« 更に淋しく、大学の消滅 | トップページ | ベテランの起用は? »

2007年10月17日 (水)

「新人」(筋肉少女帯)

突然ですが、バンドの再結成って何ですかね?それで以前より良いもの出していますか?金ですか?人気ですか?追っかけですか?しっかりしてください(って誰に?)。

正直、解散以前よりクオリティーの高いものを出しているのは一握りでしょう。ですから個人的には「再結成」っていうのはあんまり興味がありません。                      

                                                            

                                                          ところが........                                                   

                                                        

                                                            

新人

「新人」

                                                          

                                                      

な、何なんですかこのアルバムはああああああ!

初っ端のエディー三柴によるピアノ独奏に続き、オーケンの「OK!OK!」から始まる「仲直りのテーマ」に始まり、最後に収録の自虐曲である「新人バンドのテーマ」まで、良すぎるじゃあないっすか!まあ歌詞の毒が減っているのは恐らくオーケンが躁状態だからだとして、楽曲の出来が素晴らしい、と思いますです。個人的ヒットは「ビバノンノン」、詳しくは聴いてみてください。

特に「トリフィドの~」なんて、恐らく昔の曲に並んでも盛り上がりは同じでしょう。そう、再結成って結局昔の曲を聴きに行くところがあるんですけど、このアルバムはその昔の曲に入っても全然地味にならないと思いますな。

あとは、「スラッシュ禅問答」と並ぶドコドコ系の「ヘドバン発電所」、ドラムのグルーヴが半端じゃない「愛を撃ち殺せ!」(このメロディーは「再殺部隊」に似てるけどね)、エディーのピアノが泣ける「Guru 最終形」など、捨て曲が無いです。おいちゃんの作曲能力、実は何気に上手くなっているオーケンのVo、言わずもがなの橘高の泣きメロとピッキングハーモニクス、ウッチーの極悪歪みB、いや、本当に上手いわこのバンド。

ただ、問題が無いわけじゃなくて、個人的にこの歪んだドラムの音ってなんとかならんかったんでしょうかね?Dead End時代からファンである湊のドラムも、もう少しすっきりした音で生きてくると思うんですがね。予算が足りなかったか?太田明の不在は大きいかも知れないですねえ、彼ならスゥイング感と重さが両立していますから。

成功かどうかは別にして、これだけの水準でアルバムを出されちゃあ文句も言えない再結成。やっぱりもう一度やるってんだったらこの程度はやってもらわなくちゃだーめだめだめですねえダメ人間ですかそうですか。

だめだめな状態の今日この頃、一服の清涼剤ですなあ。

|

« 更に淋しく、大学の消滅 | トップページ | ベテランの起用は? »

コメント

ジャケット、めちゃめちゃカッコいいですやん!昔だったらジャケ買いしていたかも?(今はしないのか?)デザインは誰が手がけたんだろう?

タイトルは「新人」かぁ~「謙虚」と言うよりは彼ららしい「自信」と「挑戦」を感じますね。

実は筋少は「SISTER STRAWBERRY」しか聴いていないので、これ聴いてみようかなぁ?

投稿: SINSEI | 2007年10月20日 (土) 19時07分

Sinseiさん、

これ、良いですよ~。シスターストロベリーの頃とはまた違う余裕があって、解散前後期筋少の感じですな。

まああのシスターストロベリーのエディー三柴とジェットフィンガー横関のバトルは凄すぎですけど。

投稿: ドイツ特派員 | 2007年10月21日 (日) 22時40分

おおっと、ついにアップですね、ありがとうございます!再結成による新作ってのは危険な要素がたっぷりなのが常ですが、今作は過去の美味しい部分と、フレッシュさ、ベテランならではの上手さが巧みにブレンドされてて非常に良い仕上がりかなと。安心して聴けながらスリリングさも兼ね備えているという。しかし、橘高は良い音出しますねえ。

投稿: sorapapa | 2007年10月22日 (月) 22時49分

「新人」クウォリティめちゃくちゃ高いですよね?!
ライブの方も、約1年前(もうそんなに経つのか…)の復活ライブの頃より、
明らかに上手くなってますよ。
いまどき、演奏技術で勝負できる、数少ないバンドだと思います。
しかし、おっしゃるとおり太田明の穴は大きいです…

投稿: waka | 2007年10月22日 (月) 23時30分

Sorapapaさん、既にヘビーローテです、「新人」。

そう、再結成で代表曲になる曲があるバンドがありますかね?実は過去の筋少のアルバムと比べても、一番捨て曲がないんじゃないでしょうか。

一年振りのライブ、こりゃ楽しみですねえ。

投稿: ドイツ特派員 | 2007年10月24日 (水) 22時55分

Wakaさん、

ほんと、「大槻・橘高仲直りライブ」→「再結成ライブ」→「新人」と一直線に演奏力が上がってますもんね。特に橘高、正直最初の仲直りDVDでは結構キメのフレーズ間違えたり弾き切れていなかったりしたんですが、切れ切れ状態ですからね、今。

残念なのはやはり太田明のドラムワークが聞けないこと。もう少し待ちましょう。

投稿: ドイツ特派員 | 2007年10月24日 (水) 22時58分

これは良かったねぇ〜、感動でしたもん。おかげで今筋少ブームっす(笑)。

投稿: フレ | 2007年10月25日 (木) 00時21分

フレさん、TBどうもありがとうです。

私も今はこいつがヘビーローテになってます。もしかして過去の筋少でも相当上位のアルバムでは?うーん、ライブ行きたいっすねえ。

投稿: ドイツ特派員 | 2007年10月26日 (金) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/16791326

この記事へのトラックバック一覧です: 「新人」(筋肉少女帯):

» 筋肉少女帯 - 新人 [ロック好きの行き着く先は…]
GOLDEN☆BEST  「筋肉少女帯」の名前を知ったのは多分まだ彼等がインディーズでライブハウスをやってる時代の頃、まぁ、言うならばアマチュアに毛が生えた頃に何かの雑誌で知ったのだと思う。インディーズという... [続きを読む]

受信: 2007年10月25日 (木) 00時22分

« 更に淋しく、大学の消滅 | トップページ | ベテランの起用は? »