« シンガポールで物思いする | トップページ | やっちまったい・その2続報はPRSだけでない »

2007年3月 3日 (土)

やっちまったあい・その2

Dscf1718 ということです。ああ、「中古車一台分ですわ」のPRS88年。

これから苦難の貧乏生活が....(涙)。

|

« シンガポールで物思いする | トップページ | やっちまったい・その2続報はPRSだけでない »

コメント

とうとう新しいギター手に入れられたのですね!!
赤のPRS、素敵ですね~♪
弾き心地などもぜひ記事にしてくださいね。

投稿: りでぃあ | 2007年3月 4日 (日) 00時38分

りでぃあさん、

まだどうも慣れていないのですが、暫く弾いて慣らして行こうとおもいます。そうか、りでぃあさんはCaparisonですね。やはりあのピート様の影響もあり?でしょうか。私はCaparisonといえば橘高のサブギターかエース清水のメインギターという印象ですなあ。

投稿: ドイツ特派員 | 2007年3月 4日 (日) 13時09分

再びこんばんわ。
はい、ご想像の通り、私のCAPARISONはピート様の影響です。
と言うより、CAPARISONというメーカーを知ったきっかけが
ピート様だったんですよ。
で、24fでトレモロ付のギターが欲しくて探してみたところ、
結局、ヘッドのデザインと予算の関係で今のギターに決めました。
まだ3本目のギターですので、えらそーなことなど言えませんが、
今のところ、結構、気に入って・・・るかな?(^^;

投稿: りでぃあ | 2007年3月 9日 (金) 00時51分

りでぃあさん、

実はりでぃあさんってすげーハイテクさんじゃないですか?だって「清水さんみたいにぎゅいーんとしたい」って普通出来ませんって。ああ、マズイなあ(って何が?)。私ですか?クラシックならビラロボスが弾けません、アストリアスがでけません、出来るのは...(涙)。

確かにCaparisonは24Fでアームの手頃なギター、という範疇での対象になりますね。あとはFreak Kitchenのギタリストもそうだったと思いますね。24FというのはやはりギターのKeyであるEやAを考えると、「広がるなあ」という感じです。

投稿: ドイツ特派員 | 2007年3月 9日 (金) 21時38分

何やら私の使用してるブラウザではコメント書き込みが上手くいかないようです・・・

ということでPRS購入おめでとうございます!
超オールラウンドなこのギター、FRTやサスティナー、ギターシンセ用ディバイドPU搭載などのカスタマイズに走られるときはご一考を(w)

投稿: うまろく | 2007年3月12日 (月) 12時10分

うまろくさん、

カスタマイズであれば、ジミーペイジ御用達の自動チューニングシステム「Trans Performer」まで行かなきゃ、本当の親不孝バージョンにはなりえないですな(W

投稿: ドイツ特派員 | 2007年3月12日 (月) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/14114955

この記事へのトラックバック一覧です: やっちまったあい・その2:

« シンガポールで物思いする | トップページ | やっちまったい・その2続報はPRSだけでない »