« It Bites再来日決定 | トップページ | 会社やビジネスとのあり方を考える本:「会社は2年で辞めていい」(山崎元) »

2009年12月23日 (水)

クラシックギター再開か?

年齢もどんどん進んできますと、どうしても新しい事が出来なくなりますな。特に楽器というのは難しいですね。

ということでクラシックギター。ちなみにこれが私の1985年製松村雅亘さんギター。弦長が645mmでちょっと短く、ネックが細いものです。
Dscf0031_thumb

今までで一番真面目にクラシックギターをやったのが

・大学3-4年
・ドイツで習っていた1998-2000年

の二回。確かにこの時は「上手くなったな」とか「あ、こういう見方で練習するのか!」というものがありました。

で、エレクトリックについては、このところバンド関係で以前だと考えられないような難しい曲をやらされたんですが、「意外と形になったな」というのが少なくないんですね。何故かな、と考えてみるに、練習方法が結構変わったことが大きいかと思います。だとすると、クラシックでも同じことが起こらないかな?と考えていて、来年は真面目に新曲をやってみるかな?ということを考えています。

うーん、有言不実行に終わるのか?

|

« It Bites再来日決定 | トップページ | 会社やビジネスとのあり方を考える本:「会社は2年で辞めていい」(山崎元) »

コメント

やり続けるってすごい事ですよね。

大学卒業して数年後からまったくギターに触らない
生活になりうん十年。

先日子供が押入れからギターを引っ張り出してきて
触らせろーというので、久々のご対面。

松村さんのギターは変わらずきれいで、ほっ。

で、ちと弾いてみるかと触ったら
禁じられた遊びもあぶない状況。

来年は、ぼけ防止のためにたまに触ろうかな。

投稿: | 2009年12月25日 (金) 13時00分

まいど、名無し様。というか、多分あの人かな?と想像してます。

ボケ防止でも何でも無く触りましょう。もし触らないのなら私のそのギター下さい(笑)。

投稿: ドイツ特派員 | 2009年12月25日 (金) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/47091216

この記事へのトラックバック一覧です: クラシックギター再開か?:

« It Bites再来日決定 | トップページ | 会社やビジネスとのあり方を考える本:「会社は2年で辞めていい」(山崎元) »