« 横浜の異空間 | トップページ | 20歳年下の後輩 »

2006年9月17日 (日)

デュッセルドルフ再び、かつての町再訪

この一週間欧州に出張していました。で、中継地でフランクフルトを考えていたんですが、あまりにホテルが取れないため、同じ飛行機代なら以前いたデュッセルドルフでいいや、ということにしました。

デュッセルドルフという都市は、ドイツ北西部のノルドラインヴェストファーレン州の州都で、確か人口が約60万人という中規模都市です。ちなみに、ケルンは同じ州で人口も100万程度ですが、州都になっていないこともあり、このデュッセルドルフとは仲が悪い。例えばよく言われるのはビール。デュッセルドルフは黒ビールの「アルト」、ケルンは淡色ビールの「ケルッシュ」が地ビールになっていますが、お互いの町で相手の町のビールは出さないのが普通です。私の同僚など、デュッセルドルフのビアガーデンで「ケルッシュ出して」と言ったら、「ここはデュッセルドルフだ」と一喝されておりました。ちなみに今回買って帰った一本はこれ。

Dscf0929 旧市街にある「Zum Uerige」という有名なビールの市販品です。ちなみに500mlで一本1.5Euro(約220円くらい)。Sorapapaさん、ここはビール天国ですよ。水より安いんですから。大体この町だけで70くらいの醸造所があるそうです。

デュッセルドルフという町は商業の町でして、何の面白みもない単に日本人の多い町、という見方が多いのですが、全くその通りです。ただ、そこに住んだことのあるものとしては、そうもいってられないものがありまして。あと大切なこと、あの仙人ウリロートはここデュッセルドルフ生まれなのです。弟のジーノも確かそう。その後ハノーファーに移り住んだはずで、それは昔G3を見に行った時もウリが言ってました(が、ドイツ語だったのでいまいち怪しい)。

Dscf0881 これはライン川沿いにある、ノルドパークという公園ですが、本当に街中です。こんな風景が延々数キロ続くわけで、緑がいかに豊かか、が分かります。

Dscf0907 これは私が住んでいたGerresheim(ゲレスハイム)という町にある、デュッセルドルフ最古の教会です。この地域はデュッセルドルフでも歴史地区で、デュッセルドルフ市内にも関わらず市庁舎と呼ばれるものがある奇妙な、しかし静かで良いところです。

Dscf0905 こんな建物や、

Dscf0909 こんな建物があります。中々きれいです。ちなみにこれはレストラン。

|

« 横浜の異空間 | トップページ | 20歳年下の後輩 »

コメント

羨ましすぎですねえ。
ドイツは1度だけ4日間程滞在したことがあるんですが、ビールの美味さに、ヘロヘロになるまで飲み続けた記憶があります。
しかし、デュッセルドルフでラガー系が飲みたい場合はどうしましょうね(笑)
ウリに頼みましょうか(笑)

投稿: sorapapa | 2006年9月18日 (月) 12時01分

はい、デュッセルドルフでラガー系を頼むと、間違いなく怒られます(笑)。

あと、日本でよく流れるでかいジョッキに入ったビールですが、北ドイツでは殆どありません。大体200ml程度のコップが次から次へと。特にデュッセルドルフの場合、街中に有名なビアホールが5つくらいありまして、そこをはしごするのが面白いですなあ。といって、私は全く飲めないんですがね。

投稿: ドイツ特派員 | 2006年9月19日 (火) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/11936466

この記事へのトラックバック一覧です: デュッセルドルフ再び、かつての町再訪:

« 横浜の異空間 | トップページ | 20歳年下の後輩 »