« Dokkenの謎(1stアルバム) | トップページ | 台湾出張で食い倒れ »

2006年9月27日 (水)

ムーンダンサー

今日は工場に出張していて、ギガビート(iPodじゃないのが何とも)聴きながら寝ていたら、起きたところで掛かっていたのがこのMoondancerでした。

Moondancer

これ、別にリアルタイムでは聴いていないのですが、すかんちのローリー寺西が、「このアルバムでディミニッシュスケールを覚えた」と言っていたのが何故か頭に残っていました。あと、元Vowwow アーミーである私としては、当然厚見レイの元バンドということ、また1st「Beat of metal mortion」の「Diamond night」の作詞がGの沢村拓だということですな。

音的にはどうしてもドラムが時代を感じさせます。が、厚見レイのKeyは当時から素晴らしい。Vowwowのライブでもやっていた「アラベスク」、厚見レイのVo入りで何とも儚い仕上がりです。音楽的には何と言えば良いんだろう、ユーロプログレと歌謡曲って感じになるんでしょうか?

ただ、厚見レイのVoは、歌い方が耽美的というか何と言うか。これは相当好き嫌いが別れますねえ。私は全く問題ないんですが、嫌いな人は徹底的に嫌いかも知れない。

さて、Gは沢村拓です。このアルバムが出たのは1979年ですから、Van Halenデビュー1年後という時期ですが、時代を考えるとかなりフラッシーと言っていいプレーです。特に、最後の組曲になっている「哀しみのキャンドル」でのテンポアップしたGソロは、鳥肌もんですねえ。ちょっとランディーローズっぽいところもありますが、最後はハーモニックマイナーで締めるのも、当時としては結構画期的なソロです。しかも、この時代でダブルユニゾンをかましているんですね。何でその後活躍しなかったんだろう?

今、沢村氏はケルト音楽のバンド「Ash Grove」での活動が中心になっているそうです。よく私が行くアイリッシュパブの「Shannon's」でも演奏していたそうです。うーん、一度聴いてみたいですねえ。この辺りはgwさんに任せたほうがよさそうです。

それにしても、このCDが復刻されてもう10年、ヤクオフで5000円以上、アマゾンでは1万円近くの値が付いていました。恐るべしオークション。

こうなると次は人見元基の「Noiz」になるか?

|

« Dokkenの謎(1stアルバム) | トップページ | 台湾出張で食い倒れ »

コメント

全く入り口は同じですね(笑)
ローリーの選ぶギターソロベスト5に「アラベスク」が入ってて、気になって聴いてみたらはまってしまったという。。。
沢村のギターはとにかくセンスが良い。スリリングですよねフレージングが。
あ、そうそう最近“時空海賊SEVEN SEAS”っていうポップメタルバンドにはまってるんですけど、ムーンダンサーっぽい楽曲(歌謡プログレ風というか)も多く、近いうちにガツンと紹介しようと思ってます。

投稿: sorapapa | 2006年9月28日 (木) 00時02分

Sorapapaさん、

時空海賊Seven seas、Gの子は微妙です、私的には。ただ、Sorapapaさんの記事にもあるように、テクとしては今までの女性HRギタリストとしてはもしかしたら最高峰?という楽譜でしたね、立ち読みしたYGでは(爆)。

すかんちも復活したわけで、また派手なロックが脚光を浴びるようになるか?楽しみですな。

投稿: ドイツ特派員 | 2006年9月29日 (金) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/12054659

この記事へのトラックバック一覧です: ムーンダンサー:

« Dokkenの謎(1stアルバム) | トップページ | 台湾出張で食い倒れ »