、かなりの数の優秀な人材もかなりの数の不十分な教育水準の人も普通に居るってことが分からないかなあ、この数学者は? ちなみにこの言では、「中国人はみんな商売上手」「イラン人はみんな商売上手」「日本人はみんな商売が下手」などなど枚挙に暇はありません。  

いや、いいことを言っているところもありますよ。例えば「英語なんかやらせる時間があるんなら国語をしっかり勉強させるべき」とか、「子供に駄目なものは駄目、と教えるべき」などの教育論については、納得します。

思うんですがこの筆者、実は会って話すと普通のおっさんで、ちょっとべらべらっと喋った講演が本になっちゃって、ということかもしれません。これはあくまでも私の感覚です。

とはいえ、

「愛国心は悪人の最後の逃げ場」という言葉がありますが、心地よい理屈であるが故に変な対象否定からの自己肯定には逃げ込まないようにしなきゃいかんですな。                                                    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

買ってしまった

昨日日曜日、前から欲しかったブースター付のオーバードライブ、買ってしまいました。

Dscf0342 SobbatのDB3です、中古で一万二千円。実はFulltoneのFull Driver 2も考えたんですが、3万円近い価格は厳しいです。これ、外見とは違って結構マイルドな歪みだと思います。ブースターをかけると音圧がちょっと上がる感じですかね?今はギター一本のバンドなんで、このブースターは使い出があるかも。ストラト系だと重宝かな?次のスタジオに持っていくつもりです。

さて練習は、筋肉少女帯の「詩人オウムの世界」のキメのところです。って、直ぐにできるかっての。ちょっと聞きはそれほどスピードはないんですが、弦飛びがあって私にはつらいです。多分うまろくさん辺りには軽いジャブ程度じゃあないかな、って思ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

三つ子の魂百までも

今日、小学校の同級生と新宿で食事しました。場所は西新宿の「太樹苑」という焼肉屋。アスクUのグルメサイトで新宿地区一位だったので行って見ましたがこりゃ良い焼き肉屋です。何より肉がうまいのに安い!二人で8000円でした。

で、やっぱり岡山の友人と話すと自然に方言に。まあガキの頃に染み付いた言葉ですから、あっという間に岡山ワールドに。子供の頃の刷り込みっていうのは強烈ですな。

で、我が子はどうか、というと上と下ではまあ対照的です。特に長男は、二歳から八歳までドイツで過ごしていたので、ある部分日本がすっぽり抜けています。一番出るのは、

謝らない

ということですね。ドイツでは、子供が悪さをすると「何でやったか」を説明させた上で謝らせるというのが多いですから、「とりあえず謝れ!」ということにはえらく反発しますな。

あと、先日かみさんから聞いたのは、身体測定での先生と愚息の会話。身長か何かを測ってもらう時に、無言で先生の前に立った愚息に対し、

先生:「おい、何か言う事があるだろう(ったく、挨拶なしかよこのガキ)」              愚息:「測って下さい」                                         先生:(はあ?このガキはあほか!?)「何か先生に対して挨拶があるだろう!」  

愚息:「おはようございます」  

先生:(.....何なんだよお、このガキは...)

確かに、ドイツ語で「Bitte」などの「お願いします」に当ることをいってことを始まるということはないですからねえ。それにしてもこの受け答えに全く疑問を持っていない我が長男は大丈夫なんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

博多宿泊

昨日まで九州出張でした。九州の場合、飛行機代が高いので、博多に飛行機で行き、そこから電車かバスで移動とします。ということは、博多で一泊という楽しい出張になるわけです。

私は全然酒が飲めません。ですが、食べることは大好きなんで、一人でも居酒屋に行っておやじ状態です。但し、飲み物は烏龍茶。入った店は中州の「五条八島」と言う店。

Dscf0326 やっぱりそんなに高くないです。

初めて食べたのがムツゴロウ。一夜干しして蒲焼です。Dscf0329

で、あとはゴマサバという和え物、タコブツ、イカ刺し、ゲソてんぷらなんぞを一人でちびちび。Dscf0335

仕上げは明太茶漬けで、しめて3500円。うまいなあ。Dscf0336

よく言われるのが、「酒も呑まずによく居酒屋なんか一人で行けますねえ」ってことですが、本人はいたって平気なんですよね。酒を呑まない人間が一番つらいのは、「酒を飲め!」と言われることで、それさえなけりゃ大概平気です。

それにしても中州っていうのは綺麗な姉ちゃんが多かったですねえ。出勤前?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

昔の友人に会うと岡山弁

この前、久しぶりに高校時代の友人と食事をしました。2年ぶりくらいかな?

以前ちょっと書いた重松清の小説の中に、高校時代の友人が集まってもなかなか方言が出ない、なんていう描写がありましたが、わかるようなわからないような。この友人、送ってくるメールが既に岡山弁になっているような筋金入りで、そのまま発音を忠実に再現するとこんな感じ。

「へーでおめえ最近どねえなら」                                    「まあそねえにりきいれてやりょおるわけじゃあねえけえで、そりゃそれで忙しいでえ」     「てえげえにしとかんともうわこうねえけえのう、ぼちぼちやらにゃあおえんわのう」        「そねえいうても忙しいときゃあ忙しいしのう、ぼっこうやりょうるわけでもねえにしてもじゃ」  「もうそねえにあほうはできめえが」

まあ喋るのを聞いていれば比較的分かると思う岡山言葉ですが、こうやって書いてしまうと何が何やら。あと、基本的には粗い感じのする言葉なんで、他県の人はどう思うのかと思ったら、愛媛出身の妻曰く「女性には似合わない言葉」だそうです。愛媛が言えるかあ(ちなみに彼女の後輩は真鍋かをりのようですが、残念ながら似ても似つかない...)。

と言っていると、今度は小学校時代の友人からお誘いのメールが。何でも今は東京・立川で研修中だとのこと。こいつは上に書いた友人の上を行く41年間岡山以外で生活したことのない奴で、しかも岡山大学→岡山市役所という岡山黄金コースを地で行く男です。さあ立川で岡山ワールドは展開されるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

ちょっとした写真何題か

この前韓国に行った時のエレベーターの注意書き。

Dscf0222

これじゃ避難できないです。

あと、今日町内散歩に出ていて、ラベンダーが咲いていました。Dscf0317 都会でも頑張っているものですなあ。

この前来た良く分からないダイレクトメール。私の卒業高校の名簿作成らしいです。Dscf0321 学校と関係のない同窓会名簿って、どういう目的なんでしょうか?当然返事せず。

今進行中の私の秘密プロジェクト(てほどでもない)。

Rimg0015_1

去年からほったらかしの模型、そろそろ再開しますが、まだ寒いから部屋で出来ません。ちなみにこれはBBRのもので、実はタメオやらムラージュやらスターターやら積んでいる在庫が山のようにあります。これに1/24のプラモまで入れたら全部完成するまで生きていけるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

何故か話題にならない名曲

昨日筋少の記事を書きながら、「何でこの曲があまり評価を受けないのかな?」と思う曲がいくつかあることに思いを巡らせました。

1.X-Ray「Lady Ray」                                          普通は「Foolish Boys」なんかが代表曲になるんだと思いますが、私には断然この曲。どこかのHPに「X-Rayはサビが弱い」と書かれていたことがありますが、この曲はそんなことないです。その上でギターソロの転調が悶絶もんです。                       2.Dokken「Dream Warriers」                                     この曲もあんまり人気ないように感じていますが、私のDokkenでのベストはこの曲。あとは「So many tears」かなあ。                                       3.Van Halen「The Dream is over」                                 何故かあんまり話題にならない「F・U・C・K」アルバムですが、曲の完成度は素晴らしいです。そんなかでもこの曲のメロディーと来たら奥さん、てなもんですな。             4.Accept「Neon nights」                                         この曲の後半への盛り上がりって、男の哀愁そのものじゃあないですか!そりゃ「Fast as a Shark」とは違いますが、これは名曲ですよ。                           5.Kingdom Come「Stargazer」                                     反論を思いっきり受けるつもりでいえば、Rainbowの同名曲より好きですね。都会のハードロックという感じのKingdom Come自体の低評価も含め、もっとちゃんと聞いて欲しいなあ。                                                    6.Loudness「Get away」                                        なんで、なんでこの曲があまり出てこないんでしょうかねえ?Gソロは実はこのアルバムでは一番正統的に難しいんじゃないでしょうか、フルピッキングのごまかしなしだし。      

などなどなどなど、幾らでも出てきそうですね。ほかにありませんかね?

今日の一言:ラルクアンシェル、デッドエンドかシャムシェイド。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

筋肉少女帯、この複雑なもの

いやー、筋肉少女帯は良いですねえ。

いきなり水野晴郎さん節ですが(ちなみに彼も岡山出身)、ホントに良いですよお。日本のハードロックを語る上では欠かしてはいけないバンドだと思いますが、中々正当な評価を受けていないんじゃないか?私はナゴム時代は全然知りませんし、当時のギタリストである友森さんのことも名前以外は知らないんであくまで「Sister Strawberry」以降の筋少しか知りませんが、ハードロックバンドとしてすげーと思います。例えばハードロック版で自己ベストを作ればこんな感じですね。

1.マタンゴ                                                2.これでいいのだ                                           3.詩人オウムの世界                                       4.イワンのばか                                             5.スラッシュ禅問答                                           6.ノゾミのなくならない世界                                      7.再殺部隊                                               8.鉄道少年の憩い                                          9.小さな恋のメロディー

これらは全部正統派ハードロックです。大槻ケンヂのVoにしても、実はかなりと思っていて、オジーのVoがOKなら全然OKじゃないかな?1.はGがジェットフィンガー横関敦で三柴理(江戸蔵)のKeyとのバトルが凄絶。この出会いでその後の横関三部作になったということを考えると、我々の知る狭い世界では重要な出会いだったわけです。2.以降はSorapapaさんも「オルタネイトG3」で挙げている橘高文彦がG。特に3.4.7.でのアルペジオはすげーすげー。あと、このHRを支えているのが太田さんのDで、そりゃ「あんたコージーか!」ってなドラムをかましてくれます。「イワンのばか」の最後なんてそりゃあもう。とにかく演奏力は半端じゃないです。

とHR調の曲を挙げていますが、私の一番の押し曲は、「キラキラと輝くもの」に入っている「僕の歌を全て君にやる」ですな。ポップかつ哀愁のハードロックで、特に橘高のGは「お前どうしたんだ?」という位の大泣きです。こんなにポップで泣くギターは中々ないですねえ。この曲のGをどこかで聴いたなあ、と思ったら、アークエネミーの「Silverwing」のソロに似てます。そう、あのメジャーキーで大きなビブラートを駆使しながら泣く感じ。

橘高のGですが、巧さはもとより、泣きですよ泣き。前ギタリストの横関の大きいビブラートも特徴が強いのですが、彼にはあまりシェンカー臭さがない分、特に筋少のポップな曲には橘高のGの方が合っているかも知れませんねえ。あとはピッキングハーモニックスをすっと入れるのがまた気持ち良い。

でもですね....

当然のことながら筋少の本領はそのオーケンワールドである歌詞にあるんでしょう。その点で言えば、私は「再殺部隊」の最後にある、

「だって私は好きな人が血まみれだって抱いてあげる、だって私の好きな人は血まみれだって抱いてくれる」

で、「この詩人野郎!」って思いましたね。こんな言葉を選べるセンスがあれば、私もサラリーマンなんてやっていないのに......。

                                                                               

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年4月 1日 (土)

桜!桜!桜!

まさに桜が見頃です。昨日も営業の途中で写真なんぞ撮ってみました。

Dscf0283_1  ここは大井町駅の品川側にある線路沿いの桜並木です。ここは好きな桜並木で、実は電車から見たほうが綺麗。線路沿いにずっと菜の花があって、毎年大体桜の満開時に菜の花も咲いて、黄色と薄桃色で素晴らしい色合いです。

で、営業に行っていると、突然桜のトンネルが出現です。

Dscf0293 これ、どちらも海老名から綾瀬にかけてのある道路(本当にわからん)の並木。行きにあまりに素晴らしかったんで、帰りはタクシーの運転手の人にわざわざ車を止めてもらって楽しみました。地元の人によると、「ぜんぜん有名じゃない」ということですが。

誰でも思うと思いますが、桜の美しさっていうのは、青い空、薄桃色の花に加えて、あの黒い幹だと思っています。やっぱり春は桜ですな。

Dscf0295

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »