« いきなり懐かしいので、「Vandenberg」(Vandenberg) | トップページ | 本当なんだろうか... »

2008年12月31日 (水)

スーツの着こなしについて

このところ、特番ばかりでつまらんテレビですが、どうにも気になることがいくつもあります。それは発言ではなく(発言はもうあんた...という水準のものばかり)、スーツの着こなしなんですね。

・ストライプスーツにボタンダウンを着ている                               ・ダブルスーツにボタンダウンを着ている                                ・スーツなのにローファーシューズを履いている

個人的には(あくまで私の個人志向ですよ)、こういう着こなしが駄目なんですね。好みなんですが.....。もうちょっと言えば、

・革製品(靴・鞄・ベルト)の色と材質は出来るだけ合わせる                     ・靴下はロングホーズですね毛を見せない                               ・スリーピースはサスペンダー

なんていうのもありますね。例えば、ボタンダウンというのは、スポーツ服に分類される服らしいんで、完全なOn仕様のストライプ・ダブルには合わない。ちなみにボタンダウンというのは、昔のポロ競技で襟がひらひらするのを抑えるためにつけた、というのが起源らしいです。同様で言えば、ローファーは最低スーツではなくジャケットで合わせるべきかな、と。

スーツ姿っていうのは、色々と制約を持つことで決まってくる気がします。これもやりすぎると「決めすぎ君」のようになるのかも知れませんが、外すにしても元がわかってやるかどうかですね。例えば、ロングホーズなんてんいうのは、夏には結構厳しいんですが、そこはやせ我慢。ちなみに私はクールビズ全然やってません。あ、別にそれで冷房をきつくするとかは全然していませんよ。やせ我慢です、やせ我慢。

本当は駄目かも知れないのにやっているのは、ストライプスーツにストライプシャツを合わせる着かた。これは完全に自分の好みです。

で、悩んでいるのは、最近Breeのヌメ革ブリーフケースを使うんですが、どう合わせて良いかが今一歩分からないですね。

Dscf4092 Dscf4094

これ、今はカタログにはないんですが、良い感じで焼けてきています。逆に中はそのままのヌメ革の色です。まさかヌメ革の靴って訳にも行かないですし。一部では、「鞄はドレスコードからは別口で考えて良い、だから色目を他の革製品と合わせる必要はない」という声もありますが、黒と茶は出来るだけ合わせているんですね。

なんて事を悩んでいるのはまだまだ幸せな証拠なんでしょうね。

|

« いきなり懐かしいので、「Vandenberg」(Vandenberg) | トップページ | 本当なんだろうか... »

コメント

大晦日、いかがお過ごしでしょうか・・・?

>「鞄はドレスコードからは別口で考えて良い、だから色目を他の革製品と合わせる必要はない」
これには私も賛成です!! 鞄は基本的に変わらないので、鞄の色に拘束されると靴が楽しめないですからね~ 靴とベルトは合わせないとやはり・・・ という気がしますが・・・

今年はいろいろとありがとうございました。また来年も宜しくお願いいたします。

あっ 左側にあるリンクありがとうございました。いずれ私の所にもここのリンクを貼らせていただきます。

では、よいお年をお過ごしください。

投稿: yuki | 2008年12月31日 (水) 17時46分

Yukiさん、おめでとう御座います。

そうなんですね、鞄というのはそんなに持ち帰ることは出来ないですからね。とは言え、私は茶と黒の鞄を持ち替えていますが、茶色は色目まで合わせることは出来ません。

で、革の色を合わせていくと、泥沼に入っていきますのでご注意を...。

投稿: ドイツ特派員 | 2009年1月 1日 (木) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/43583641

この記事へのトラックバック一覧です: スーツの着こなしについて:

« いきなり懐かしいので、「Vandenberg」(Vandenberg) | トップページ | 本当なんだろうか... »