« 帰国して...こいつも戻ってきました | トップページ | 横関敦ソロ解説「Brilliant Pictures」 »

2009年3月23日 (月)

横関敦ソロ解説「Get Away」

さて、勝手に始めた横関敦ソロ解説、初っ端は日本のHRアルバムでも最もレア度が高いと言われている、「Get Away」です。ちなみに下の解説、元の発表順にまずM5-8、その後M1-4としています。

Dscf0010

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1. Jet Finger-Fox Glove-

発表順に行くとこれが最初の横関ソロ。まあとにかく当時の技術の丈を出したかったんでしょう。イントロの両手タッピング(実はそんなに難しくない)から、「どうだ!」と言わんばかりの弾きまくり。ただ、フレーズ自体にそれほどネオクラ系のもの(ハーモニックマイナー・ディミニッシュ)は出てきません。雰囲気的には梶山章の「Crazy for your Love」に近いかな?と言ってどんだけ分かるんだか(笑)。ただ、チョーキングなどはその後を考えるとまだまだ不安定です。

2. Beyond the Sadness

意外とポップな雰囲気のあるインスト。彼って結構ポップな曲調のものが良いんですよ。ただ、まだメロディーの音程が不安定なところがあってシャープ気味になってます。ここでアルペジオ系の音使いが大々的に出てきます。音が今よりマイルドな感じがします。今はもっと極悪トレブリーですからね。ソロは少しシェンカー的かな?それでも凡百の連中ではとても太刀打ちできないピッキングの正確さですなあ。

3. Tears in the Moonlight

2と同じようにポップな雰囲気を持ったインスト。当時は「イングヴェイの亜流」と言う人も多かったですが、全然違います。ただ、このインストは多分メロディーの練りが足りなったと思いますね。何か弾ききれていない。ソロはいきなりロックンロールの常套句から入って、リズムを強調したかったのかも。極端な早弾きは入っていないですが、多分弦飛びフレーズが難しそうですな。もう少し練っていたらなあ…。

4. Break Away

これはVo入りのシャッフルなんですが…うーん、あまりにVoがなあ。何というか、「とりあえず声を出しました、そこを埋めました」って感じです。個人的には、この曲は無くても良かったんじゃないかなあ?あ、ソロには少しウリが出てきます(笑)。

5. Get Away

Doorsの「The end」をイントロとして、本編は元Hellenだった今越能人をVoにした曲です。今越のVoはすごく上手いわけじゃないですが(ちょっとLazyの影山ヒロノブっぽい)、それなりに合っているんで特に問題なし。で、横関の曲にしてもギターにしても、上のソロ第一弾からは雲泥。ここで指摘しておくと、実は横関の曲って結構メジャーキーが多い。ネオクラ系のギタリストとは一線を画しています。

6. On the Border

少し憂いのあるミドルテンポの曲。影響を言いたいわけじゃないんですが、かなりDokkenの雰囲気を感じます。それは横関のギターも同じで、「気」の発し方が尋常じゃない。特にそれまでただ伸ばしていただけに近かったロングトーンにもう「色気(私の言葉ではくびれ)」が物凄く加わってきています。うねりといってもいいかも知れないですが、この曲でもギターソロ入り(ヴァース後)のロングトーンに色気があるから、その後のレガート系の早弾きが映えるんですな。

7. All I want is for You

イントロのKey後、ギターがドラマチックに切り込んでくるポップなナンバー。全体に今越のVoを生かそうということか、ポップな曲を並べています。Keyの使い方もがらっと変えてきていて、不可欠な音として(単純なコード弾きでなく)加えてます。毎度のソロも超絶ですが、やはり正確性が増しているため、スリリングさが倍加していますね。ソロのチョーキング二段連発の音程なんて以前じゃ考えられなかったくらいの正確さ。こういうところで差が出るんですなあ。

8. When Shes Gone

最後はバラードで締めです。日本の歌謡曲的な所とロック的な所が上手く合わさった中々な佳曲だと思いますな。ソロは曲に合わせた感じのロングトーンでゆったりと進めます。これがまあ色っぽくてねえ、何というか振り絞るような音なんですよ。チョーキングとミュートのバランスも絶妙で…と思ったら最後にピアノとの掛け合いでアコギでの凄絶早弾きで、やっぱりやっちゃうのね、ということです。曲調に合っているか?と言われるとどうかな?と思いますが、まあ横関なんで私は許します。

|

« 帰国して...こいつも戻ってきました | トップページ | 横関敦ソロ解説「Brilliant Pictures」 »

コメント

いやあ連投させてもらいますよ(笑)
高校当時、廃盤前にレコード屋に注文までしたのに手に入れられなかったこのCD。
2年前に音源だけGETできましたが、サスガに今聴き込むのとリアルタイムとではなかなか思い入れ含めてギャップがありまして。。。
とはいえ、こんなアッパレな記事アップされちまうと、改めて聴き込むべしですなあ。
ソロの後はブロンクス、ランス、ブラッド・サーカス、スラット・バンクスと、、、ふふふイッちまって下さい(笑)

投稿: sorapapa | 2009年3月24日 (火) 00時02分

Sorapapaさん、この後も連投お願いします(笑)。

確かにファーストの「Jet Finger」はかなり音も含め拙いところがありますが、それはそれ、当時の熱気は物凄く伝わってきます。それも含めて私は大好きですね。

投稿: ドイツ特派員 | 2009年3月24日 (火) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/44441663

この記事へのトラックバック一覧です: 横関敦ソロ解説「Get Away」:

« 帰国して...こいつも戻ってきました | トップページ | 横関敦ソロ解説「Brilliant Pictures」 »