« 日本の将来と生活サバイバル(渡辺千賀さんのブログから) | トップページ | 少子化雑感 »

2009年5月 4日 (月)

キムギョンホ 君はまだまだ行けるはずだ!

さて、ここでメタルを話題にしなきゃ私じゃありません。キムギョンホのCDを入手、聞きましたですよ。

バックはSaber Tiger+下山武徳ということで、まあ鉄壁です。で、「Still wanting you」から

もう一曲目で悶絶

です。

何なんだこのかっこよさは。何が素晴らしいって、他人の曲にも関わらず、木下昭仁の作曲がもう最高レベル。さすがは北の職人である木下、手抜きなど微塵もなく、スピーディーで哀愁のあるカミソリリフから続くキムの声を生かしたメロディーも絶品。ギターソロも木下らしく、無茶な早弾きに逃げず、しかも難易度は高い超絶フレーズの連発。ギターソロ前の低め音程のシャウトもちびるほどのカッコよさ。この一曲で買いです、このCD。こればっかりだもん、最近聞いてるのは。

その後、彼のヒット曲である「僕を悲しませる人たち」になりますが、これもバックがヘビーになっていて、少し趣きが変わっています。その後はFirehouseの「Reach for the sky」を挟んで、また木下作曲の「Too hard to furious」はもろSaber節なんですが、また下山とは違う透明な太さとでもいえるキムのVoがいい味出してます。そして、最後は、やはりキムのヒット曲であるイントロが超ポップな「ネゲロワ」で〆ます。

まず言えるのは、木下の作曲能力の高さ。すげーですよ、本当に。演奏については言わずもがななんですが、あんなに哀愁漂うパワーメタルを書けるのは今や世界でも希少価値だと思いますね。

キムのVoは、もう上手いのは良く分かっていて安心印。ただ、もっと凄まじいシャウトを知っている私としては、「まだまだ行けるだろう、ええ?」という気もあります。まだ取っているんじゃないかな?とは言え、このアルバムのVoもそれはそれで幅の広さ、歌の上手さは半端じゃないです。



|

« 日本の将来と生活サバイバル(渡辺千賀さんのブログから) | トップページ | 少子化雑感 »

コメント

どーも!トラックバックさせていただきました、やすと申します!

このミニアルバム、一見地味ですが聞き込むとハマりますよね。
1曲めからサーベル節に悶絶するのはもちろん、
ネゲロワの韓国語の響きも絶妙で気持ちいいし。

スーパーハイトーンは次回作に期待します。

投稿: やす | 2009年5月10日 (日) 11時22分

やすさん、どうもです。

密度の濃さ、全く同意です。この密度でフルアルバムに行ってもらわないと...。

今後とも宜しくお願いしますです。

投稿: ドイツ特派員 | 2009年5月10日 (日) 14時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/44897736

この記事へのトラックバック一覧です: キムギョンホ 君はまだまだ行けるはずだ!:

» 驚異的韓流メタルシンガー [ヤスノニッキ]
4/10にSABER TIGERとのコラボ作でついに日本デビューした、 韓国の驚異的メタルシンガー『キム・ギョンホ』(ギョン様)にハマり中。 いかにも韓流スターな甘いルックスとは裏腹に、 セバスチャンバック(skid row)、マイケルスウィート(stryper)、 C.J.スネア(fire house)..... [続きを読む]

受信: 2009年5月 7日 (木) 16時32分

« 日本の将来と生活サバイバル(渡辺千賀さんのブログから) | トップページ | 少子化雑感 »