« ステーシーの美術(筋肉少女帯) | トップページ | 子供のころの遊び(岡山にて) »

2006年9月 4日 (月)

岡山県人バトン

ちょっと見ていたブログであったご当地バトン。全部やるのは長いんで、はしょった上でご当地言葉で。

------------------------------------------------------------------------------------

● 晴れの国をキャッチフレーズにしているが、実は日本で一番晴れの日が多いのは東信濃地方だという事実には目を伏せている。

 そねえなこと気にしたこともねえ。

● JR岡山駅の祭り寿司の看板を見ると、岡山に帰ってきたことを実感する。

 東から帰りゃ、ナカシマプロペラと旭川沿いの母校が見えたときかのう。

● 新聞は山陽新聞、銀行は中銀。デパートは天満屋。

 いや、銀行はトマト銀行のキャッシュカード持っとったけえの。

● ドラマで長門勇を見ると郷土の誇りを感じるが、なぜいつも彼が長刀を持っているのか不思議に感じている。

 水戸黄門の備前行脚編でしか見んでえ、長門勇。

● 岡山名物ではあるが、ママカリは、あまりおいしい食べ物ではないと感じている。

 そねえママカリって食やあせめえ?うめえもまじいも思うたことねえわ。しゃこばあ食いよったけえ の。

● 語尾を伸ばす。

 それが日本語じゃあねえん?「多い」は「おいい」言うし。

● 「西の軽井沢蒜山高原」のキャッチフレーズは、もうダサいと思う。同時に「 日本のエーゲ海牛窓」も、かなり苦しいと思っている。

 別にええがな。ええとこでえ、牛窓。

● 県民スローガン「燃えろ岡山」の横断幕が、消防署にかかっていてもさほど違和感を感じなかった。

 まあそんなもんじゃ、岡山の行政ゆうんは。

● キャバクラの宣伝カーの音がうるさい。

 わしらのころは、○翼の街宣カーがうるそうての、せえでもきょうてえけえ見て見んふりしょおったんじゃ。

● 香川県には親近感を感じているが、隣の広島県は遠い存在である。

 あんごう、香川はずりいことして瀬戸内の領土を自分とこに広げたんでえ!親近感やこねえわ(まあ冗談です)。

● 「ベネッセコーポレーション」なんて言われても「福武書店」は福武書店だ。

 そねえな名前じゃあピンとこんわい。

● でもその「ベネッセ」が、学生の就職人気企業ランキングに入っていると何故かうれしい。

 け、以前就職面接で落とされてけったくそわりいけえうれしゅうもねえわ。

● かつ丼といえば上にかかっているのは「デミグラスソース」だと考えていたが、全国的にはマイナーと知りショックを受けた。

 わしゃそれが岡山独特ゆうこと知らんかったんじゃ。そっちのがショックじゃのう。

● 年寄りに「なんじゃ、五校じゃねえんか。実業高校か?」と言われたことがある。

 わしの入試から五校じゃ。確かに岡山五校ゆうんは県下じゃあ威光があったのう。

● 県北では自慢といえばB'zの稲葉さんしかない。

 歴史じゃあ森蘭丸を入れといてつかあせえ。

● 幼い頃の遊園地といえば「鷲羽山ハイランド」「ワンダーランド」「京山ロープーウェー遊園」だった。

 後は天満屋の屋上じゃあの。

● 牛乳といえば、オハヨー牛乳だ。コーヒー牛乳が好き。

 わしゃの、30年以上前のオハヨー牛乳のCMに出たんで。保育園児で。

● 梨といえば、ヤーリーが自慢。

 あたご梨を知らんかのう?わしの実家の近くじゃ。

● 瀬戸大橋ができた当時は四国と本州を繋ぐ誇り有る橋だと思っていたが、明石大橋、しまなみ海道ができ、結局、岡山県人しか使わない橋になり、かなり苦々しく思っている。

 初めて渡った瀬戸大橋は感動したがのう、慣れるとあのくそったけえ料金がうずないいんよ。

● 天満屋前のおめん屋のオヤジに自転車の並べ方が悪いと怒られたことがある。

 本屋じゃねえんか?細謹社?

● ビッグアメリカンショップが他県であまり知られていないことに大きなショックを受けた。

 わしの親戚はここの経営者じゃけえの、冷静に判断はできんわなあ。

● とりあえず、横溝正史シリーズは目を通した。

 確かに小学校で結構読んだかもしれんのう。わしの死んだじいさんは、津山事件知っとったしのう。

● 稲葉浩司くんメモリアルロードマップは、かなり恥ずかしい。

 もうのう、そねえなこっぱずかしいもんはやめにゃあおえめえ。

● すごい!というのを「ぼっけぇ」「でぇーれー」と表現する。

 「ぼっけえ」「でえれえ」「もんげえ」「ばんこ」を使い分けにゃあおえめえ。

● カバヤのキャラメルのマークを集めてカバヤ文庫の本をもらったことがある。

 わしゃの、梶谷のシガーフライが一番好きなんじゃあ。

● 街中を走っている「黒塗りのジープ」は道路上では何よりも強い存在だと思う。

 おいいおいい。ようけえおるでえ、町ん中にも。

● 岡山に対して愛着はあるが、成功しても故郷に錦を飾ろうとは思わない。

 錦やこ考えんじゃろう?

● 清水白桃とマスカット・オブ・アレキサンドリアと備前焼は郷土の誇り。

 あんの、岡山の果物は玄関から入るんじゃあ。他の県のは勝手口からじゃの。

● やたらとバカ広い、岡山大学の敷地がじゃまだ。

 昔の共通一次で迷いそうになったが。

● 岩井志麻子がマスコミに露出するのは痛しかゆしである。

 まあ、小川洋子の方がええかもしれんの。

● 制服はカンコー学生服だった。

 それしかねかろう。

--------------------------------------------------------------------------

もう岡山を出てから20年以上経っていますから、相当変わったところもありますね。例えば岡山駅東口がきれいになったのとか。それでも東山線は全然変わっていなし、いつでもほっとする岡山ですなあ。

梶谷のシガーフライ食いたいなあ。

|

« ステーシーの美術(筋肉少女帯) | トップページ | 子供のころの遊び(岡山にて) »

コメント

私も東京からここ岡山に着てから8月末でちょうど五年になりました。上のバトンの記事も(全部ではないですが)ほとんど意味がわかるのはもう立派な岡山県人かな?(笑)

(結婚の挨拶に訪れた時に)初めて東岡山駅を下りて、ホームがまだ砂利だったのでビックリしました。そして東岡山駅前から国道に抜ける道のなんと狭いこと、、、。今ではその横に大きな通りが建設中です。

最初の頃、文化とか風習とかの違いが結構面白かったですね。「キャバクラの宣伝カー」とか「ジープ」とか「かつ丼」とかビックリしました。

なによりも興味深かったのは言葉の文化、方言ですね。うちのカミさんはあまり方言が無かったので「岡山はあんまり方言がないんだ~」と思っていたら大違いでした。(笑)

方言については長くなっちゃいそうですから、近々自分のブログにでもアップしますね。

でわでわ。

投稿: SINSEI | 2006年9月10日 (日) 22時18分

Sinseiさん、

あー、東岡山の駅から国道への道は狭かったですねえ。車の道じゃないですね。

方言はですね、私の妻も「何て汚い言葉」と思っていたようです。あと、文化でいえば「カラオケボックス」、これは岡山が発祥らしいです。

では。

投稿: ドイツ特派員 | 2006年9月10日 (日) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/11765152

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山県人バトン:

« ステーシーの美術(筋肉少女帯) | トップページ | 子供のころの遊び(岡山にて) »