« 倉敷チボリ公園閉鎖に思う | トップページ | 今、台湾です »

2008年8月19日 (火)

精神力じゃなく技術(五輪代表)

サッカー五輪の男子、惨敗でしたね。

私、仕事やら何やらでまともに見ることが出来たのはナイジェリア戦くらい。まあ元々非常に厳しいグループだったのは分かっていたんで、冷静に考えれば予選突破は難しいんですがね。

サッカーダイジェストもサッカーマガジンも特に本田圭祐への批判が凄いですね。ここまで名指しなのはちょっと珍しい。まあ、湯浅健二氏のサッカーコラムでもそうですが、私は寧ろ梶山陽平のへんちくりんなヒールパスとか安易な一対一が気になりました。

で、こうなるとよく「精神力が」とか「プロの姿勢が」とかいう話が出がちですが、私はそうは思わない。

要は技術がない

ということに尽きるんじゃないですかね?精神力というのは例えばブラジル対アルゼンチンとか、イタリア対オランダとか、日本対韓国ということで発揮されるもので、それも技術の裏打ちがしっかりあってのもの。もし精神性から入るのであれば座禅をすりゃいいわけで(でもないか)、あくまで技術を会得するために付随する精神性じゃないと、順番がおかしくなってしまう。

見も蓋もなく言ってしまえば、いくら精神力があったって、能力がなければ何も起すことは出来ないし、圧倒的な能力を持とうとするために必要なのが意思であり精神力だと思うんです。湯浅氏が言っている「才能系」と分類した本田や梶山にしたって、国際水準からすれば大したことはない。

少し離れますが、ある日本人音楽家が日本で教わっている時、「感情を考えて」「情景は何か」ということを言われてきたそうです。ところが、イタリアかどっかに留学して何をやったかといえば、技術と理論だそうで、もうそればっかりなんだそうです。そりゃそうだよな、話すということ一つ取ったって、言葉の使い方・語彙が不十分で伝えられるのはジョンレノンくらいの天才以外にはいないわけですからね。

で、与太話ついでに、この日曜に川崎対磐田のJリーグ観戦でした。

Dscf3730

川崎の応援って、ブーイングが少なくて、何と言うか「励まし系」の声援が多いですねえ。

Dscf3741

こんな感じで結構のどかなところもあります。が、移籍騒動で結局残留した我那覇のサブコールには一段大きな声援が。

うーん、Jも目が離せないなあ。

|

« 倉敷チボリ公園閉鎖に思う | トップページ | 今、台湾です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/42217316

この記事へのトラックバック一覧です: 精神力じゃなく技術(五輪代表):

« 倉敷チボリ公園閉鎖に思う | トップページ | 今、台湾です »