« ドイツの凄腕、Thomas Blug | トップページ | 明日、オーストラリア戦 »

2009年2月 8日 (日)

む、難しい....

「人は苦手からは何も生まない。得意なものに特化すべきだ」by ピータードラッカー

じゃあ私のラウドネスコピーは何も生まない、ってことかい!

....と怒っても仕方がありません。えー、土日の空いた時間はひたすらLoudnessの「夢ファンタジー」をコピーしていました。

む、難しい...。本当に25年も前のプレーか?

大体ですねえ、メインリフからして一筋縄ではいかないです。これで格闘すること小一時間、バッキングについては何とか目処を立てました。ちなみに、私の場合は完コピは目指しませんし、確か「ぷっスマ」だったかな、うろ覚え似顔絵みたいなのがありましたが正にあれです。五度なのか四度なのかは全く問わないです(自慢かあ?)。ちなみに個人的には四度で解決させる方が多いですが、これはフィンガリングが横の動きの場合、四度の方が楽だから。ま、高崎の場合はリッチー好きですから四度でも問題なかろうと勝手に解釈しています。前のバンドでNight Rangerの「Can't Find me a Thrill」をやっていましたが、ツインのバッキングも強引に一本にしてまして、一部では好評を得ていました。ギター一本ということで、どうやって厚みを出すかは少し考えました。具体的には6-5弦をどう上手く入れるかかな?

ソロについてはもうアドリブというか指任せ博覧会にしようかな?と思っています。適当に六連を繋げる感じで、あとは決めのフレーズだけは外さないように....

                                                         

それが外れるんじゃあああああ!!!!                                       

                                                          

今のキッズからすりゃあ寝てても弾けるアルペジオとライトハンドでしょうが、40半ばのおっさんにそれはきついです。何とか弾けるんですが、どうにも100%まではまだ時間が掛かりそうで.....。YouTubeではこんな感じでコピーしている人がいますが、ほんと、偉いモンです。

それもこれもVoの方がサディストだからなんですがねhappy02

|

« ドイツの凄腕、Thomas Blug | トップページ | 明日、オーストラリア戦 »

コメント

わたしも、手数足数の多いパターンを
どうやったらスカスカにならずに雰囲気が出せるか?とかよくやってます^^;
コピーしたのをじっくり練習するのも大事ですけど、
楽しんで演奏することも大事ですよね^^(逃げかな?^^;)
頑張って下さいねっ♪o(*^▽^*)o♪

投稿: こでまり | 2009年2月 9日 (月) 13時31分

こでまりさん、

ドラムの場合、やはりツーバスをどうワンバスにするか、とか、ゴーストノートをどう扱うか、などが工夫になるんでしょうか?いや、楽しんで演奏するのがアマチュアの特権ですから、それは第一義です。こ、これも逃げか....。

投稿: ドイツ特派員 | 2009年2月 9日 (月) 20時00分

部下に言っては行けない一言を言いたくなります(笑)。

「キミならできるっ!」

確実に負ける一言ですな(笑)。

いやいや、雰囲気で弾きましょう♪

投稿: フレ | 2009年2月 9日 (月) 22時27分

フレさん、

そ、それは禁句...。どーっと来るんですよ、出来ない時に(笑)。ええ、雰囲気でしか出来ないですからね。

ただ、古いロックは手数が少ない分、別の意味で雰囲気が難しいですがね。

投稿: ドイツ特派員 | 2009年2月 9日 (月) 23時21分

 こ、これは…きっつう〜。難しそう…。しかし、特派員さんのテクなら…。

投稿: しまうま | 2009年2月10日 (火) 00時16分

しまうまさん、

リフからきついんですよ。というか、リフがある意味ごまかしが効かないんで一番きつかったりして。

ソロはどうやってシカトするか今でも悩んでますscissors

投稿: ドイツ特派員 | 2009年2月10日 (火) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/44002399

この記事へのトラックバック一覧です: む、難しい....:

« ドイツの凄腕、Thomas Blug | トップページ | 明日、オーストラリア戦 »