« 嵐の沖縄漂流旅行(西表バカンス編) | トップページ | 嵐の沖縄漂流旅行(台風12号直撃編その2) »

2007年9月22日 (土)

嵐の沖縄漂流旅行(台風12号直撃編その1)

美しい西表の海を体験して、翌日16日はマングローブでも見に行って、夕方にでも船で石垣に戻るべ、と思って夕食を取っていると、ホテルの従業員の方がやって来て、

「明日の朝食ですが、どうされますか?台風が来ているんですけど」

えっ?                                              

                                                 

た、台風ううう?                                               

                                                       

                                                        

う、ウソだろ?                               

                                        

                                      

そんな、15日は台風11号の通過後で、気圧配置でも何の低気圧も無かったはず。台風は普通フィリピン沖でゆっくり来るはずで、発生してもまだ沖のほうだろ?と疑問に思いながらも、西表に閉じ込められるのは最悪です。

「船はどうなりそうですか?」                                          「多分上原港(西表の北側)は全便欠航の可能性が高いですね。大原港(南側)は多分大丈夫だと思いますけど、台風ですから何とも言えないですね。朝にならないと運行状況が分かりませんから、そこで確認、ということになりますね」

いやあ正直ドキドキしましたねえ。いっそこのまま不可抗力で閉じ込められたら、ゆっくり西表に滞在しようとも思いましたが、まだ台風は990hPaくらいで低気圧並み。とりあえず石垣に早めに移動することにしました。何しろテレビは3つしかチャンネルはない、そのチャンネルもゴースト入りまくり、インターネットどころか携帯電話もホテルの半分くらいは圏外、いやあ素晴らしいところです(これは嫌味なく本当にそう思っている)。

翌朝はこんな感じ。

Dscf2737

立派な台風雲ですねえ。海も荒れているようです。            

                     

                         

                                   

                       

                            

                        

                         

                        

                    

で、結局上原港からは欠航となり、大原港に行くことに。島の主要道にはフェリー会社のバスが巡回していて、出航時間に合わせてきてくれます。で、ホテルの人に確認して、「自分の乗るフェリー会社のバスが名前入りで来ますから、それに乗ってください」といわれ、バス停で待っていました。    

                                      

バスが来ない......。                                             

                                                        

おかしい、おかしい。全然来ないぞ。もう予定時間は15分も過ぎている。どうしたんだろう?と思いフェリー会社に連絡してみると、

「あー、済みませんねえ、一台バスを車検に出してて、会社名の無いワンボックスカーで回ったんですがわかりませんでした?」                                  

                                                              

わかるかあ!                                            

                                                          

んなもん普通の車見て分かるわけもなく、結局ホテルで少し時間を調整して、その次のバスに乗れた次第。

今回、西表で分かった教訓は以下の通りです。   

1.船は石垣から上原港と大原港の二つに運行しているが、上原港は北風の影響が大き いので欠航しやすい。バスは主要な所を無料で回ってくれるので、大原港を使った方がよい。

2.今回は星砂の浜というところでシュノーケルしましたが、浅いが波がかなり早い。子供は気をつけたほうが良いと思う。なお、中年男子が一人で星の砂を捜すのも不気味なので、自重した方がいいと思う。

3.天候の変化が激しく、特に今回の台風は地元の人も「発生の仕方がおかしい」と言っているほど。余裕を持たないと閉じ込められる危険性大(閉じ込められたい人は別)。

4.西表内は公共バスは期待できない(本数が少なすぎる)。上原港だとタクシーもいないので、その辺りは覚悟しておくべき。 

5.「三日船が来ないとスーパーには物資が無くなる」という話を聞いた。だからどうしたものでもないが、そういうところだと言うことはどこか気に止めておいた方がよいかも。   

特に今回の台風、先島諸島の少し東でいきなり発生した上、ドンドン勢力が強くなりました。石垣に移動しても、「いやあこんなでき方は知らないし、実は昨日まで台風が出来たこと知らなかったんですよ」と言われました。これもどうも海水温上昇の影響みたいですね。

今回は消化不良でしたが、また西表に行きたいですねえ。バスの運転手さん曰く、「西表って信号が一つ、警官が3人、海に囲まれてるから魚屋が無くてね、誰かから貰うか釣竿背負って晩飯取りに行くわけですよ。いやあ良い所だよ、そりゃ何もないし収入も無いけどね、ガハハハ」というところだそうで、今度は山にでも入ってみるか....。

と、他人事のようにも言えず、更に旅行の混乱は続くわけです......。 最後に、今西表では交通事故強化期間です。なんか、良いですよね。

Dscf2742                                                                                                

|

« 嵐の沖縄漂流旅行(西表バカンス編) | トップページ | 嵐の沖縄漂流旅行(台風12号直撃編その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/16532569

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐の沖縄漂流旅行(台風12号直撃編その1):

« 嵐の沖縄漂流旅行(西表バカンス編) | トップページ | 嵐の沖縄漂流旅行(台風12号直撃編その2) »