« 申し訳ない | トップページ | やっと帰国 »

2008年4月 6日 (日)

仕事と相性

Madam Reyを購入するという羞恥プレーをやらかしてしまった訳ですが、別に会社でうまく行っていないからそっちの世界に行ってしまったわけではありません。そうは行っても嬉しいこともあるわけです。

実は営業であるお客さんに行ったんですが、そこのお客さんとは何故か波長が合うというか、上手く会話が行くんですね。ところがその方とはこの4年で通算5回か6回しか会っていない。なのに色々と情報も出して頂けるし、何より非常に気持ちが良い。

で、その会社関係の人から、「Aさん(その相手の方)はあなたのことを気に入っていて、『あの人ならいつでも話を聴くよ』と言ってますよ」という話を聞きました。

こういう話をほんのたまにでも聞くことができれば、営業は何とか続けられるんですよ。営業のよすがと言ってもいいでしょう。

このことで少し思ったことは、

「仕事に片思いはない」

例えば、会社でもお客さんでも、「この人は良いな」と思う人は恐らく相手もこちら側に対してそういう印象・気持ちを持っているはず。上司で、「この人の話は聞きたい」と思う上司は恐らく「こいつには話をしたい」と思っているはず。

とすれば、元々そりの合わない人とはどうしようもない、という結論にもなりますな。もう一つ思ったことは、

「第一印象が覆るのは難しい」

自分のことを考えれば、最初に印象の悪い・そりが合いそうにない人とは、結局そりが合わないということが殆どですね。

あとは、そりの合う人を増やしていくしかないでしょうね。あ、これは厳しいことを言う人が嫌、ということではないです。優しい事ばかり言っている人でも駄目な人は駄目です。立場で話す人、一貫していない人、自分の利益だけの人、は絶対に駄目。

ああ、結局駄目な私に戻ってきましたなあ......。

|

« 申し訳ない | トップページ | やっと帰国 »

コメント

いやぁ〜、大変身に染みてよくわかるお話…。人、難しいっ!などと最近ヤケに骨身に染みるのでした♪

投稿: フレ | 2008年4月 6日 (日) 23時19分

 う~ん…何だかよく分かりますよ。私も似たようなこと、いっぱいあります。ヘタすると会社の身内の人の方がずっと分からんちんで冷酷なことありますからね。社外の人の方がずっと優しくて、自分のことを分かってくれてるなぁと思うこと多いです。

 不思議ですよね。最初の1、2回で何となく話の合う人は不思議とこっちがゴマをするでもないのに、何となく仕事もうまく行く。成果も出る。合わないなぁ、と思う人とはいくらこっちが真面目に通ってもうまく行きません。
 社内でも同じ。ウマの合わない上司、後輩とはどんなに些細なことでもうまく行かない。ホンのちょっとした言動にイライラする。

 後輩には「利害関係の対立しない社内の人でもそうなんだから、ましてや利害関係の対立する仕事先の人と合わなくてもくよくよするな」とたまに言いますね。

投稿: しまうま | 2008年4月 7日 (月) 12時44分

特派員さん、
どもどもお疲れ様です~。
おっ!偶然ですねぇ~、私も先日2社の材料屋の営業さんとお会いする機会がありました。

一言で言うとお二人は正反対の営業スタイルでして、
残念ながら、受けた印象とShareした情報も雲泥の差でした(苦笑)

二人目の方は、うちのサポートを得たかったようでしたが、
そもそもお客が決めることだし、筋違いな上に立ち入った質問ばかりするので同席した者がムッとするほどでした。

帰りに思わず「同じ営業だから分からないでも無いけど、もっと上手くやりましょうよ」と言ってしまいました。。。

反面教師として距離感があるうちからダイレクトなアプローチは避けた方が良いなと改めて感じました^^;

投稿: ちゅーざい | 2008年4月10日 (木) 08時13分

フレさん、

そうですか、心に染みるは演歌ですな(?)。立ち直るのに時間が掛かりますなあ。

投稿: ドイツ特派員 | 2008年4月12日 (土) 21時47分

しまうまさん、

全く仰るとおり。ところが面白いのは、こういう関係って利害関係が対立してもそれで崩れないんですね。「あの件は折り合わなかったけどそれはしょうがないですね」という雰囲気で続くんですよ。ところが、ソリが合わないとその利害関係までも行けなかったりします。

社内っていうのは、逃げられない分難しいですねえ。

投稿: ドイツ特派員 | 2008年4月12日 (土) 21時49分

ちゅーざいさん、

営業の方の気持ちは何となく分からないではないですね。恐らく色々と焦っていて、「何とかしたい」という思いが空回りしているんじゃないかな?と思います。

とは言え、営業っていうのはGive and a Little Takeですから、最初から果実を期待しちゃ駄目ですなあ。

さて、オフ会ですね。私も材料屋ですが、恐らくちゅーざいさんの所とはあまり関係ないので、生臭い話はないと思います。

投稿: ドイツ特派員 | 2008年4月12日 (土) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/40794518

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事と相性:

« 申し訳ない | トップページ | やっと帰国 »