« 芳醇な音楽「The Tall Ships」(It bites) | トップページ | いきなりですが »

2008年11月19日 (水)

ありそうでないパワーメタル「Beyond the end of Despair...」(Galneryus)

40超えてパワーメタルで悪いか?好きなもんは好きなんじゃ!じゃあの←これは竹原慎二風

ま、何歳でも好きなもんはしょうがない。ということで、恐らくかなりの中年には失笑を買うかもしれないCDですが....。

Beyond the end to despair...

はい、Galneryusの「Beyond the end of Despair...」です。今ジャパメタで一番実力があるメタルバンドの一つでしょう。以前からGのSyuが実力派だ、ということを聴いていましたから、とにかくどれでもいいや、ということでこの3rdを聴いてみました。

これ、かなり個性的だぞ。

とにかくYama-BのVoが非常に個性的。これ以前のアルバムは聴いていないので何ともいえませんが、このアルバムでは、中低域にパワーを持たせたVoです。大体こういうメロスピ系だとハイトーンで押してくるんですが、野太い声で来るのは結構珍しいんじゃないかな?とはいえ、絶対的な音程は決して低くは無くて、結構広い音程で歌っていますね。で、歌自体も上手いですよ。で、全体もどっしり作っているので、良くあるゲーム音楽的な軽さとは無縁ですな。何というか、「雄々しさ」を前面に出している歌ですなあ。

演奏力は素晴らしい。やはりSyuのGが目立っていますが、マイケルアモット的なワウの音がくびれまくりですな。「Heavy curse」などはZakk Wylde張りの極悪ピッキングハーモニックスがまたかっこよくてですなあ。メロディーはある意味ジャパメタの典型かも知れませんが、実はこのくらい泣かせたりポップになったりした方が好み。だって海外のパワーメタル~メロスピ系って、「もう一回泣きを入れろよ!」と言うところで入れなかったりするんで、結構欲求不満になったりするんですね。

で、ここまで書いておいて一番好きなのがえらくポップな「In the cage」だったりするメタルヘッドなんだか軟弱なんだか...という選択になるんですね。このソロは白眉!ハイテクでポップなGソロのお手本かも知れません。ていうか、こんなの弾けないです....。

その他の疾走チューンである「Shriek of the vengence」「The last Farewell」「Braving Flag」なども臭さと泣きが私には絶妙。ただ、かなり指摘されているように「Shriek~」のサビは確信犯か無意識か....。ま、このバックに乗るというのも凄いですが。

パワーメタル~メロスピとしてはものすごく高品質だと思いますね。

|

« 芳醇な音楽「The Tall Ships」(It bites) | トップページ | いきなりですが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/43158626

この記事へのトラックバック一覧です: ありそうでないパワーメタル「Beyond the end of Despair...」(Galneryus):

« 芳醇な音楽「The Tall Ships」(It bites) | トップページ | いきなりですが »