« 入院につきまして若干の補足 | トップページ | 沖縄に行きたい »

2008年7月 7日 (月)

これからのビジネス

先日異業種交流会の合宿に行っていまして、ある会社の偉いさんから講義を受けていました。守秘義務ありなので細かなことは言えないんですが、一言で言えば、

「どんどん世の中を便利なことをしないといけないので、ビジネスチャンスは無限にある」

ということですね。                                               

                                                         

それで良いんだろうか?                                           

                                                        

人間は、いつも環境を自分たちの良いように変えて生き延びてきましたが、これは生物界では有り得ない行為です。普通は環境に体を合わせていくもので、その合わせが環境より遅ければ、その種は滅びる運命な訳です。

もう環境を変えて生きるのは限界じゃないですかね?それが温暖化だったりするわけです。確かに温暖化の影響はまだ分からない、という意見もありますが、既に二酸化炭素量は確かここ200年で40ppmくらい増えているのは分かっているわけで、もうかなり地球環境が変わっているのは確かなわけです。

これ以上の便利さって必要ですか?例えば、辛いけれど自動車の私有などは制限が必要になるかも知れません。パソコンも逆に共用することになるかも知れないし、風呂に入るのも制限が出るかも知れない。テレビを一家で複数持つなどもってのほかになる可能性もあるし、CDはデータ以外は持てなくなるかもしれない。

そういう意味では資本主義自体も行き詰るかも知れないですね。いや、行き詰らないけれど結局それはレミングの行進で、人間の緩やかな自殺でしかないのかも知れません。

何となくですが、人間という種の終焉は意外なほど近いんじゃないか、と思っています。あと1000年持つかどうかだったりして。このままだと環境変化についていけず滅びるんじゃないか?

それでも、そのビジネスで悶々と悩むわけですよ。                                                 

|

« 入院につきまして若干の補足 | トップページ | 沖縄に行きたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/41758426

この記事へのトラックバック一覧です: これからのビジネス:

« 入院につきまして若干の補足 | トップページ | 沖縄に行きたい »