« 仕事での優先順位 | トップページ | 自分のやりたい事は絞れるか? »

2009年12月10日 (木)

ソウルメイト

独り言ですので、適当に読み飛ばしてください。が、自分は書いておきたいので書きますです。

昨日、夢で昔の仕事仲間が出てきたんですな。

内容は全然覚えていないんですが、物凄く信頼していた仲間です。

で、夢から醒めてから会社に行き仕事をするわけですが、私にはまだまだ今の仕事でこんな仲間が出来ていないんですね。

多分、「ソウルメイト」という言葉で表現されるんでしょうが、もうこんなに信頼関係を持って仕事するなんてことは無いかも知れないな、という仲間の一人です(あと、同じような仲間が数人います)。

夏の暑い中、倉庫で無駄な作業をやったこと
使うか使わないか分からない客に説明に行ってもらったこと
モノが無い時にその説明に行って玉砕しそうになったこと

もう数え切れないろくでもない、しかし絶対忘れられない仕事です。利益を生む、ということでは充分ではなかったかもしれない、でも、「信頼関係の仕事」がこれほど素晴らしいものだと分かっただけで、この仕事をして良かったと思えます。

分かった事は、「人に信頼されるには、信頼されるだけの人になる」という当たり前のこと。その点では、相手の度量に甘えていたし今でもまだそれに足る人になっていないということです。

計数管理も将来計画も経営実施も、全ては人がすることだ、ということなんですね。

日々、成長への努力を止めることはできないということです。

|

« 仕事での優先順位 | トップページ | 自分のやりたい事は絞れるか? »

コメント

「ソウルメイト」
いい言葉だな~。

ドイツ特派員さん、その夢は意味深ですね。
その夢には「人知を超える何か(時に人はそれを神とか天とか言いますね)」の意思が働いているのかもしれませんね。
私自身はオカルト趣味も、ユングが言うところのシンクロニシティにも賛同するものでは全くありませんが。

とりあえずメールでも何でもいいので、「彼」にご連絡を取ってみられたら?
「昨日、お前が夢に出てきたよ」でも十分。

もしかしたら彼は困っていることがあるのかも。
そうでなかったら、それはそれで僥倖ですし。

友愛に限らず親子でも夫婦でも、絆とは積み重ねて行く先にあるもの。
あるいは無意識の中で、ドイツ特派員さんが「彼」(あるいは彼が象徴する何か)を求めているのかもしれませんね。

おにいさんに向かって生意気言って、すみません!!(汗)。

投稿: トネリコ | 2009年12月10日 (木) 01時47分

トネリコさん、

鋭いですね。実はショートメールをすぐにいれ、トネリコさんが仰ったそのままでした。

オカルトや前世じゃないんですね、こういうことは。その人が持っている意識と環境。その自分の力を大事にするのが重要だと思います。

生意気も何も、こういう反応がありがたいです。

投稿: ドイツ特派員 | 2009年12月10日 (木) 08時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/46981837

この記事へのトラックバック一覧です: ソウルメイト:

« 仕事での優先順位 | トップページ | 自分のやりたい事は絞れるか? »