« 始めました、最強ギタリストコンテスト(年寄りの冷や水) | トップページ | 自分に合った仕事考 »

2009年7月11日 (土)

人と会わない不安と解消

何ゆえ下戸が毎日飲み歩いているのか....。

ま、何のことは無く飲み会が重なっただけなんですが、水曜日から金曜日まで毎日だと体重にも如実に現れまして、土曜日の今日は朝からウォーキング。また日曜から中国出張で、下手すると毎日宴会の可能性もあるため、落とせるだけ落としておかなきゃならない今日この頃。

最近、夜の席に出ることが増えました。元々入社したころは、もう会社の連中のオヤジ飲みが嫌で嫌で、入社後7年くらいは、殆ど会社の人とは飲みに行きませんでした。かといって社外でそれほど知り合いが出来るわけでもなく、それが当たり前ということで済んでいったわけですね。

ところが、ドイツに赴任すると、まあ周囲に恵まれたのもあるのですが、説教したり仕事の話をぐだぐだする人がいなかった。あと、駐在員の「お客さん」というのは、実は日本本社からの出張者が主だったりするんですが、駐在員という立場は彼らより精神的に上に立てるんですね。それは英語やその土地での経験だったりするんですが、こちらは大したことをしていないつもりでも、日本から来た方にとっては、「さすが駐在員!」という扱いになることが多い。そうすると食事の席を設けても、こちらが主導権握ってアホな駐在員話をしたりすることで、日本の悪い意味でのムラ的な飲み方がなくなるんで、そういう酒席が苦にならなくなり、社内での知り合いがかなり増えたんです。

で、そうこうしているうちに自分でブログをやったり、異業種交流したりだのしているうちに、社外でも話のできる方が増えて、「やっぱりこうやって色々と繋がるのは大事」というところになってきまして、今に至るわけです。

今の会社は6人しか事務所にいない会社ですから、社内の関係はおのずと固定されます。そうするとそこで交わされる会話も固定されるわけで、正直これは私にとっては怖い(それぞれはとてもいい人たちです、念の為)。私は、「ビジネスで功を為したからといって、何でそれだけでオノレは人生語るんじゃ!」と思ってはいますが、ビジネスの成功者の有利なところは、かなり広い範囲で人と会えることだな、と今更ながら感じています。その部分で更に成長に加速が掛かるという循環は否定できない(ブログのコメントなんかもそうかもしれません)。ここでも少し書きましたが、自分を外の場に置くことを意識しないといけないんだな、と考えています。

余りに仕事を放っておくような本末転倒ではいけないのでしょうが、会いたい人には会える時にできるだけ会っておくべきだな、という思いで時間を頂いているんで、少なくとも楽しくしたいし色々と吸収もしたい。出来ればきれいなおねえちゃんとも飲みたいが、そういう人は私と飲みたがらないという残念なこともあるはあるんですが、まあそれはそれです。

そこで少しのいい言葉、少しのいい気分が手に入ればもうそれで素晴らしいことじゃないか、と思っています。そのあと、少しのいい言葉、少しのいい気分を人に渡せたらもう天晴れじゃないでしょうか?

ということを考えながらいたら、メールで

「インド行ってきて」

という命令。前職のインド出張経験者に聞いたら、

「毎日カレーで良いわけねえよ!」

とのありがたいお言葉。さて、観光ブックで色々調べるか....

仕事ですって。

|

« 始めました、最強ギタリストコンテスト(年寄りの冷や水) | トップページ | 自分に合った仕事考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/45598446

この記事へのトラックバック一覧です: 人と会わない不安と解消:

« 始めました、最強ギタリストコンテスト(年寄りの冷や水) | トップページ | 自分に合った仕事考 »