« 何でこんな録音日記を始めたか? | トップページ | 不安に押しつぶされそうな日々 »

2007年10月 2日 (火)

タイ・三菱商事の話(サンデープロジェクト)

明日からアメリカ、夢はアメリカ(by子供バンド).....んなわきゃあない!

単身赴任とは言え、こうやってちょこちょこ帰ってきてはいるんですが、まだ気分が慣れて無いですねえ。工場の作業着がまるで七五三みたい、という声もあります。

で、話は全く脈絡なく、日曜日に見た「サンデープロジェクト」でのお話。財部誠一氏が、色々と復活した企業を取り上げているんですが、今回は三菱商事タイでの、自動車事業の話でした。要は、「地元の文化に入り込み、日本の自動車(いすゞ)をその文化の一部として事業を進める」ってな感じで、その一環である自動車会社主催の小学生ダンスコンテストをやっていました。まあダンスコンテストは良いんですがね、その中で、出てきた小学生が車の絵を掲げて踊りながら、

「いすゞの車は世界一!」

というフレーズを入れているんですね。                                     

 

き、気持ちわりいよお......。                       

 

当然番組としては、「ここまで地域に密着したいすゞー三菱」という流れで賞賛するわけなんですが、それが文化浸透、と言えますかね?私は正直、「Give me chocolate!」に似た媚びを感じて、どうしようもなく不快になってしまいました。何でダンスコンテストに一企業の名前を入れなきゃいけないの?それは、色々な景品のスポンサーが誰か?ということが分かっていて、そこに媚びているんじゃないんでしょうか?また、もしかするとそうすることで「車が安くなるかも...」という気持ちもあるんじゃないですか?

想像してください、例えば朝日新聞主催の高校野球での選手宣誓で、

「我々は、まず朝日新聞の公平な報道に感謝し....」

などとやったらどうなるか?また、Jリーグの地域密着における企業名外しはどうなのか、やはりそこに特定の企業への視線があるのはおかしいんじゃないか、と思うわけです。しかもそれが小学生だという事実は、もう少し考えてもいいんじゃないですかね?

もっと裏からの支援やったら?といったら車は売れないんだろうなあ....。

|

« 何でこんな録音日記を始めたか? | トップページ | 不安に押しつぶされそうな日々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/16643759

この記事へのトラックバック一覧です: タイ・三菱商事の話(サンデープロジェクト):

« 何でこんな録音日記を始めたか? | トップページ | 不安に押しつぶされそうな日々 »