« 台湾です | トップページ | ギター好きの皆様に自慢です(小川銀次12枚組) »

2008年1月 9日 (水)

X-Rayのベストアルバム

最近ジャパメタでしてね。

何でBurrn!にあんなに無視されていたのか?それでも当時はMetallion Japanという別冊も出てたんですがね、基本は無視。その後もSiam Shade辺りも無視、無視、無視。

で、そんな無視は許せん、当時無視された音楽をもう一度掘り起こすこの新しいカテゴリーという、「何、肩肘張ってんだ?」という企画です。で、お題はこれ。

X-RAY TWIN VERY BEST COLLECTIONX-RAY TWIN VERY BEST COLLECTIONII

この二枚組み二組でほぼ全てのX-Ray音源が分かるという涙物のベスト。

X-Rayは、当時10代だった(実は年齢詐称疑惑もある)湯浅晋の才気だったGに注目が集まっていましたが、今改めて「上手い、いいバンドだな」と思います。湯浅のGは多少音が細いものの、テクは素晴らしく何より泣きの加減がいいですなあ。当時は何かキャンキャンした感じで聞いていた藤本朗のVoも、適度に日本人コブシがあって、何よりライブが良い(録り直しってことないよね?)。ライブでここまで歌えるVoはそんなにいないです。

楽曲は、実は藤本自身が言っているように、「1stとその後」に分かれてしまいます。1stはラウドネス辺りを思いっきり意識したブリティッシュ寄りなんですが、その後はアメリカン要素を適度に入れていった湿り気のあるポップさ。言ってしまえば日本っぽい曲ですが、その中でもこんな曲は聴いて欲しいですねえ。

Back to the Wall...オズマことBの臼井作曲。変則なバスドラが中々勢いがあって、元気が出る曲ですね。                                              ・Last Show Time...アンセム的な曲。メジャーキーですがなんとも切ない感じが良いですな。                                                       ・Don't Lie, Don't Touch...湯浅のベストソロじゃないかな?ある種ジョージリンチのような気合の泣きGが素晴らしい。                                           ・Man In Black...当時のジャパメタバンドが必ず一曲は入れる疾走形ナンバー。これもGソロは泣く泣く。

で、しつこくも私がベストソングにするのは、元はミニアルバム「Outsider」に入っていた、「Lady Ray」しかないっす。この曲を最初に聴いたときは、「あ、X-Ray化けやがった...」と思いましたもん。何なんだろうこの哀感は?この頃の湯浅のフレーズは、恐らくスティーブルカサーの影響が一番大きいと思いますが、実はこの曲はオズマ臼井の作曲。臼井も言ってますが、この「Outsider」がフルアルバムだったら....。

あと、リズムのロジャー高橋のバスドラは非常に個性的で、その後例えば全く畑違いの石田長生のアルバムでも、彼のドラムはすぐ分かる。

こんなバンドがゴロゴロしていた80年代中盤っていうのは、HM好きには天国だったんですなあ。

このベストにフル収録されているファイナルライブ、Burrn!では酷評されていました。確かに音は良くないけど、なんでそんなに貶されるのか?私にはさっぱり分からない。

さて、また単身赴任か....。

追)このまえ「イカ天」を見ていて思い出したX-Rayネタ。あの番組は「アマチュア」という基準だったはずなんですが、実は「レジスタンス」というバンドのDrは何を隠そうロジャー高橋だったんですね。当時私は直ぐに分かったんですが、こんなことを20年近くも覚えている私もどうしたものかと....。

|

« 台湾です | トップページ | ギター好きの皆様に自慢です(小川銀次12枚組) »

コメント

こんばんわ~。「レジスタンス」懐かしいですねぇ~。ミニCDみたいなの持ってます。HMというよりはファンクのりのR&Rっていう感じで結構好きでしたよ。

おお、確かにクレジットのところに(正式なレジスタンスのメンバーではないみたいですが)

Additional Musician
KAZUHISA `Rodger` TAKAHASHI : Drums

って、なってますね。

X-Rayはほとんど聴いていなかったので全然気づかなかった。「レジスタンス」って関東のバンドだと(勝手に)思い込んでいましたが(関西のバンド?)、何気につながりがあるんですね。

(イカ天ネタだと「マルコシャス・バンプ」も結構好きでしたね~)

投稿: SINSEI | 2008年1月13日 (日) 23時06分

Sinseiさん、

レジスタンスのネタを覚えている私も私ですが、そのミニCDを持っているSinseiさんも中々。やっぱり記憶どおりでしたか。

レジスタンスが関東か関西かは分からないんですが、X-Rayは関東でブリザードのRanがやっていたバンドが同名でありました。が、内容は全然知らないです。

マルコシアスバンプは良いですねえ。もうあのBはジャックブルースそのまんま。ギブソンのEBで指弾きぶりぶりですから、マネできません。実は以前少しコントラバスをやっていたことがあって、その頃ベースの指弾きも少しやったんですが、やっぱり難しいですよ。

で、Sinseiさんは指?ピック?

投稿: ドイツ特派員 | 2008年1月13日 (日) 23時29分

ドイツ特派員さん、どもです。

東京 X-Rayはもちろん知ってますよ~。でもSINSEIも音は聴いたことがないです。。。(つーか、ドイツ特派員さん、Ranのソロアルバム持っているんですよね?うらやますぃ~)

>実は以前少しコントラバスをやっていたことがあって、

マジっすか?何でもやるんですね!コントラバスってオーケストラのあのデカイ奴でしょ?

>で、Sinseiさんは指?ピック?

おっとっと、、、どっちつかずかなぁ~、、、f(^^;)
(ちなみにSINSEIはベース下手糞ですよ、、、冷汗)

投稿: SINSEI | 2008年1月14日 (月) 03時42分

Sinseiさん、

>コントラバス
いや、ギタークラブの合奏で何故かコントラバス担当になったんですよ。その後も合奏はいつもバス担当。これが練習が難しい、だって何弾いてるか分からないもんで。ベースの人を尊敬することしきり。

どっちつかずは「どっちもOKだぜベイビー」と読み直すことにします(にやり)。

投稿: ドイツ特派員 | 2008年1月14日 (月) 16時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/17635075

この記事へのトラックバック一覧です: X-Rayのベストアルバム:

« 台湾です | トップページ | ギター好きの皆様に自慢です(小川銀次12枚組) »