« 大いなる矛盾 | トップページ | エーゲ海漂流:ロードス島編 »

2009年12月14日 (月)

エーゲ海漂流

最近過去のネガを整理していて、あまり懐かしくなって少しずつアップしようと思います。

この時期になると、どうしても暖かいところに心が動いてしまいます。やはりエーゲ海に心が飛んでしまいます。

Photo_4 ギリシャは街中が遺跡になっている印象です。そこに強い太陽が当たって乾いたまま保存されている気がします。

この写真は、アテネ郊外のスニオン岬にあるアクロポリスの写真。ここは「夕日の美しさ」で有名です。しかし、この夕日を楽しむためには、日の短い冬でなければ難しい。夏は日が長すぎてここからアテネに帰ることが難しくなるから。奥には恐らく当時と変わらないであろうエーゲ海。冬のエーゲ海は夏と違って、少し柔らかい印象がありました。本当は、夏だろうと冬だろうと、ここにボーっとして夜を過ごすというのが良い過ごし方なのかも知れません。

Photo_6 海の民としてのギリシャは、島々に色々な文明を残しています。この写真はクレタ島にある有名なクノッソスの遺跡です。ここを訪れたのは真夏、35度はあろうというなか物凄く強い日差しですが、非常に低い湿度もあり、少し埃っぽいところが遺跡を遺跡のように感じさせます。

Photo_7 この海の青さが見たくてエーゲ海に行くのです。海の青さと空の高さ、ここでゆったりと思索を重ねていった古代の賢人たちの気持ちは判る気がします。ここは更にクノッソスから南に下りたマタラという古代遺跡。右の岩に穴があり、そこに古代人が住み着いていたそうです。

旅行者の戯言であることを承知で、こんなに平和で美しいギリシャというところに嫉妬します。今でも、アテネのオリンピアホテルの横にあった小さなレストランで食べた野菜スープの味が忘れられません。思わず「もう一杯くれない?」と言って前菜にもかかわらずお願いしたスープ。そこの若いにいちゃんが、少しはにかみながらお替りのスープを持ってきたのは、旅でも印象深い記憶。こんなつまらないことが旅行の記憶となっています。

少しゆったりとした旅行をしたいと思うと、エーゲ海が離れなくなるんですね。

|

« 大いなる矛盾 | トップページ | エーゲ海漂流:ロードス島編 »

コメント

いい写真ですね。
ギリシャ、イタリア、フランスには、死ぬまでに行ってみたいと思ってます。
青がほんとに青いですね・・いいなぁ。

投稿: elmar35 | 2009年12月16日 (水) 18時03分

elmar35さん、

そうなんですね、写真の映りもありますが、本当に「青らしい青」が凄いです。食事も気候も素晴らしいところだと思います。

投稿: ドイツ特派員 | 2009年12月16日 (水) 20時13分

ドイツ特派員さん。

最近、個人的に想うことがいくつかあり、お写真ひときわ胸に染みました。
どのような言葉も、この夕日この海の前には色褪せることでしょう。
おそらく私が一生行くことはないであろうエーゲ海。
このような形で見せてくださり、どうも有難うございました。

トネリコ


投稿: トネリコ | 2009年12月16日 (水) 21時08分

トネリコさん、

本当にこの夕日ってきれいなんですよ。というか、海に沈む夕日というのが物凄く好きなんですが。

いや、行けるかもしれないですよ、エーゲ海。何が切っ掛けになるか分かったモンじゃないです。私だってドイツに行く前には、ドイツで知っているのはBMWとベンツくらいでしたから。

投稿: ドイツ特派員 | 2009年12月16日 (水) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/47023554

この記事へのトラックバック一覧です: エーゲ海漂流:

« 大いなる矛盾 | トップページ | エーゲ海漂流:ロードス島編 »