« 西安:西域制圧へGo!その2 | トップページ | 西安:西域制圧へGo!その4 »

2009年6月12日 (金)

西安:西域制圧へGo!その3

さて、兵馬傭を出ると、次は始皇帝の墓な訳ですな。
Dscf0108












小高い丘ですが、その地下に始皇帝が眠っているそうです。
Dscf0109












この階段を登ると、 Dscf0110










こんな光景が広がるんですな。

先ほど行った兵馬傭といい、この墓といい、当時の技術を考えるととても手の掛かったことです。こんなことに比較できるのは、エジプトのスフィンクスだったり、ナチス時代のアウトバーンだったりでしょうねえ。

で、そのまままた少し西安市内に近づいた所にある華清池へ。
Dscf0121









要は池という名前ながら、温泉地として楊貴妃が使った湯治場ですね。
Dscf0129









楊貴妃に群れる人々であります。いい身体しているかどうかは不明ですchick
Dscf0131












これが源泉。40度くらいの湯が出てきます。やはり、当時は湯を手に入れるというのは権力の象徴だったのでしょうか。
Dscf0133









これが当時の風呂跡。ここで楊貴妃とおっさんがいちゃいちゃしてですなあ....と妄想。
Dscf0124









全体に、非常に整備された庭園という趣です。

そして昼食をタクシーのおっちゃんと取るわけで、またまたドローカルなところへ。
Dscf0134 Dscf0135









何を頼んでいるかよく分からないんですが、こんなもの食べて一人2-300円かと。安いと言えば安いし、それほどでもないといえばそれほどでもない。味はごくごく普通の定食です。

そして、更に西安に近づいての遺跡探索となるわけです。

またまた続く....。

|

« 西安:西域制圧へGo!その2 | トップページ | 西安:西域制圧へGo!その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/45315799

この記事へのトラックバック一覧です: 西安:西域制圧へGo!その3:

« 西安:西域制圧へGo!その2 | トップページ | 西安:西域制圧へGo!その4 »