« Break Down the Wall:ベルリンの壁風景 | トップページ | 15年のお疲れ様で(キーホルダー買い替え) »

2010年1月 6日 (水)

ベルリンでのちょっとした光景

ベルリン編、最後は色々と雑多な写真を並べてみたいと思います。

Dscf0125
ブランデンブルグ門に居る「昔のビザ発給係」。2ユーロです。

Dscf0096Dscf0102
Dscf0088 Dscf0092
有名なベルリンのチョコレートショップにて。上は食べた濃いチョコケーキ、下は全体がチョコレートで出来たオブジェ。

スイーツは非常に甘いものが多いですが、ここのは美味かったなあ。

Dscf0249 Dscf0247
左は凱旋の塔。横の街灯と組み合わせてみました。そこに至る雪に覆われた道。

とにかくずっと少ないながらも雪が降り続いていまして、真冬日ばかりでした。が、意外と歩けるもんだな、というのが実感。

Sn3e0209
これの意味は?

これは少し個人的に不思議に思ったこと。通常ドイツでは偶数番地と奇数番地を通りの左右に振り分けています。ところがベルリンでは偶数と奇数が同じ通りに混在していることが多かったんですね。新しい通りだからでしょうか?

Sn3e0190
とあるビルの夜景。派手すぎませんか?

というベルリン珍道中ですが、また行ってみたいですなあ。





|

« Break Down the Wall:ベルリンの壁風景 | トップページ | 15年のお疲れ様で(キーホルダー買い替え) »

コメント

いつも広い世界を見せてくださって有難うございます。
「貴方が無駄に生きた今日は、昨日死んだ人が痛切に行きたかった明日である」
忘れられない言葉になると思います。
亡くなった人に少しでも恥じぬよう生きていかねばと思います。
寒い日が続きます。どうぞお体にお気をつけて!
(^_^)/

投稿: トネリコ | 2010年1月 6日 (水) 18時51分

トネリコさん、

いつもだらだらと過ごす事が多い私なので、こういう言葉は何か傷に塩を塗られるような痛みがあります。気をつけなきゃなりませんね。

身体だけが頼りなので、そこはいつも気をつけています。

投稿: ドイツ特派員 | 2010年1月 6日 (水) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/47218014

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリンでのちょっとした光景:

« Break Down the Wall:ベルリンの壁風景 | トップページ | 15年のお疲れ様で(キーホルダー買い替え) »