« ギター好きの皆様に自慢です(小川銀次12枚組) | トップページ | 「Fire Fire」(EZO) »

2008年1月12日 (土)

「Get Away」(横関敦)

以前も少し触れたことがある、横関敦の「Get Away」です。これ、廃盤でジャケットがありません。

Dscf0957   

元々は、「Jet Finger」と「Get Away」という二つのミニアルバムでしたが、それをCD化して一枚にしたものです。今は相当なレア盤かもしれません。

順番としては、後から出た「Get Away」が先で、先に出た「Jet Finger」が後に収録されています。前半4曲は元Hellenの今越能人をVoにした曲、後半はインスト3曲にVo入り1曲です。

このアルバムが興味深いのは、元々凄腕だった横関の成長が凄く良く分かること。例えば、M5になる「Jet Finger~Fox Glove」から、M2の「On the Border」を聞き比べれば、チョーキングの安定感、フレーズの明確さ、音の使い方など格段にM2が勝っているのが良く分かると思います。とは言え、じゃあ最初の「Jet Finger」がどうだったか、といえば、その早弾きたるや凄まじいレベルで、この時点で速さだけなら日本最速、世界でも全然遜色ない水準です。多分この二枚のミニアルバムの間は、相当な練習を重ねたんだと思います。

曲は当時のジャパメタの典型であるのが「Jet Finger」側の後半です。音はまだまだチープで、最後のVoはどうしようもないレベル。それに引き換え、前半は整理された感じで、音楽もごり押しではないその後の横関を少し連想されるポップさがあるものです。今能のVoも、凄い!とは言えないまでも良い!とはいえるんじゃないかな?

で、この後筋肉少女帯に加入して、名作「Sister Strawberry」に続き、三柴理とのコラボが始まるわけですなあ。

|

« ギター好きの皆様に自慢です(小川銀次12枚組) | トップページ | 「Fire Fire」(EZO) »

コメント

出ましたね、超レア盤(笑)ようやく反則技で音だけはGETしました。1st、2nd共にヴォーカル曲を収録していたのが意外でしたね。どうもジャパメタ系の歌い方がなかなかしっくりこなくて・・・(笑)でもこのCD僕の高校時代に取り寄せを頼んでもすでにメーカー製造中止で入荷なしだったんで、相当貴重だと思います。LPよりも断然高価ですよ、きっと。
3rdのブリリアント~はスゴク好きでした。今でもたまに引っ張り出して聴いてますよ。

投稿: sorapapa | 2008年1月14日 (月) 13時23分

Sorapapaさん、

横関フリークとしては、その後のアルバムの方が重要なんですが、これはこれで結構好きだったりします。飯に困った時には何とか買ってください。お願いします。

投稿: ドイツ特派員 | 2008年1月14日 (月) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/17669631

この記事へのトラックバック一覧です: 「Get Away」(横関敦):

« ギター好きの皆様に自慢です(小川銀次12枚組) | トップページ | 「Fire Fire」(EZO) »