« マイケルシェンカーのギターは「光」と「折り目」である:「Contraband」(Contraband) | トップページ | 明日から消えて居なくなります »

2009年11月 1日 (日)

皆さん、今話題の映画は?

「沈まぬ太陽」…
「さまよう刃」…

ちがああああうううう!!!!!!

Anvil!!!!!!!

今、「最高のメタルドキュメンタリー」として偉く話題になっているのがこれっすね。
Anvil
えー、私くらいのメタル度指数ファンなら、名前と「あー、あのSuper Rock '84に出てたバンドね」くらいはすぐにわかる。ちなみに、当時はまだブレイク前のBon Joviが出ていて、彼らは当時フェスが行なわれた西武スタジアムにホテルから電車で通勤していたという話もあります。ちなみにそのときのトリは確か個人的に最強メンツ(カバ、サイクス、マーレイ、パウエル)のWhitesnake。少なくともブートのDVDは持っている(笑)。

音楽性としては、多分ロックンロールからスラッシュに移るようなある意味先取り、ある意味中途半端な音楽性で、私の琴線に触れるものではありませんでした。それでも当時は「東海岸のY&T、西海岸のRods、カナダのAnvil」くらいなホープ的な位置付けにはいたと思います。彼らのパフォーマンスで有名なのは、GのLips(右のオッサンね)がボトルネック代わりにバ●イブ●レー●ター(伏字意味なしry)を使って演奏するというもの。今の最新式(こんなのや、そんなのや、あんなのや…)とは全然違うシンプルなものですがそれは関係ないしな。ボトルネックは最新式じゃできねえよってもうええっての!

それはいいとして、

恐らくDVDになってから見るとは思いますが、ストーリーだけ聞いても気持ちは分かるなあ。最近の私の口癖が、「大きくなったらCDを出す!」なもんですが(アホか!)、彼らもずっと大きくなれない大人なんでしょう。自分が50歳になっても60歳になっても、どこかで見果てぬ夢を見ている気がします。見てもないのに断言しますが、

見たら絶対に泣くな、これ。

でも、成功って何なんでしょうね?彼らだって上手く時代に乗れば成功していたかも知れない。信念があったから駄目だったのかも知れないし、もしかするとこうやって話題になってコンサートも続けられる今は成功かもしれない。これが求めたものかどうかは分からないし、でも子供って、やりたい事をやり続けるじゃないですか。多分彼らの努力は正しくはないのかもしれません。しれないんですが、それをやれる幸せっていうのがあるんだかどうか?

メタラーなら見なきゃいかんでしょうなあ。

|

« マイケルシェンカーのギターは「光」と「折り目」である:「Contraband」(Contraband) | トップページ | 明日から消えて居なくなります »

コメント

私なんぞAnvil=Flying V程度の知識しかないけれど
レディースディ(料金1000円)に見に行く予定です。
長瀬智也さんによるとw、泣けて笑えるらしいです。

投稿: ぽんぽん | 2009年11月 1日 (日) 22時00分

ぽんぽんさん、いらっしゃいませ。というかこのネタで...うーん、あの部分を読まれてしまうと(いまさらかry)。

そうか、長瀬智也さんも見てますか。是非笑って泣いてきて、少し脳内妄想の整理(笑)をされて下さい。

投稿: ドイツ特派員 | 2009年11月 1日 (日) 22時09分

見ました。泣けました。

かなり生々しい場面もありますが、15歳の時から友達だった監督の愛を感じます。メタルファンでなくても感動すると思います。

投稿: masami | 2009年11月 2日 (月) 14時39分

masamiさん、

そうですか、やはりとある人が言われた、「中高年の涙腺タコ殴り」は本当ですね。

帰国したら見なきゃいかんですなあ。

投稿: ドイツ特派員 | 2009年11月 3日 (火) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/46643164

この記事へのトラックバック一覧です: 皆さん、今話題の映画は?:

« マイケルシェンカーのギターは「光」と「折り目」である:「Contraband」(Contraband) | トップページ | 明日から消えて居なくなります »