« 久々の台湾 | トップページ | 一芸か多芸か »

2009年5月10日 (日)

Dream TheaterのDVD三昧

というか、長いから二本でも三昧になっちまうんですよおおお。

ということで、この連休から今日に掛けて見ていたのが、今更ながらのこの二本。

曲は長いし、曲の密度は高いし、演奏の密度は高いし....。はっきり言って一回見ただけじゃあ分かりません。というか、DVD一本を一回で見切れないですねえ。

まずは「メトロポリス2000」。「Metropolis Part II」の再現ですが、良いですなあ。演奏については何ら問題なし。ペトルーシのメタボ開始時期ですかね(笑)。ギターは既にミュージックマンになっています。いやあいい音ですねえ、特にロングトーン。メサブギーの性格にもよるでしょうが、本当にきれいなロングトーンだと思います。
曲については、この「Metropolis Part II」はメロディアスで良いんですよね。特に「The spirits carries on」、聖歌隊が出てきてコーラスしたときは鳥肌立ちましたよ。ただなあ、朗読がちょっと.....。もうちょっと良い朗読者はいなかったのかなあ?あと、これは仕方ないんですが、バックの映像はいらないと思います。

さて、次は「Score」。「Octavarium」後のツアーですが、オーケストラとの競演というのが一つの目玉ですね。ペトルーシのメタボ更に進行(笑)。多分曲の長さによるのでしょうが、ロックっぽい弾き方としては、「メトロポリス2000」の方が上ですね。こちらは集中を強烈に感じる演奏です。それにしても全然変わらないのがジョンマイアング。コーラスも取らず黙々と仕事、ということですが、それが客に凄いと思わせる演奏ですね。Keyのジョーダンルーデスは殆どバンドを支配しているかの活躍振り。ルックス的にはそりゃ初代のケヴィンムーアでしょうが、今のバンドは最強でしょうねえ。
ただ、オーケストラとの競演、少し微妙ですね。やはりリハ不足なのかもしれません。じっくりリハをすれば多分この数段上での感動が味わえるんじゃないかな?

ジェイムスラブリエは頑張っていると思います(危なっかしいのは危なっかしいが)。さすがにどちらでも後半は厳しそうですが、このバンドで歌うのは大変ですなあ。間違えたら後ろのドラムの方がスティック投げつけそうだし(笑)。マイクポートノイのDrはもう叩きまくり。座るわ立つわ頭叩くわ(まあお約束ですが)、全然乱れず。全体を見ている事業部長みたいなもんか?

それにしても楽器隊、あんな演奏が出来たら楽器稼業としてもう何も言えないくらい満足でしょうね。何しろみんな力が入ってない。力が入らないっていうのは本当に重要で、力が入るところが分かる(充分に弾けていない)点でも大事なことなんですよ。

この二枚のDVDでの曲はメロディアスな曲が多いんで、私には非常に印象が良かったです、生意気にも。特に「メトロポリス2000」は良いですねえ。「Score」も「Octavarium」の曲が多いんで楽しめました。例えば、5分以内の曲だけ、変拍子なしでアルバムを作ったらどんなアルバムになるのか、ちょっと楽しい妄想です。

「メトロポリス2000」のエンドロールで、Digital Transfer:Pat Throllと出ていました。これは、あのパットスロールなんでしょうか?

ということで中学生の日記なみの平板な文章ですんません。

|

« 久々の台湾 | トップページ | 一芸か多芸か »

コメント

どうもです。
着々とDTフリーク化進行中ですね。
Scoreで感激して頂ければしめたものです。
しかもMetropolis2000で反応できればバッチリじゃないですか。
・・ツカミはオッケーってとこでしょうか。
もうすぐ新譜も出ますんで、よろしくお願いします。(笑)

投稿: elmar35 | 2009年5月10日 (日) 10時30分

こんにちは~♪
両方バッチリだったんですね、嬉しいです~♪
『Metropolis2000』は、わたしが最初に聴いた(観た?)DTなんです。
なんか分からんけどすっごいカッコいい!って感じで、いつの間にかこの有様です^^;
観れば観るほどペトのギターっていいなあって思います。
ラブたんは確かに大変でしょうね^^;
でわ新譜もヨロピコです♪(* ̄∇ ̄)/

投稿: こでまり | 2009年5月10日 (日) 12時03分

elmar35さん、

そうですね、ただ、ちゃんと聴こうとするとやはり時間を取らないといけないですね。やはりジョーダンのKeyがかなり全体の音を決めているように思います。まだまだ聴き込まないと、ですね。

投稿: ドイツ特派員 | 2009年5月10日 (日) 14時10分

こでまりさん、

いや、ばっちりでしたよ。どうしてもメロディー重視派なんで、「Metropolis Part II」「Images and Words」「Octavariumu」は良いですね。

ペト、本当にきれいにギターを弾きますなあ。ただ、斜め横のアングルは...ねえ?

投稿: ドイツ特派員 | 2009年5月10日 (日) 14時13分

えっ?斜め横?^^;
もしかして肉が?(こ、こら^^;)
『Chaos In Motion』はもっと凄いですよ、ってこらこら^^;;;
でも素敵に見えるワタシって一体?catface

投稿: こでまり | 2009年5月10日 (日) 18時56分

こでまりさん、

その錯覚を世の中では、「愛」と呼ぶんだと思いますheart02

投稿: ドイツ特派員 | 2009年5月10日 (日) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/44962725

この記事へのトラックバック一覧です: Dream TheaterのDVD三昧:

« 久々の台湾 | トップページ | 一芸か多芸か »