« ありそうでないパワーメタル「Beyond the end of Despair...」(Galneryus) | トップページ | ネットという武器 »

2008年11月19日 (水)

いきなりですが

転職します!

既に40を超え、来年には四捨五入で50になるこの立派な中年、周りからは「何トチ狂ったことやってんだ?」「馬鹿じゃねえの?」「浮浪者にでもなるんじゃないか?」「心でも病んだのか?」と散々な言われ方をされております。正直、こんな「コネなし、資格・スキルなし」な中年が転職できるなどとは(そういう活動をやっていながらも)思っていなかったことがあり、自分でこの行動に少しビックリしているところもあります。

経緯は書くと長いんですが、今の職場でじゃあどこまで将来がはっきりしているよ?という疑問が最近付いて回っていたこと、この話が合った時、もうこれが環境を変える最後のチャンスだと思ったことが大きいですね。

そりゃ悩みましたね。まず大体にして初めての転職であることから、何も勝手が分からないということで右往左往。かなり無理繰りな引き止め工作もありましたし、将来はどちらが良いかも分からない。ちなみに現職より小さな会社に変わるんですが、大きけりゃいいってもんでもないが、小さいのも不安という揺れる気持ちでここ数ヶ月過ごしていました。人生で一番悩んだかも知れない。実は結構誤解されているんですが、私って非常に小心者なんですね。結構うじうじ君だし、実は冒険はあまり出来ない性格なんです。

今まで、人生の岐路でもあまり選択をしない状況で進んできました。大学は一つしか受けていない、一社しか内定がない中での入社、妻以外に付き合ったことがない....というあくまで選択肢がないなかでの選択をしていたわけです。

最後の最後、「動かず後悔するより動いて後悔する方が良い」ということを決め手に決断したわけです。

こういう決断をして、色々と自分のことを見直したり、色々な人から励まされたり惜しんでもらったり....と、今まで見えなかったものが見えるような気がします。

とはいえ、

ここはあくまで開始地点にたっただけであり、これから本当に「この決断が良かったのか?」という評価が下される訳です。良い決断にするためにこれからまた色々なことをする必要があるわけですね。

転職本などを読んでいると、必ず「転職して良かったのか?」と思うフラッシュバックが起きるんだそうです。それを乗り越えて初めて「ま、良かったんじゃないの」というところへ行く権利が出来ているんでしょう。

とはいえ、将来に備えて現会社の「離職者再雇用制度」のHPをブックマークしている小心な私が居たりしますが....。

|

« ありそうでないパワーメタル「Beyond the end of Despair...」(Galneryus) | トップページ | ネットという武器 »

コメント

ご無沙汰しております。
思い切りましたね。
私も今の会社に転職して5年少々経ちます。
やっぱ、どこまで我慢出来るかと言うのが、行動に移す基準になっちゃうんでしょうね。
これはドイツさんなりの摂理と捉えて深く考えないことが一番だと思いますよ。
すこし外から自分を眺めてみる良い機会になると思います。
私自身もそうでしたから。
流れに乗るのも悪くないことだとと思います。
ちなみに、転職本ほどアテに成らないものは御座いません。

投稿: elmar35 | 2008年11月19日 (水) 23時04分

elmar35さん、

転職本、私は転職を決めてから読みました(なんじゃそりゃ?)。結局転職本というのは、著者の経験でしかないので、参考になる部分はあっても全体を語ることは出来ないはずなんですよね。

実はそんなに無茶苦茶に厳しい活動はしていないんですね。ですからそのまま流れに乗った、というのはその通りです。我慢の臨界点と行動というのはものすごく良くわかります。

これが私の人生の流れである、と考えて、とにかく前向きに進めたいと思っています。

投稿: ドイツ特派員 | 2008年11月19日 (水) 23時27分

私も転職して4年になりますが、私の場合、ある意味畑違い?の転職だったんで、転職を決めた後もけっこう悩みました(しかも、未経験ということで蹴られまくり!!)。まあ、結果的にはよかったと思っていますが・・・

転職本・・・ いっさい読みませんでした(^^; 基本的に個人の資質や属する企業によるところが多いわけで、一括りにできるようなものでもないですからね~。

自分で決めた流れが、自然な流れに成るんだと思います。分岐点を過ぎたら、あとは流されるだけですから・・・ 

ε=ε=┏( ・・)┛

投稿: 夜猫子 | 2008年11月20日 (木) 08時00分

私には転職のことは分かりませんが、これからのドイツ特派員さんの人生が楽に幸せに実り多きものに(どこまでいくのか・・・・)になることをお祈りします。

そういや今年は次男君の受験じゃなかったすか?
思い切ったね。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

投稿: kyuuri | 2008年11月21日 (金) 19時36分

うわっ!驚いた。フーの余韻から覚めぬウチにアルコールまみれの毎日を過ごして久々にネット見た中で一番驚いた。決心、って難しいと思います。が、素晴らしい決断ですね。応援します。

投稿: フレ | 2008年11月21日 (金) 21時19分

こんにちは

転職おめでとうございます。これからいろいろと悩まれることと思いますが、きっと今まで見えなかったものが見えてきたりと、いろいろな発見があると思います。私はあまり背負っているものがないので立派なことは言えないですが(^^;
いつでも応援しています(^^)

投稿: 240@s | 2008年11月22日 (土) 17時15分

夜猫子さん、

どうもありがとう御座います。確かに、ああいうハウツー本っていうのは、少数の事例をいかにも一般的なこととして紹介しますからねえ。眉に唾してということになりますね。

そう、あとは流れに身を任せることですかねえ。

投稿: ドイツ特派員 | 2008年11月22日 (土) 21時47分

kyuuriさん、

どうもありがとう。これからが本当に勝負です。

ええ、下の子は中学受験です。それには影響させないようにやらなきゃねえ。中学入試など考えなかったんですけどねえ、お互い。

投稿: ドイツ特派員 | 2008年11月22日 (土) 21時49分

フレさん、

いやいや、The Whoのインパクトには勝てませんって。あとはロジャーダルトリーのマイクはちゃんと戻ってきますが、戻ってこなけりゃ糸の切れた凧(笑)。ちゃんと戻ってこなきゃなあ。

投稿: ドイツ特派員 | 2008年11月22日 (土) 21時52分

240@sさん、

ありがとう御座います。「応援しています...」これ以上の言葉はありません。

今回のことで色々と見直すことがありました。見直しきれたわけではないですが、良い機会だと思います。

投稿: ドイツ特派員 | 2008年11月22日 (土) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/43159119

この記事へのトラックバック一覧です: いきなりですが:

« ありそうでないパワーメタル「Beyond the end of Despair...」(Galneryus) | トップページ | ネットという武器 »