« Neal Schon「I On U」 | トップページ | 癒しのDVD達 »

2006年12月 8日 (金)

真面目な話、ホワイトカラーエグゼンプションってどうなのか?

「君、財閥だねえ」って、上司が言うんじゃねえよお!給料知ってるくせに(怒)。

お久しぶりです。ココログのメンテが延びていたり、こっちが忙しかったりでなかなか....。上の言葉、ちょっと衝動買いで鞄を買ったことへの上司からのお言葉。いや、別に深く怒ってるわけではないです。

で、給料といえば、最近話題になっているのにあまり報道されないのがこの「ホワイトカラーエグゼンプション」というようわからん英語です。要は、「ホワイトカラーは時間で働いているんじゃなくて内容で働いている。だったら残業という概念も無くして基本は成果主義に移行すべきじゃないの」という経団連からのありがたい提言のようです。

あのなあ....。

経団連の提言(内容はこちら)をざっと読んでみましたが、やはり成果主義に名を借りた残業削減としか思えないですね。

①本当に仕事の環境が規定されないほど自由なのか?モバイル持てば自由になっているか、と言えばやっぱり会社に行って仕事をするのが普通になっている人が多いんじゃないですかね?                                                  ②管理職について、例えば深夜残業規定の撤廃を求めてますが、人間が生活を送るための基本的な要件はあるはずで、幾ら国外相手の仕事が増えたと言って、「だから深夜の仕事は仕方がない」というのはあまりに乱暴ですな。それとても従業員の意思で全て決めている、と言い切れますかね?                                     ③もとより、色々な対策を無理繰り作ってこれをやろうとするところに、元々の無理があると思うわけです。そんなんなら素直に残業代払ったら良いじゃないの?

もし成果主義というのであれば、史上最高の利益を上げ、正社員が減っているんだから個人への給与は大幅に増えてもいいはずなのに、何で減ってるんですかね?

このことはもう少ししっかり考えたいと思いますが、夜中の書きなぐりです。

|

« Neal Schon「I On U」 | トップページ | 癒しのDVD達 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/12976260

この記事へのトラックバック一覧です: 真面目な話、ホワイトカラーエグゼンプションってどうなのか?:

« Neal Schon「I On U」 | トップページ | 癒しのDVD達 »