« 驚愕、70倍の男 | トップページ | Blaze(ブレイズ)のライブ »

2006年5月26日 (金)

本当のオシムの言葉

サッカー日本代表が決まって、なんだか巻ばっかりが追いかけられているという空気ですが、まだ彼は何もしていないんです。恐らくそのことは彼が一番分かっていると思いますが、これでW杯が終わってから例えば彼が外したりしたら、それこそ98年の城みたいな扱いを受けるかも知れない。そんなのは嫌だなあ。

で、巻が選ばれたあと、オシム監督が喋ったことに強く感銘を受けました。

「今回代表に選ばれたものだけでなく、その影で選ばれなかった選手に想いを寄せて欲しい。巻が選ばれたのも阿部があってのことという部分もある。また、佐藤・久保・大久保・松井など、ビジョンのある選手が選ばれていないことも覚えておいて欲しい」

くーっ、泣かせるじゃないですか。

後半はもしかすると意訳が必要かもしれません。これだけ見ると、「何だ、今回の代表より良い選手が選ばれていないじゃないか」という風に読めますが、多分オシムが言いたいのは、「呼ばれた代表は素晴らしい選手だが、まだまだ選ばれるべき選手はいる。23人という定員があるために入れなかったが、その差は少ない」ということなんでしょう。私としては、今野や伊東(エスパルス)・我那覇を入れて欲しかったんですが、全く望み薄ですな。

多分他の監督・選手・ジーコ自身もオシムが言ったようなことは言っていると思います。中村なども同様のことはちゃんと言っていますし、それは本心だと信じてます。ただ、哲学者オシムの言葉は何故こんなに響いてくるんでしょうか?やはり旧ユーゴスラビア代表監督という、通常の国が経験していないことが醸し出す重みなのでしょうか?もしユーロ92でそのまま出場していたら、もしかするとユーロ96のチェコのようなかなりの結果を出したかも知れません。そういう「たら・れば」を夢想したくなる監督であるのは確かですね。

実際には難しいですが、今サポーターに「ジーコの後任監督は誰が良いか?」という質問をすれば、オシムはもしかしたら一位になるかも知れないですな。ベンゲルというのもありますが。ちなみに私としては、日本人なら反町・外国人ならヒッツフェルトですねえ。ダウムは入国できないかも知れないし、似非日本人のリトバルスキーはこのところの結果から見ると監督向きじゃあなさそうだし。

オシムさんよ、格好良過ぎるじゃないですか?

|

« 驚愕、70倍の男 | トップページ | Blaze(ブレイズ)のライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/10242063

この記事へのトラックバック一覧です: 本当のオシムの言葉:

« 驚愕、70倍の男 | トップページ | Blaze(ブレイズ)のライブ »