« 都会のハードロックというのはこういうのかも:「In your Face」(Kingdom Come) | トップページ | お、お前はまだ懲りてないのか?! »

2009年9月23日 (水)

ジャパメタの王道:「Sister Leeza」(加瀬竜哉)

さて、先日入手したレア盤ということで、最近良く聴いているのが1993年発売のこいつ。
Dscf0023
「Sister Leeza」です。何しろジャケット情報も殆どないです。裏ジャケは続きの記事で。


この加瀬竜哉、マルチミュージシャンでGだけではなくBとKeyもやっています。確か「虹伝説」ではBで参加でした。今ではプロデューサー、または暗渠評論家(何それ?)として活躍中。


参加メンバーは坂本英三(当時は練馬マッチョマン)、村上公一郎(ブリザード)、Masaki(当時はJackson's'Jokerって、恩田快人の後?)となっています。

曲調としては当時の典型的なジャパメタと言っていいでしょう。で、坂本英三の熱(苦し)いシャウトが全面に出ているジャパメタアンセム的な一曲目の「The Sinner of Love」、村上のドラムがカッコイイ二曲目の「Bloody Sky, Bloody Cry」などは素晴らしい。この二曲、あんまり英語が入らないんで英三のVoも自然で中々良いとし、こういう曲調での英三はカッコイイと思う。ただなあ、「Sarah」のVoはバラードだけにアラが出るんだよな。不安定な所が気になってしまいます。

マルチプレーヤーのアルバムということで、無茶苦茶にインストオリエンテッドかと思いきや、意外にVo重視の曲が並んでいます。インストもあるんですが、そんなにプレーヤー部分を押し出していないというか、よく言う楽曲重視です。加瀬のGは上手いんですが、無茶苦茶に早弾きが連発する感じでもなく、例えば最後のインスト「Sister Leeza」でも、メロディー重視な所が強いですね。彼自身、一時はインギーネオクラ系に分類されていたこともありまして、音はインギー系と言えば言えるんですが、もう少し乾いた感じで、ストラトのシングル感が良く出ているサウンド。音楽的にはインギーとの共通項はあんまり感じないなあ。あと、Keyについてもしっかりサウンドに不可欠な要素にしているし、ソロもバリバリ取っているし。まあこれだけ楽器が出来りゃ楽しいと思うし、ある意味トータルで音楽を、ということになればプロデューサーへの移行は自然なことだったんでしょうね。

笑っちゃうのが裏ジャケ。どうみたってみうらじゅんじゃねえ?
Dscf0024
こいつが裏ジャケ。なんかみうらじゅんの「勝手に観光協会」みたいですが、違う。

ということで、中々入手は難しいと思いますが、当時のジャパメタの雰囲気が好きな人にはバラエティーのある良いアルバムだと思います。


|

« 都会のハードロックというのはこういうのかも:「In your Face」(Kingdom Come) | トップページ | お、お前はまだ懲りてないのか?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/46288948

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパメタの王道:「Sister Leeza」(加瀬竜哉):

« 都会のハードロックというのはこういうのかも:「In your Face」(Kingdom Come) | トップページ | お、お前はまだ懲りてないのか?! »