« 知らない間に....フェンスオブディフェンス | トップページ | しっかり説明するということ »

2007年2月 4日 (日)

こりゃドリームシアター並みですよ、シャムシェイド

このバンドのことを書くと一部身内から「へ、J-Popかい」ってバカにされるんだよなあ。しかしですよ旦那、一度は試しに聞いてみてくださいよ。

一般的にはこのバンド、「るろうに剣心」だったかな、主題歌の「1/3の純情な感情」で売れはじめたんですが、実はその前の3枚目までが正統派ハードロックとして素晴らしいです。ただ、一枚目はインディーズ発売で今はプレミア物らしいですが(私は持っている)。Voの栄喜はキャリア後半で声が荒れてくるんですが、それまでは(音程の怪しさはあるものの)ちょっとアースシェイカー~プレゼンスの雰囲気がある音楽ですね。特に3枚目は非常にハード。

III

  Siam Shade III

M1「Why not?」から飛ばしてくれますが、歌詞はとーっても卑猥。M6「Sin」のイントロは恐らくテープ逆回転技かな?全体にDの淳士のプログレ風ドラムが効いています。

で、バックの恐るべきはその次のアルバムに入っているM7「Virtuoso」。      SIAM SHADE IV・Zero     

Siam Shade IV Zero    

これをプログレといわずして何と言う、のインストです。途中のハモリは正にドリームシアター。ちなみにこのときのゲストKeyは貴公子厚見レイです。その前の「誰かの気持ちを考えたことがありますか?」のピアノはエディー三柴で、これもエディー節満載。

で、私の場合ギターになるのですが、このバンドのメインギターのDaitaもえらくハイテクですね。がテク以上に何が笑ったって、上に書いた「誰かの~」のギターソロ、まんま山本恭司さんじゃねーの。最初聞いたとき、「え、恭司さん?」って思いましたが、クレジットはありませんから、多分Daitaでしょう。何しろVowwowアーミーの会員番号は一桁らしいから(苦笑)。タッピングスライドらしきフレーズ、かなりリバーブを効かせた音、最後の畳み込みフレーズ、どれをとっても全くもう、てなもんです。

楽曲も素晴らしく、ハードとポップがうまい具合にバランスしています。昨日FODの「最後の想い」を絶賛しましたが、同じくらい好きなのがシャムシェイド最後のオリジナルアルバム(VIIはリミックスなので省く)の最後に入っている「曇りのち晴れ」、行き詰ったときにいつも頭で鳴らす曲です。

J-Popだろうが何だろうが、良いものは良い、ということで。

|

« 知らない間に....フェンスオブディフェンス | トップページ | しっかり説明するということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/13789966

この記事へのトラックバック一覧です: こりゃドリームシアター並みですよ、シャムシェイド:

» 山本恭司 WILD FLAGでのライブ [ギター初心者のための奏法解説]
山本恭司氏が自称、趣味でやっているバンドといっているWILD FLAG メンバーが個々に活動を行っているので、WILD FLAGとしての活動は 何年に1回、しかも東京のみっていうのが殆どなんで、LIVEそのものが 伝説になっているバンドという気がする。 実際キラーが、彼らのライブを観たのは、2000年頃の高円寺 SHOW BOATであったと記憶してるし、それから、このDVDが 収録された2005年まではライブをやってないのでは、ないだろうか。 ... [続きを読む]

受信: 2007年3月 5日 (月) 09時40分

« 知らない間に....フェンスオブディフェンス | トップページ | しっかり説明するということ »