« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月25日 (日)

太田カツ、あんた何者?

うう、ギターが決まらない.....。

もうちょっとなんですけどねえ。プロギタリストのItaniさんからのアドバイスもあり、「そうか、シェクターもあり、か」等と迷う迷う。そうこうしているうちに、デジマートでトムアンダーソンの出物があり、230000円也。H-S-Hのシンクロナイズトレモロで、多分バジーフェイトンチューニング付き(これだけでも5万円近い)で、フロントのハムは改造のようですけど、うーん、欲しいなあ。でもなあ、PRSも捨てがたいしなあ。

と、物欲は収まらず。

であっても、結局はギターは弾いてなんぼで、腕がなきゃダメです。で、このダメギタリストである当方が、ある楽器店で「をを!」と思い購入した教則DVDがこれ。

太田カツ教則DVD

ええ、見ましたよ。ああ、ギターをやめたいよおおおお.....。

あんた、どんな指の動きよ?殆どアクションしてないじゃないですか!それであの音ってありえねえ。弾いているというより滑っていっているという感じかな?その上そこまで分析するかあ?まあ本能のワンパターン・インギーとはちょっと違うし、正直指の動きはポールギルバートやエリックジョンソンもちょっと真似できないんじゃないかな?で、この人、別のインタビューで、

「いや、昔フットサルで左手を怪我して、以前ほどスムーズに弾けなくなったところがある」

ってあんた....。

ただ、このDVDを買おうと思ったのは、寧ろビブラートが綺麗だったから。ロックギタリスト永遠の課題・ビブラート。私もへたれギタリストですが、これは本当に難しい。

少しずれますが、ビブラートといえば私にとってはエイドリアンヴァンデンバーグ。で、どんな掛け方してるのかな、と思ってDVDを見ると、意外や意外、非常にちりめん系の動き(わかるかなこの表現)なんですよ。ところが出てくる音はあの哀愁の大きなビブラート。で、今回の太田カツが説明している中にその答えに近い物がありました。

「要は、あまりギターを動かさないこと。動いているということはそれだけ弦に伝わるべき力が分散しているということだから」

え、こんなこと常識ですか?いやあ意識したことなかったです(苦笑)。

しかし今回の教則DVDは、明日からのシンガポール出張に役立ちそうです(どこが?)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

忙しさって仕事かい(ってか)?

先週フランス、今はサンフランシスコ、来週はシンガポールってあんた....。

いや、今のサンフランシスコは予想していなかった出張なんですね。ちょっと突発に色々と入ってきて、「んじゃあ俺が行くべ」ということで一泊三日の弾丸ツアー。こりゃW杯南ア大会も怖くねえな。ただ、時差を考えると寧ろこの方が楽かもしれません。なまじ出張先の滞在が長いと、また帰国して時差ぼけ。しかもアメリカの時差ぼけは欧州と違ってかなりきついんですわ。

今回も客先と面談し、報告を出し、次の予定を決め、結果をどう利用するか考える。うーん、仕事っぽいぞお。

んが、こんな風に出張ばっかりしておいてなんですが、前々から感じているのは、

「これって仕事かいな?」

ということ。確かに仕事っぽい。ぽいが、これで何か前に進むわけではないですな。肝心なのは、その都度「今の行動によって、仕事の最終目標に近づく決定が成されるか」ということだと思います。

例えば、実は資料作りなんていうのは仕事のうちに入らないことが多いんじゃないですかね?大体資料っていうのは、自分の頭の中にあることを見える形にするだけですから、その資料が出来たからといって、作った当人に新しい発見というのは殆どない。「ああ、やっぱりね」ということが殆どだろうと思います(多少自分に何かがあるとすれば、勘のようなもので動いていることを資料で裏打ちすることですかね?実は私はこればっか)。じゃあ何でそんなことをやるかといえば、あるプロセスの決定に関わる人たちと考え方を共有するためなんですよね。報告にしてもそうで、報告なんていうのは、「早く仕事の変化点を関係している人に伝える」というための手段な筈。まあこれも、自分への備忘録に使うことも目的としてあるのですが....。

とすれば「決定に関わるまでの全ての労働は作業である」という事が言えるかも知れません(仕事=結果、作業=経過という区分け)。が、誤解なきように言えば、この作業というのが非常に重要な労働なわけです。以前、業務系の仕事をしていた時、一年半も訳の判らん伝票と首っ引きで過去の間違い探しをしたことがあります。全く経理もやったことがなかったのですが、一年半たってその作業からかなりの金の流れについて仕組みが理解できました。あと、ネット保全系・カスタマー対応系の仕事なんかは「やって0、失敗してマイナス」という感じがある中で、作業=仕事ということもあります(マクロな会社の仕組みはここでは問いません)。私のように作業がトロい人間にはそれ自身が苦痛ということはあります。かといって誰かに「ああせい、こうせい」と動かす提案もできず、ああ、能力の高い人間に生まれたかった....。

ホワイトカラーエグゼンプションと裁量労働制については、この仕事と作業の区分けが出来ていないことが一番の問題でしょうね。あと、大都市圏で言えば、やはり通勤時間の問題は避けて通れないでしょう。ここでSOHO的な労働環境を何処まで認めるか、これも大きな問題です。

それにしても、時差ぼけもあってまとまってない文章だこと(微笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月19日 (月)

物欲再び、さて次のギターは?

もう7-8年ギターを買っていません(涙)。

これは私には相当長いブランクで、一時は12-3本持っていたギターをわけあって整理、今は4本しかない状態です。が、ここに来て                                   ・バンドはKeyなしのギター一本状態                                      ・アームのあるストラトはシングルコイルで21フレット                          ・レスポールは一応ヒストリックなんでアームをつけるバカな真似はできない                                                 という状態を考えると、「アーム付き、22フレット以上、リアがハムバッカー」というギターを検討せざるを得ない状況(って本当か?)。

そうなるとまず浮上するのがポールリードスミス(PRS)。が、この前楽器店で聞くと、「あんまりボディー鳴りはしないように押さえ込んでいて、更に昔の材と今のじゃあ昔のものがずっといい材を使っていた」とのこと。で、昔といえば当然ピンスイッチ・ハカランダ指板・出来ればラッカー塗装の10トップ以上となり、お値段も50万円程度はするなり。

であれば、例えばハイエンド系のディンキーストラトタイプのサー・ジェイムスタイラー・トムアンダーソン辺りはどうか、と聞くと、主観ですが、と前置きされて、「タイラーはヴィンテージ的にかなり暴れる。トムはかなりタイトに鳴るのでハードロック系には合っている。サーはかなり上品な感じですかね」とのこと。

それでもPRSも捨てがたく、今のところはトムアンダーソンかPRSになりそうです。

ところが........

このトムアンダーソン、トム自身が「もう疲れちゃったからね、作るのやめるわ」と言い出しているようです。一応撤回されてるんですが、それでも数はかなり絞るようです。今週サンフランシスコに出張するんですが、昔と違ってアメリカにギターの玉は少ない(日本が一番多いんじゃないかな?)。この話を聞いてPRSからトムアンダーソンに傾いているんですが、あとはフロイトローズで行くか、シンクロトレモロで行くかですね。今のストラトがどノーマルのシンクロなんで、フロイト付きでも良いかな?とは思っていますが。それにしてもどこまでも「入手困難」や「限定」に弱いんだ、俺は。

こんなのや

こんなの

が欲しい訳です。

でも本当は、行き付けギターショップにあったFlying V(1968年製)が欲しいんですが、190万円じゃあねえ(苦笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

ドイツ出張帰り、帰りはポンテと写真って

いや、絶対出張です.....。

結局行きも帰りも浦和レッズ御一行様と同じフライトでした。だからアップグレードできなかったんだなあ。

当然浦和レッズはみんなビジネス、こっちはきつきつのエコノミーなんですが、何故か通訳の人がエコノミーなんですね。んで、暫くしたら、お話したいのかなんとロブソンポンテ様がエコノミーに!行きにトォウリオとも写真を撮っていますが、そりゃレバークーゼンのときから知っている選手ですからね、正直舞い上がりましたよ40も超えているのに。でもって、トイレの前にいるポンテさんにドイツ語で話しかけました。

私:ポンテさん、私あなたのことレバークーゼン時代から知ってます。                   ポンテさん:おお、ドイツ語が喋れますか。どこに居たんですか?                 私:デュッセルドルフですが、Bayarenaには30回くらい行きましたよ(と偶然来ていたレバークーゼンのTシャツを見せる)。                                     ポンテさん:あー、レバークーゼンだ本当に。いやあありがとう。

ということで写真を撮りましたが、暗くて映りがイマイチ。ここには出せないなあ。まるでこれじゃあ林家ぺー&ぱーこ夫妻だな。 

                      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

久々のツボ、A.C.T

いやあ、生きているといい音楽にまだまだ会えるわけですよ。最近気になっていたスウェーデンのバンド、A.C.Tの「Silence」が素晴しい。

サイレンス

A.C.T「Silence」

いくつかの音楽系のブログで、「It Bitesの再来」とか、「It Bites+Queen」とか、「Once around the worldを今やっているバンド」とか書かれていて、そりゃ私が聞かないわけには行かないでしょう!で、

うう、21世紀にこんな音が聞けるなんて...(涙)。

確かにIt Bitesを彷彿とさせる部分はあります。が、彼らほど複雑なことはやっていない(というか、It Bitesが複雑すぎるだけ)。それより、この哀愁のハードポップさは何なんだ?哀愁度で行けばIt Bitesより上かも。ただ、人によってはこのある意味あざとい泣かせが嫌になるかも。私ですか、それに乗ってしっかり泣かされましょう。

前半と後半で構成を変えているんですが、捨て曲がない。で、私としては、M1・M5・M7を押しますね。その他の曲も泣かせが半端じゃない。とはいっても例えばゲーリームーアがやるようなもんじゃなくて、メジャーキーのハードポップ風味。その裏のコードが何となくセブンス~ディミィッシュを隠した感じと言えばいいのかな?

後半はオペラ仕立てになるのですが、これは確かに「Once around the world」の現代版だなあ、と思っていたら、ラストの「The Final Silence」で、き、来ましたよ鳥肌が。正に「Once around the world」のラスト彷彿です。あそこまで引っ張ってはいないんですがね、ギターが泣く泣く。

この数日はA.C.T漬けになっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドイツ再び、ミュンヘン到着は浦和レッズと

昨日直行便でミュンヘンに到着しました。また出張です.....。大体ですな、上司が、「いやあ君は飛行機好きだから」「何処でも眠れて良いよね」ってあなた、私ゃ

飛行機は好きじゃない!寝るのは眠いから!

で、この飛行機、ブルズカップに出場する浦和レッズが乗っていました。最初成田で、

「あれ、ありゃ永井と都築じゃねえの?それにしても永井のジャニーズ系は良いとして、都築は怪しいのう」

と思い、そういやブルズカップかあ、と思って両替に行くと、おお、レバークーゼン時代に見ていたポンテじゃねえの。一緒にワシントンもいましたが、思ったより背が高くない印象でした、ワシントン。ポンテはもっと低いですなあ。その後、ラウンジに行くと、コーチのエンゲルスがラウンジ間違えてやんの。でも彼、日本語本当に上手いです。で、暫くしてからゲートに行けば岡野はいるわトゥーリオはいるわ。おじさん、トゥーリオと写真取ってしまいましたよ(もちろん、「もし良ければ写真宜しいですか?」とお願いしましたよ、年寄りの常識です)。

んで面白かったのは、ミュンヘンについてからパスポートコントロールで、しつこく質問を受けている奴が。何のことはなく小野が色々と職員から聞かれていて、後ろで待っている山岸なんかが爆笑。岡野にからかわれたのか、この後小野さん、アシスタントの女性に、

「岡野さんの荷物、出てきたらそのまま日本に返しといて」

でもブルズカップは多分テレビでやらないんだろうなあ(見た限りではなかった)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

里帰り土産は何だ?

だからあ、奥谷さんよお、NHKで訳分からんこというなあ。

というわけで、ちょっとばかり古いものが出てきました。

Dscf1661 今から四半世紀前のヤングギター。意外にリッチーって変わってませんねえ。この中に少し面白い記事が。

Dscf1662 Show-yaのデビュー前。ギタリストは五十嵐美貴とのツインだったようですね。左下のバンド写真、見えにくいと思いますが左端が寺田恵子、右端が五十嵐美貴だと思います。

Dscf1672 これはですね、バーニー日下部率いるスナイパーのアマチュア時代。ちなみにソロの「Grass Wall」は持ってます(全国で何人持ってるんだ?)。ラストの「Time was」は名曲です。

Dscf1673 これは多分小学校の頃に買ったニットー製のプラモ。タミヤ・ハセガワがトップメーカー、フジミ・ニチモ・マルイが第二メーカー達とすればその後、オオタキ・LSなどと並ぶメーカーです。ちなみにその後はヤマダ・イッコーなんかですかね。でもこれは非常に形状が良い奴で、以前ヤフオクで見たら一万円くらいの価格が付いていました。

と書いていると、「貴社担当で年金運用ですが・・・」という詐欺まがいの電話が。いや、声は可愛かったんで、テレビ電話だったらまずかったかも....。即「あ、年金はもうやってますからいいです」と叩き切りましたが、相手の声で少し後悔すること小1時間......。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

全然知らなかったロケ地・三丁目の夕日

今日まで出張で岡山の実家に戻っておりました。いやあ岡山駅の変わり様、赤穂線の乗り継ぎが出来ないかと思っただす。

で、何気なく地元のタウン誌を立ち読みしていたら、全く知りませんでした、「三丁目の夕日」のロケ地のいくつかがわが町岡山、しかもまさに地元も地元でやったらしいんですよ。まあ見ていない映画だから分かりようも無いんですが、今度DVD借りてきて確認するつもりです。Sinseiさんに確認してもらいましょうか、どうですか?

何で西大寺なのか?同じような町だったら全国どこにでもありそうですけれど、まあ古すぎる町(例えば内子とか)じゃあダメだろうし、その辺が絶妙だったのかも知れません。ただ、見てみないと分かりませんが、結構あざとい作りだったりして、この映画。

で、今回また古いものを持って帰りましたが、それはまたアップします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年2月 6日 (火)

しっかり説明するということ

山崎元さんという方のブログを最近良く読んでいるのですが、そのブログの中で彼のコメントとして、「コメントについては省略することなく、長くなっても良いのでしっかり書いてもらって構いません」という説明がされていました。

ブログでの長いコメントのあり方(長いものはトラックバックにすべき、という意見があります)は置いておいて、これは最近の風潮に一石を投じるものだと思います。

会社でも、やれ「エレベーターで上司に説明できるようにしろ」だの、「3分で全て語れ」だの、やたら短く簡潔に、ということばかり強調されていませんか?これは前のエントリー(田原総一郎について)にもちょっと触れましたが、実際に説明する人にとっては、「何ではしょらにゃならんの?」という気持ちが強いんじゃないでしょうかね。

確かに偉い人は時間がないんでしょう。それでも全てのことがMBA方式のプレゼンテーションとディベートで解決する、なんておめでたい思想はもう止めにした方がよい。その形態での政治の極北が小泉純一郎だった訳です。もう一度、青臭いと言われても書生論のようなものに立ち戻った方が良い。

ビジネス雑誌(特に日経アソシエ辺り)にも、「勝つプレゼン!」なんていって短くまとめる手法ばっかり出されていますが、そういう資料を無くして一度は発言という言葉で伝えることをする必要があるんじゃないですかね?大体ああいう雑誌を良く見ていると、正反対のことが平気で書かれている。ま、成功の説明が如何に後付けか、ということが良く分かりますなあ。

最近のビジネス周りを見ていての雑感です。

今日の一言:日本人と思って舐めるんじゃねえ!とSixrideを聴いて思ったんですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

こりゃドリームシアター並みですよ、シャムシェイド

このバンドのことを書くと一部身内から「へ、J-Popかい」ってバカにされるんだよなあ。しかしですよ旦那、一度は試しに聞いてみてくださいよ。

一般的にはこのバンド、「るろうに剣心」だったかな、主題歌の「1/3の純情な感情」で売れはじめたんですが、実はその前の3枚目までが正統派ハードロックとして素晴らしいです。ただ、一枚目はインディーズ発売で今はプレミア物らしいですが(私は持っている)。Voの栄喜はキャリア後半で声が荒れてくるんですが、それまでは(音程の怪しさはあるものの)ちょっとアースシェイカー~プレゼンスの雰囲気がある音楽ですね。特に3枚目は非常にハード。

III

  Siam Shade III

M1「Why not?」から飛ばしてくれますが、歌詞はとーっても卑猥。M6「Sin」のイントロは恐らくテープ逆回転技かな?全体にDの淳士のプログレ風ドラムが効いています。

で、バックの恐るべきはその次のアルバムに入っているM7「Virtuoso」。      SIAM SHADE IV・Zero     

Siam Shade IV Zero    

これをプログレといわずして何と言う、のインストです。途中のハモリは正にドリームシアター。ちなみにこのときのゲストKeyは貴公子厚見レイです。その前の「誰かの気持ちを考えたことがありますか?」のピアノはエディー三柴で、これもエディー節満載。

で、私の場合ギターになるのですが、このバンドのメインギターのDaitaもえらくハイテクですね。がテク以上に何が笑ったって、上に書いた「誰かの~」のギターソロ、まんま山本恭司さんじゃねーの。最初聞いたとき、「え、恭司さん?」って思いましたが、クレジットはありませんから、多分Daitaでしょう。何しろVowwowアーミーの会員番号は一桁らしいから(苦笑)。タッピングスライドらしきフレーズ、かなりリバーブを効かせた音、最後の畳み込みフレーズ、どれをとっても全くもう、てなもんです。

楽曲も素晴らしく、ハードとポップがうまい具合にバランスしています。昨日FODの「最後の想い」を絶賛しましたが、同じくらい好きなのがシャムシェイド最後のオリジナルアルバム(VIIはリミックスなので省く)の最後に入っている「曇りのち晴れ」、行き詰ったときにいつも頭で鳴らす曲です。

J-Popだろうが何だろうが、良いものは良い、ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

知らない間に....フェンスオブディフェンス

昨日はバンド練習。で、本当はバンドの曲を聴いておかなきゃならんのですが、ここのところ何故かフェンスオブディフェンスを聴いておりました。そうしているうちに、このブログのフェンス関連記事にコメントが付きました。んで、久々にフェンス関連で検索したら.....

こらあ、知らん間に復活すんなよお(涙)

アルバムは出すわライブはやるわ、しかもこの前の金曜だろうライブがあああ。なんと言うことでしょうか。こうなりゃ次はまたライブです。

再度言います、「最後の想い」、日本のロックでの10指に入る名曲ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »