« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月28日 (日)

田原総一郎・二元論はやめようや

いや、そんなにこの人言っていることは嫌いでもないんですけど、ある意味最近の流れを表しているかな?と思いましてね。

まあこの人のテレ朝番組は、「田原総一郎と仲間たちの政治バラエティー」であり、彼の意見を如何に皆で支えるか、というところに集まっています。以前見たとき酷かったのは、出演の財部誠一氏だったかが、番組冒頭で自分の特集を説明しているのに、「そんなのは下らん!」とか言って遮ったこと。財部氏もその後良く番組を続けていると思いますが、あそこには色々あるんでしょう、それが番組の力関係でしょうな。

で、何がアホかって、全て二元論で持っていくその論理。この辺りは実は確信犯かもしれないんですが、「白じゃないなら黒でいいの?」とか、「分かった、それじゃなければこれだな」とか、消去法か択一法でしか語っていない。しかも、「私は頭が悪いから~」とか言いながら、その説明をし始める人には、「簡単に言ってよ!」とかいってはしょる。そのくせ、結構トヨタの会社見学で無邪気に「すごい、すごい」とかはしゃいだりして、何か単純さがえらく単純に見えて興ざめ。

最近、会社でもよく思うのですが、「しっかりと説明をする」ということをなくしているんじゃないか?と思うことがしばしばです。これは一般に行なわれるプレゼンテーションという手法の弊害と思いますが、「3分で全て要約しろ」とか、「エレベーターで乗り合わせて判断させろ」とか。田原氏の論理っていうのはそういうところが強い。まあテレビというある種の虚構時間ですから、そんなに目くじら立てる必要はないのかも知れませんが、更にそれを醜いメディアにしているようです。

何がいいたいかといえば、そうやって形に嵌めた説明は、どこかで嘘や重篤な省略が起こるんじゃないか、ということ。ある程度の技法は必要ですが、今の世の中、その技法にはまっていないものをそのまま排除しているんじゃないか?田原氏が、「あんたの説明はわからないよ!」といっているようなことが社会に増えているんじゃないか?

そんなに「白か黒か」で決まることばかりじゃないし、その中間に限りない空間があるから面白い。寧ろ今は書生論じゃないけど、少し手間の掛かることに立ち返った方がいいんじゃないでしょうか?コンビニに時間を取られるんなら、もっと別のことに時間を使った方がいいでしょう?もっとギター弾くとか(爆)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

ノヴォトニー引退

あまりに淋しいです.............。

ノヴォトニー引退

先日ダイスラーが引退したのですが、それとは淋しさが違います。ずっとレバークーゼンで見てきたノヴォトニー、代表よりも彼の赤い薬屋ユニでのDF姿のノヴォトニー、怪我しても一番強かった頃のレバークーゼンキャプテンだったノヴォトニー。

怪我さえなければ、それさえなければザマーなき後の不動のリベロだったのに.....。

BayArenaでいつも彼の名前が出れば安心だった。ほんとにホームで負けなかったんですよ(通算40回くらいは行っていますが、記憶では負けはなし)。選手生活の後半は苦しかったと思いますよ、怪我との戦いで。それでも最後まで薬屋に居たかったはずです。契約で揉めたって結局残ったし。勝手な希望だったんですが、やはり薬屋で現役を終えて欲しかった。キルステン・ラメロウと共にレバークーゼンの代表選手でキャプテンだったんだから......。それにW杯2006だって、万全な状態ではなかったのに選ばれたのは、やはり彼の経験が必要だったんですよ。

彼とEuro2000の時に撮った記念写真は一生の宝物です。ポルトガルにけちょんけちょんにやられた試合の前でしたが。

本当に好きだったんだよ、薬屋もノヴォも。

Dscf1653

Dscf1654

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

「The It Bites Album」

だからさ、もし納豆がダイエット効果ありなら、関東と関西で平均体重が違うはずだろ!

....「腐ったものは食っちゃいかん」という生きている親父の遺言を守って、生まれてこの方春日井の甘納豆以外は食べたことがありません(苦笑)。テレビくらいで納豆を食うようなヤワな信念ではございません。

で、この前SammyさんのBlogで、It Bitesの熱烈な記事を見つけ、改めて聴きなおしたのが「The It Bites Album」です。ところがこれ、恐らく再発されていません。

Dscf1652

当時はミニアルバム扱いだったと思いますが、もうフルアルバムですよこれは。未発表曲も多いアルバムです。

曲調は全くもって高品質なIt Bitesそのもの。その中でもM-5の「Reprise」が凄い。フランシスのギターは恐らくは「Rose Marie」で使った両手タッピング用の楽器で、Stickみたいなもんだと思います。で、そこに絡むオブリのギターフレーズが、すげーフルピッキングなわけです。曲調としては、「Eat me in St. Louise」の「Charlie」をハードにした感じですかね。

元々フランシスのギターは、ホールズワース直系のホールトーン多用のレガート派ですが、やはりうまい奴は何やってもうまい訳です。その前のM-4でのイントロのアコギも、「お前ディメオラかい?」と突っ込みたくなるフルピッキングフレーズ。とてもアル中の人間の技じゃあありません(今は回復しているはずだよね)。

でも、どういうギターを弾こうが、やはりIt BitesはIt Bitesです。どこを聴いても、私が愛してやまない音楽がそこにあります。ジョンのKeyにしてもディックやボブの超絶リズム隊にしても、ソロにしても、曲から浮いてしまうようなことは皆無、音楽の意味がちゃんとそこにあります。

今でも、彼らのライブに行けた事が密かな自慢だったりします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

やっちまったあい

って、買っちまいましたよ、液晶TVにHDDレコーダー。まずTVはこれ。

BRAVIA KDL-32S2000 (32)

ソニーの32インチ液晶。で、店頭展示品でかなり安かったのでまあ良いか、と。更にHDDレコーダーはこれ。

AQUOSハイビジョンレコーダー DV-ARW25                                           シャープの250GBタイプ。ただこれ、地上波デジタルなら2チャンネル同時録画できるらしいです。

でも今回痛感したのは、「これじゃあお年寄りはテレビもろくろく買えないだろうなあ」ということ。同行した妻は、店員と私の会話を聞きながら、                               

「た、頼む、日本語にしてくれ」                                   

と泣きが入っていましたね。HDMIだの、BS信号からの情報入手だの、D端子があるだのないだの、ブルーレイかHD DVDかだの(どうもブルーレイ優勢の様ですが)、これじゃ団塊の世代への敷居が高いばっかりですよ、メーカーさん。テレビなんざ、普通はさくっと買ってきてアンテナ線に繋いで終わり、ってなことだったはず。まあ殆どPC感覚になってきていますからね。

あとはハイビジョンに見合うコンテンツの充実ですね。例えばTBSの「世界遺産」なんかはとても魅力的な番組だと思います。まあ最初私などは、「え、ハイビジョンで見えないものが見える?モザイクが無くなるとか」と浮き足立って小一時間....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

クラシックギター再生計画

さて、Sorapapaさんにも少し投げかけられているクラシックギター強化年間ですが、やっぱりこりゃしんどいですね。何しろ少し練習すると背中と腰に重みが来るんですわ。

元々クラシックギターといっても、私の好みは中南米系のもので、バリオスやペルナンブコのように哀愁を湛えたといいますか、このジャンル究極のアイドルであるカルドーソのようなメロディアスさといいますか。同じ哀愁でも、民族系のユパンキ辺りになると少し苦手でして、エドゥアルドファルーくらいまで洗練されないと食指が動きません。例えばDm→G7→Cmaj→F→Dm→E→Am→A7という(とコードを書いているわけでないですが、多分こんなコードでしょう)カルドーソのミロンガイントロなど、なんと言うことはないのですが私には堪らない動きですね。

特にカルドーソの場合、複合拍子をシンコペで乗っけてくるので、リズム感が悪いと何拍子か全然分からない、ということになります。その他の南米系の曲の乗りもシンコペ重視で難しい。で、じゃあ何を弾くの?と問うならば(筋少のブースカだなこりゃ)                                            カルドーソ:ワルツベネゾラノかミロンガ                                    バリオス:パラグアイ舞曲                                             ペルナンブコ:鐘の調べ                                               ラウロ:ベネズエラワルツ                                            をどれか。ってかなり無謀ですなあ。まあ、バーデンパウエルをやろう!とか、ヴィラロボスのエチュード全曲!とか、ポンセのフォリア変奏曲全部!とは絶対に言えませんからね。

ただ、どうもクラシックギターの曲でありながら、クラシックギタリストの演奏は少しかったるいんです。特にペルナンブコなんかは、名手デヴィットラッセルの演奏でも、何かリズムがオンに過ぎる。カルドーソはまた超絶技巧すぎ、なおかつアドリブが凄すぎて参考にならず。んじゃあ自分のリズムで弾けばあ?ということになり、ある程度楽譜を無視した練習です。

でもなあ、ペルナンブコは大学ギター部時代の私の代表曲だったんだけどなあ。今や初心者以下だもんなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

奥谷禮子、お前何様?

ちょっと新しいカテゴリを立ててみましたが、さあ続くかいな?

以前ホワイトカラーエグゼンプションについて少し書きましたが、そのことに絡んで、奥谷禮子という人材派遣会社社長がトチ狂ったことを言っています。

「過労死は自己責任・自己管理の問題」(ちなみに参考にしたのはここ←この他にもあります)。

ってあんた......。

この社長様、テレビに出てもいつもこの調子ですな。いや、社長様にまでなったんだからそれなりに能力も努力もしたんでしょう。それが歪んだ自信になっちゃったのかなあ?どう考えてもおかしいですよ。

んじゃあ聞くが、その発言を過労死認定された人の家族の前で言えよ。

確かに、過労死というのは私としては馬鹿馬鹿しい死に方だと思いますよ。だって、人間生きるために労働しているのに、その手段の労働で死んでしまうんだから矛盾していることこの上ない。

でもね社長様、業種によっては長時間労働が避けられず、それが個人の能力・体力を超えてしまうことはあるわけですよ。それはみんな家族のためや周りの人のためにやっているんであって、多分利己的な理由など一つも無い。利己的な奴ならさっさと切り上げて帰ってしまうでしょうし、じゃあそういう奴を「自己管理が出来る、いい奴だあ」といって高く評価するんですかね?

というより、経営者の発言としてセンス無さ過ぎでしょう。だってこんな会社で働きたくないですからね(って門前払いか、私)。あと、労働会議の委員なんていうのはさっさと辞めて下さい。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年1月 8日 (月)

豪州ぶらり旅・その四(生活やら文化やら)

さて、この豪州ぶらり旅も最後ですなあ(って誰が期待してんだよ)。

Dscf1454 これがサーファーズパラダイスにある高層ビル群。この辺り一帯は元々日本資本が中心になって開発したところだそうで、今はまた不動産ブームだそうです。

Dscf1467 殆どがコンドミニアムとして売り出されているようですが、 これはこの近辺の一軒家の売り出し。五千万円以上で、現地の方に聞いたところ、「日本の億ション感覚じゃあないですか」とのことです。

Dscf1479 これは、不動産の上昇を示したグラフです。「今持たないでどうするよ?」ていう煽りですかねえ?

Dscf1545 これは、ナイトサファリで民族楽器を演奏しているアボリジニです。この人、循環呼吸法という呼吸で延々この楽器を吹いています(確かケニーGとかがやっていたんじゃないですかね)。

Dscf1534 アボリジニの舞踏団。やはり現地情報では、今はアボリジニへの補助金が出ていて、月に30万円程度になるとのこと。殆どのアボリジニは働かずにこの補助金で生活しているそうです。

あと、現地の日本人向け小冊子を読んだり、現地の日本人の方に話しを聞いているとしていると、なかなか興味深いことが出ていました。                                                     ①オーストラリアの政策は金だけ。APECへの参加も、アジアとの関係で金を持ってきてくれるという期待以上のものはない。                                     ②多民族主義なんていうのはオーストラリアは求めていない。英語試験を厳しくしているのは明らかに中東系の締め出しを狙っている。                               ③オーストラリアに生活で来る日本人は国際結婚の人がとても多い。                  ④オーストラリアのサラリーマンにはボーナスがないので、結構収入は少ないはず。その割りに物価が高いのでみんな生活が厳しいはず。特にクイーンズランドはこれと言った産業がないので厳しいはず。

それでも、オーストラリアという広大な陸地のほんの一部のまた一部しか知りません。いやあもっと色々と知るために行かなきゃ(誰が金を出す?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

豪州ぶらり旅・その参(食事)

旅行といえば、「見る・食べる・買う」ということになりますが、やはり「食べる」はハイライトの一つでしょう。

元々はイギリスの植民地であるオーストラリアのこと、美食は期待できないですが、それでも海産物・オージービーフと素材はいいはずなので、そこは楽しみでした。ただ、ゴールドコーストは生活者の町ではないので、安い食事というのが少なく、どこに行っても同じような値段設定です。しかも高い!これは為替の影響も大きく、最初にオーストラリアに行った5年前が一ドル=60円程度で、今は95円。50%増しは厳しいです。

Dscf1474 「そりゃカニだろう!」ということで、シーフードバイキングに。カニ・カキ・エビのてんこ盛りです。一人4000円程度ですが、飲み物は別です。

Dscf1475 が、別に凄い味付けをしているわけではないので、とにかく量を取る事で勝負です(誰と?)。

Dscf1574 これはゴールドコーストで有名らしい「ヤタラパイ」というところのアップルパイ。他の方のブログでも取り上げられていましたが、普通に美味いですね。これで500円くらいだったと思います。

Dscf1575 離島へ行ったときに間違って買ってしまったバニラコーラ。日本でも一時発売されていたらしいんですが、私ゃ知りません。ただのダイエットコークだと思っていましたが、他の人に大笑いされてしまいました。味?激マズですorz。しかもこれ一本で約250円也。

Dscf1648 これは最終日の夕食で食べたシーフード盛り合わせ、約3000円(二人分)也。最後でやっとまあ良い物食べた、って感じですかね?

Dscf1650 上の子供が頼んだオージーステーキ、約1500円也。

値段を見ると、これが5年前だったらえらく安いと思いますが、今や激高です。しかも日本の吉野家のようなところが無い(マクドナルドでも高い)ので、結構厳しいですね。

5年前と3年前はケアンズに行ったのですが、まだケアンズの方が地元の生活があったような気がします。財布にはゴールドコーストの方が厳しいですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

豪州ぶらり旅・その弐(海)

ゴールドコーストと言えばそれは海、海、。これは誰も文句の言えない事実です。

が、

今年は記録的な冷夏で、日光が出てきません。

Dscf1446 それでも到着した日にはこんな感じで晴れていました。ここで見る限りは波は弱そうですが、実際はかなり高い波です。

Dscf1488 ところが、これがその翌日の内海の雲。少し雨まで降ってきて、どうしたものかという状態です。

Dscf1573 そのまた翌日、ブリズベンの海岸側にある、ノースストラドブロク(Northstradbroke)島に4WDツアーで行きましたが、その時のフェリーからの光景がこれです。日本の梅雨かあ?

Dscf1603 この前のエントリーでも書きましたが、このノースストラドブロク島というのは、風で運ばれた砂で出来た島で、砂の島としては世界で二番目に大きなものだそうです(ちなみに一番はやはりオーストラリアのフレーザー島)。で、海岸線を走るんですが、こんな曇天です。

Dscf1614 これはノースストラドブログ島の北にある「ポイントルックアウト」というところからの太平洋。この先は南米まで続いているはずですが、ふっと鈴木光司の「楽園」という小説を思い出してしまいましたね。ここから海面を良く見ると、ウミガメが息継ぎのために出てきています。

Dscf1643_1 波打ち際ですが、こんな感じで結構高いですなあ。私、マリンスポーツをしないので、こんな波は怖くてたまらんです。

Dscf1594 これがその島で乗った4WDのトヨタ。対面に座るのが分かるでしょうか?この姿勢で通算3時間以上は乗っていましたかね?結構しんどいんですが、島に入ると揺れてそれどころじゃあありません。

Dscf1641 水、砂ともとても綺麗です。これは別の海岸で採った貝(ハマグリの一種)をもぐらせているところ。貝が砂に潜るのを見たのは初めてですが、意外な程動きが早いんですね。

Dscf1644 これは何か?実はこの島、砂を輸出しているんだそうです。ワイキキ・南紀白浜ではここの砂を混ぜているそうです。あと、この砂から成分(珪素分?)を取り出して、ガラス原料にするんだそうです。で、ここが島から砂を出すところです。

ちなみに、これだけ曇っていても紫外線がきついので日焼けしてしまいます。日が出ていなくて日焼けっていうのは、アメリカで食べるものがなくついついマクドナルドで済ませて太るのと同じくらい空しい(って意味不明ですなあ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪州ぶらり旅・その壱(自然)

さて、今回のオーストラリア旅行ですが、何回かに分けて雑感を書き殴ろうと思います。

まずは行った先ですが、定番のゴールドコーストです。ゴールドコーストはオーストラリアの東海岸で、南緯20度と香港くらいの緯度です。聞くとコートは殆ど必要ないそうですが、香港と違うのは非常に乾燥していることですかね。成田から大体9時間の飛行機ですが、時差が殆ど無いのでその点は非常に楽です。で、到着が朝7時頃なので直ぐにはホテルに入ることが出来ません。ツアーで抑えている場合は、ここからチェックイン時刻までの繋ぎで動物園なんかを回ることになります。今回はコアラ抱っこの入ったツアーです。

オーストラリアっていうのは分離された大陸ですので、他の場所とは大きく違う生物が多く生息しているので有名なところです。動物では有袋類が多くいますね。これは、どうも有袋類というのが天敵なしの状態で生息できたため、絶滅を免れたということのようです(ガイドさんの説明)。その生態系を守るためでしょうか、空港での検疫が非常に厳しい。乳製品を使ったものは加工品でもダメ、生ものはもちろんダメ。ガイドさんの話で、ある夫婦がオーストラリアに住んでいる子供のために好物のカステラを持っていったところ、検疫に引っ掛かり、「この場で捨てるか食べるかしろ」と係員に言われたそうです。「いやあ、三本までは食べたんですが....と言ってその夫婦は空港から出てこなかったそうです(ほんまかいな?)。

Dscf1403 まずは園内で眠るコアラ。抱っこしてもぼさっとしていますが、結構爪が鋭いので、日焼け肌だとかなり痛いです。

Dscf1402 のたっているカンガルー。コアラやカンガルーは夜行性なので、昼はこんな感じでぼさーっとしていることが多いです。

Dscf1399 えらく人(鳥?)相の悪い奴ですが、これはエミュというダチョウの仲間です。肉を食べたり、油を取ったりで先住民(アボリジニ)はかなり利用していたようです。

Dscf1549 これが夜起きているコアラ。何でも手元に唯一の食事であるユーカリがないとダメだそうで、常にユーカリを触ることが出来るところで寝るそうです。

Dscf1407で、こいつがそのユーカリ。ところが、オーストラリア大陸には70種類くらいユーカリがあるにもかかわらず、コアラが食べるのはその中の一割程度らしいです。また、このユーカリというのは水分と油分を含んでいて、コアラはこの中の水分だけを摂取しているそうです。                            

Dscf1578_1 これはノースストラドブログ島というところに現地ツアーでいったその島の中の原生林。この中に野生のカンガルーが居ました。写真は撮れませんでしたが、子供は大騒ぎです。ちなみにこの島、砂が風に乗り、それが堆積して出来た島で、もう二つの島と一つの島を形成していたのですが、嵐で分断されてしまったそうです。

Dscf1580 これはその島にあるグラストゥリーという木というか草。非常に成長が遅いこと、山火事で発芽することなど珍しい植物です。アボリジニはこれを茹でてスパゲティーにして食べていたそうですが、青臭くて食べられたものじゃないそうです。

Dscf1583 ティートゥリーという木。葉を切ると非常に良い香りがします。探検家がこの葉を使って本当にお茶を入れていたことでこの名前が付いたそうです。

Dscf1587 そのティートゥリーが傍にあるブラウンレイクという湖。これはティートゥリーのエキスが流れて茶色になっているからだそうで、岸の泡もそのエキスです。非常に肌に良い水だそうです。

Dscf1598 で、実はこんな道を4WDで走ってきた訳です。そりゃあ揺れて楽しい楽しい。

Dscf1599 これも山火事がないと発芽しない種を持つバンクシアという木。何でも、ユーカリの油分というのが夏の熱気で自然発火するのが多いらしく、植生をある程度守るためにアボリジニも少し山火事を放って置いたらしいです。

それにしても、ちょこっと観光地から入っただけで、野性のカンガルーやコアラ(居るんですよ、民家の横の木の上に)やワラビー(小型のカンガルー)が居るのは楽しいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

あけましておめでとうございます

型どおりの挨拶ではございますが、今年も宜しくお願いします。

本当は、去年の初めの目標について、「回顧と反省」をしなくてはならなんでしょうが、別に反省しながら人生進んでいるわけじゃないんで、しっかりシカトしたいと思います。

で、実は年始は南半球のオーストラリアで家族旅行でした。えーい、ボーナスが吹っ飛んでしまってどうしよう?で、このことはおいおい書いてきますが、一言。

えーい、人が行く時に「20年間で経験したことない冷夏」だとおお!いい加減にしろお(涙)。

Dscf1611 どうですか、この曇天。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »