« 宝石へ続く道:ヴェネチアへ(前半はミラノからヴェローナまで) | トップページ | 感覚を裏付けることと、今気になっていること »

2010年1月14日 (木)

宝石へ続く道:ヴェネチアへ(後半はヴェネチア情景)

...ということで、車はヴェネチアの入り口にある大駐車場に止めて、そのまま船で移動します。まあ船というかそれが水上バスなんですけどね。

この町、やはり水だらけです。

Photo_4有名なリアルト橋。四月なんですが日差しが強かったですね。

何でヴェネチアが好きなのか考えてみると、いつまで経っても「ヴェネチアを見た!」という充足感が得られないところなのか?と思います。町は迷路だし、しかもその迷路は陸地と水上を交差しているし、小さなところなはずなのに、巨大な不明物体を見ているような錯覚です。「群盲象を撫でる」というか。だからまた行って見たくなるんだと思います。

3 水上バスから見たヴェネチア。「肩寄せ合った」という表現ですね。

良く知られた話ですが、今やこのヴェネチアも地盤沈下が発生しているそうです。更に、夫々の建物がお互いの力に依存して何とか立っている状態らしく、もし一つの建物が崩壊したら、そのまま連鎖反応でどんどんと崩れていくのでは、という予想すらあります。

Photo_5 これまた有名なサンマルコ広場の光景。

とにかく全世界から観光客が押し寄せるので、正直落ち着いた印象はないのですが、それでも少し離れれば、その宝石が姿を現すことがあります。

2_4 4
1 ヴェネチア、水の情景です。

本当は季節外れの冬とかに行くと、全然違ったヴェネチアを見ることが出来ると思います。物凄く寒かったりするのですが、何というか、「水と佇む」という表現になるのかな、少しうたた寝をした町に感じます。

もう紹介されつくした感のあるヴェネチアではありますが、いやまだまだ美しい表情を見せてくれるところはあります。更に言えば、その周辺都市や、少し田舎に入ったところなど、奥は深いと思います。

|

« 宝石へ続く道:ヴェネチアへ(前半はミラノからヴェローナまで) | トップページ | 感覚を裏付けることと、今気になっていること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/47294403

この記事へのトラックバック一覧です: 宝石へ続く道:ヴェネチアへ(後半はヴェネチア情景):

« 宝石へ続く道:ヴェネチアへ(前半はミラノからヴェローナまで) | トップページ | 感覚を裏付けることと、今気になっていること »