« 自分が居る意味とは何だろう? | トップページ | 明日からの出張前に »

2009年11月29日 (日)

20年の夢殺し:「Metamorphosis」(Dead End)

さて、何ともびっくりしたDead End再結成、初回限定DVD付きでこいつを入手しました。


何しろ20年だからなあ...。

Dead Endは大阪で「インディーズ最後の大物」と言われ、X(後のX Japan)が「Vanishing Vision」でインディーズの記録破りセールスを出すまでは、彼らの「Dead Line」が最高のインディーズ販売を誇ったバンドです。今回は高値で取引されていた「Dead Line」の再発を含む全ての既発盤を一部DVD付きで再発売です。

彼らの場合、よく「違った個性の融合」ということが言われます。パンキッシュなMorrieのVo・様式美バリバリのYouのG・ロックンロール的な華やかさのあるCool JoeのB・プログレ的なテクニカルさのMinatoのD....。20年経ってどうなっているのか?

一聴した感じ、「Zero」の精神世界を更にサイバー化したような印象です。何というか、もっとインダストリアル感が強いというか。MorrieのVoは低めに持って行って、深さを追求しているようです。恐らく、今の若者が聞いたら「重い音のヴィジュアル系」と思うでしょうな。

うーん、この感じ....。既視感があるんだなあ、と思ったらあれだ、ロブハルフォードが「Fight」を出した時の感じではないかなあ?当時の先端だったPanteraやSepulturaが元々Judas Priestなんかが大好きでその音楽を作り、そのフォロワー的に逆に見られてしまったのがFightだと思いますが、順番が似ている気がします。

で、メロは紛れも無くDead End。特に気に入っているのは「Princess」かな?あとは「Kill me Baby」も良いと思います。高品質な音楽だと思うし、彼らが今まで「変化」をすることを恐れなかったことの継続という意味でも、重要なアルバムと捉えています。MorrieのVoは更にカリスマ性を増しているし、あの独特の詩世界も健在どころか更に進化している。特典DVDにある「Princess」のPVが良く表している世界です。

ただ、じゃあ手放しで良い!と思うか?と言われると少し言いよどむ所があるんですね。

一番の理由は、「これはMorrieのソロアルバム的な位置付けになってないか?」と点。要は音を聴いてYouやCool JoeやMinatoである必要はあるのか?という部分なんですね。

ある意味、今までのDead Endというのは、各メンバーの違った部分をそのままにして、無理矢理突っ込んでいたところにある種のスリルがあったんだと思うんです。昔Youが、「俺は隙があったらギターを突っ込むよ。夢は48トラックあったら46トラック俺が使って、あとの2トラックで他のメンバーがステレオっていう録音(笑)」なんて事を言っていましたが、多分夫々のメンバーがそういう思いを持っていたんだと思います。

ところが、このアルバムは見事に統一感が強くなっているんですね。通常はそれは決して悪い事ではないし、このアルバム自体もそれが悪いのか?と言われれば良いんです。が、それが「Dead Endか?」と言われると少し違う気がする。

その原因は何なのか?と考えようと「Zero」を聴いて達した一つの結論が、「隙間の無さ」なんです。そう、音に隙間がないから各プレーヤーの個が立ってこないんですね。特にDのMinatoのソリッドさが重さに置き換わっていて、全体に溶けている感じ。YouのGももっと「ういんういん」いわしてもらわないと困りますなあ。

それでも、このMorrie世界は全然OKなんで、恐らくこれからまた麻薬的な効きが期待は出来ます。もう少し寝かせてみようかな?


|

« 自分が居る意味とは何だろう? | トップページ | 明日からの出張前に »

コメント

ジャパメタ知らずのelmarです。
↑のPV拝聴しますと、なんかラルクがオッサン化したみたい(笑)な感じを受けました。
奴等がデッドの弟分だったてのは知ってましたが、なんせデッドを聴いたことも無いもんで。
ちょっと興味が沸いて来た次第でございます。

投稿: elmar35 | 2009年12月 3日 (木) 20時44分

中国からコメントしている私もいい加減アホですね(笑)。

ラルクのオッサン化というのは当たっているかも知れませんな。ただ、ギターはもっとヨーロピアンです。ウリ~マイケル直系のミッドブースト。それはもっと過去のアルバムで顕著ですけどね。

投稿: ドイツ特派員 | 2009年12月 4日 (金) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/46892854

この記事へのトラックバック一覧です: 20年の夢殺し:「Metamorphosis」(Dead End):

« 自分が居る意味とは何だろう? | トップページ | 明日からの出張前に »