« 困った事態 | トップページ | 自分は何故ブログを書くのだろうか? »

2009年2月28日 (土)

本来の期待はこちら?「Life」(X.Y.Z.→A)

あー、中国から帰国です。何だか疲れますねえ。

で、昨日も飲んでいてその帰り、ずっと聞いていたのがこいつです。


二井原実がVoをやっているX.Y.Z.→Aの「Life」です。いや、先日の恒例レンタル半額で借りてきたんですがね。その他のメンバーはGが橘高文彦、Bが和佐田達彦、Drがファンキー末吉ということで、ラウドネス+筋少+爆風スランプという構成ですな。

が、一曲目の「生きるとは何だ!」からもうハイスピードメタル炸裂です。こっちもアドレナリン出まくりの曲で、良いですなあ、和みますなあ。またこういう曲だと橘高のGが踊る踊る。彼も一番の得意でしょうからねえ。イントロは一瞬「くるくる少女」かとも思いますが....。その後も、ハイパーチューンが続きますが、ハードポップといってもいい「Pure」、へヴィーな「メビウスの輪」など、メタルチューンでのバラエティーを持たせた良いアルバムだと思います。

ただ、このアルバムの肝は歌詞ですね。前向きに行こう、行こうという気持ちを乗せながら臭い歌詞を歌っている感じですな。正直、二井原って、こういう歌詞の曲が合っている気がします。ある種David Lee Roth的というか、歌詞に重きを置く方向ですね。誤解を恐れずに言えば、二井原のVoは物凄く上手い、っていうのではないと思っていて、ラウドネスでの英語の歌詞だと歌詞に気持ちが行かない(日本人だからですが)。だからこういう歌詞を聞かせようとする方向って正解だと思っています。最後の「無礼講!」なんか、今の高崎晃からは「ラウドネスのVoがやることか?」と言われそうですが、結構好きです。

橘高文彦のプレイはもう「橘高印」ですね。特に何か急ブレーキを掛けるようなあの極悪ピッキングハーモニクスは震えが来ますねえ。また、バックの爆風コンビ、もう鉄壁ですね。元々ファンク系が得意だと思いますが、んなことはなく、どう聞いたってメタルです。

個人的には、「真実はどこにある」の世界は(曲自体もですが)好きですね。

X.Y.Z.→Aって、あんまり注目されていないと思いますが、一度聞いてみてもらえれば良さが分かると思います。


|

« 困った事態 | トップページ | 自分は何故ブログを書くのだろうか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/44199643

この記事へのトラックバック一覧です: 本来の期待はこちら?「Life」(X.Y.Z.→A):

« 困った事態 | トップページ | 自分は何故ブログを書くのだろうか? »