« 九州出張・博多ぶらぶら | トップページ | 暴漢と傍観(日本国総理) »

2006年8月28日 (月)

マリノス山瀬、ついに来たなあ

Jリーグがあるときは、とにかくBS→J-Sports→MX TV(FC東京のあるとき)の連続でテレビにベッタリになる私ですが、今日はマリノスの山瀬功治にベッタリでした(やおいではない)。

浦和でプレーしていた時に靭帯断裂やらかしましたが、その時のドリブルはしっかりテレビで見ていました(FC東京の石川の時も、浦和の田中が当時柏の土屋にやられたときもテレビではみてました)。正直、「何かに躓いた?」って感じでしたが、その後を見ていてこりゃただ事じゃねえや、という雰囲気でした。石川・田中もそうですが、そりゃその後は並大抵のリハビリじゃあなかったと思います。

で、密かに期待をしていたんですが、今日の京都戦はすげえ。特にマリノス4点目の後ろからの走り込みシュート、ちびりましたねえ。ハットトリックだと思ったんですが、マリノス3点目が奥の得点になっていましたね。まあその前に一度PKを決めてたようなもんですから良いんですがね。後は怪我をしないように、それさえなければ中盤の軸になってもおかしくないぞ、山瀬。

それにしても京都は厳しいなあ。ある雑誌で、「その昔のサンガに、ルマンの松井とマンUのパクチソンが一緒に在籍してたって、殆ど都市伝説になってるもんなあ」と書かれていましたが、確かに。どうも、セレッソ・サンガ・アビスパが降格しそうな気配が濃厚。セレッソはきっかけがあれば浮上するかも知れませんが。

さて、これから誰が新顔で日本代表に出てくるか楽しみじゃないですか。清水の藤本、広島の青山、あと浦和のエスクデロはどうなるのか。それにしてもエスクデロ、どう見ても18歳の顔じゃないぞ。

|

« 九州出張・博多ぶらぶら | トップページ | 暴漢と傍観(日本国総理) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/11640538

この記事へのトラックバック一覧です: マリノス山瀬、ついに来たなあ:

« 九州出張・博多ぶらぶら | トップページ | 暴漢と傍観(日本国総理) »