« Mr. Big武道館ライブ | トップページ | 人と会うその8と9になりました(世界級会議とkisshさん面談)、またその雑感 »

2009年6月25日 (木)

久々正統派に行きます、「From the Womb to the Tomb」(島紀史)

温故知新でも何でもありませんが、久々にギターだらけのギターアルバム行ってみますか。


島紀史が昨年出したソロ、「From the Womb to the Tomb」です。まあ元々彼のバンドであるConcerto moonがソロみたいなモンですから、それほど音楽性が変わるわけじゃない。

参加ミュージシャンは夜叉の山本がB、元アンセムのMad大内がDrで、Voに小野正利とGi-NAという女性。更に一曲ずつですが、大谷令文と中間英明がゲスト参加、と知っている人には豪華、知らない人には何のこっちゃわからない(笑)。

で、一曲目の「Reason to Live」からもう弾きまくりの音入れまくりです。ここまで弾き倒せたらそりゃ楽しいと思います。しかも何とも弾きにくい音を偉く正確に弾くという、実力出まくりの状態。

彼の音というのが、結構ストラトの生に近い音で、言ってみればパワーアップしたロリーギャラガーという感じですかね。こういう音楽にしては乾いた音になっています。これであれだけはもらせたりというのは信じられません。で、こういう音だからこそフロントとリアの音の差がはっきりするんですね。こう弾いてしまうとモロYngwieになっちゃうし、多分本人も否定しないでしょうが、Yngwieの100倍正確ですな。特にアルペジオフレーズの正確さはポールギルバート辺りとはまた違う。強いて言えばVinnie Mooreか?

ギター好きとしては、やはり中間とのバトルが凄い「Anger Management」と、令文とのバトルがある「Jackhammer」ですかね。特に「Anger Management」は凄いなあ。途中島が繰り出す複雑なアルペジオがカッコよくてね、どうもウリロートから拝借したフレーズらしいんですが、それで何か分かる私は何なんだか。さすがに島と並ぶと中間のフレーズは荒いな、と感じることはありますが、寧ろそれがロックだったりして。勢い重視のスウィープなんですね、中間の場合。令文は例のボロストラト(確かグレコ製)で良い音出してますなあ。今を遡ることん十年前、大阪では「ストラトキャスターの魔術師」と言われたころそのまんま。

Vo曲では、やはり小野正利は上手いなあ。こっちの世界に軸足移してもらいたいモンです。あと、Gi-NAという人の「月影」はちょっとあざとくないかい?悪い曲じゃないけど....。

「もうさ、ネオクラなんていいよ」という筋の方にはオススメしませんが、ギターだらけのロックギターが聴きたいのであれば、これは良いですよ。Mad大内の危なっかしさも含めてロックですから。今のYngwieには無い整合性があるし、すごく丁寧に弾いているし。日本人が好む弾き方だと思いますです。




|

« Mr. Big武道館ライブ | トップページ | 人と会うその8と9になりました(世界級会議とkisshさん面談)、またその雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/45452967

この記事へのトラックバック一覧です: 久々正統派に行きます、「From the Womb to the Tomb」(島紀史):

« Mr. Big武道館ライブ | トップページ | 人と会うその8と9になりました(世界級会議とkisshさん面談)、またその雑感 »