« 冬の散財はもう打ち止めにしたい....。 | トップページ | 「『知の衰退』からいかに脱出するか?」:ユニークではないユニークさ »

2010年2月 4日 (木)

無駄な時間の削り方

まあ無駄で出来ている私ではありますが、それでも無駄な時間を失くしたいな、と思います。

じゃあ無駄な時間ってなんだろう?遊んでいること?何もしていない事?

私思うに、一番の無駄は、

移動

でしょう。毎日会社に行く、顧客に行く、出張へ行くなどなど…。首都圏では片道一時間強が通勤時間というのが平均だそうです。あと、例えば片道一時間で顧客に週5-6軒訪問するのは普通でしょうから、それで約十時間、その他色々と移動には時間を使っているんじゃないでしょうか?

今の私の課題は、「こいつをどう有用な時間に変えるか?」ということ。皆さんどうしてます?で、私が考える対応法。

1.何かする
まあ一番のところですね。今はiPodでPodcastを聞くか本を読むか…。あと、「積極的に寝る」というのも実は私にとっては充分有用な時間に変換できる方法です。
2.思索する
色々と考える事に使う、というものです。仕事のこと、自分のこと、今練習している曲の運指のこと、次の曲についてなどなどなど。
3.別のことを付加する
例えば、移動を運動にしたりすることですな。私の場合、iPod聞きながら一駅余計に歩いたりします。これは危ないこともあるんでどうか、とは思うんですが。
4.移動しない
これが実は本当にやりたい事なんですね。例えば、顧客に行く時に何で逆方向の会社に行かなきゃならんのか?こんだけIT発達してどうしてそれを使わないか?ほんと、出来れば引越しして移動を少なくしたいくらい。ただ、家での仕事、いわゆるSOHOはどうも向いてないような気がするんで(要はだらだらしすぎる)、事務所は必要かな?

日本の通勤時間はかなり長いほうだとは思いますが、恐らく世界の大都市での事情はそんなに変わらない(混雑は変わるでしょうが)。NYに住んでた人に聞いたら、片道一時間半はざら、とか言っていました。あれだけ小さいシンガポールでも、結局バスなんかを乗り継いだら一時間近い、なんていう同僚もいて、いずこも同じかあ、と嘆息。まあその数は少ないんでしょうが。

何かいい方法はありませんかね?

|

« 冬の散財はもう打ち止めにしたい....。 | トップページ | 「『知の衰退』からいかに脱出するか?」:ユニークではないユニークさ »

コメント

移動時間=気分転換♪
仕事の時間と自分の時間の切り替えに重要な意味があったりね。これが10分とかだとなかなか難しいしね。

投稿: フレ | 2010年2月 4日 (木) 21時59分

1時間×○回というのは、確かに扱いに困る時間ですね。

私は大学時代、片道2時間半の往復5時間でした。地獄でしたよ(泣)。でも今になってあの頃について思い出されるのは、電車の中で読んだ本の数々。別にロクな本は読んじゃいませんが、自分史では一番勉強(?)した時代じゃないでしょうか。5時間あれば、ねぇ。
今、5時間じっと座っていられる時間が(しかも毎日)とれるでしょうか?ある意味、豊かな時代だったのだなと思います。

ところで、もっぱら内勤ばかりしてきたの私はとても不思議なんですが、ドイツさんは営業先の顧客の元へ行く際に「戦略を練る時間」という選択肢は必要ないの…?
すごい…。

投稿: トネリコ | 2010年2月 6日 (土) 00時51分

フレさん、

おお、確かに気分転換はありますなあ。10分で難局も聞けるS.O.D聴くとか(今やってたりします)。ロックで気分変える、あるなあ。書き加えよう。

投稿: ドイツ特派員 | 2010年2月 6日 (土) 09時01分

トネリコさん、

大学で2.5時間x2は大変ですね。ただ、仰る通り纏めた時間が取れる、ということでは貴重ですよね。私は高校時代に往復30kmの通学だったんですが、自転車だったんでどうしようもありませんでした。

顧客へのことを考えることはあります。「どう話すか」「こう来たらどうする」とか。想定問答ということですね。

投稿: ドイツ特派員 | 2010年2月 6日 (土) 09時04分

移動時間はiPhoneがほとんど占めるようになりました。
ブログもこれでチェックできますから、情報がここからスタートする毎日。。。本を読まなくなってしまいました。
iPadが発売されると、、、

投稿: savilerow | 2010年2月 6日 (土) 12時41分

savilerowさん、

確かに携帯で情報を入れることが増えましたね。iPadになるとどうなのか?何かもう想像できない世界に入りつつあると思う私はおぢさんでございます。

投稿: ドイツ特派員 | 2010年2月 6日 (土) 14時05分

ドイツさん、

往復30kmの通学って、凄いですよ!
高校時代か…、若いっていいですね…(遠い目)。
でも自転車は気持ちいいですよね。
120%自分を動力源に走るから、究極のエコ移動手段ですね。
私も昭和レトロなロードレーサーを以前つい衝動買いしちゃって所有していますが、去年アルムの山の上に引越して以来、玄関のオブジェと化しております…。
ダメだ、こりゃ。

ごめんなさい。無駄な移動時間をどう有効利用するかの話でしたね。本題から外れまくりました。

投稿: トネリコ | 2010年2月 7日 (日) 09時38分

トネリコさん、

オブジェを実物に変えましょう(笑)。とはいえ、山で自転車に乗るのは歩くよりしんどいですから大変ですよね。平地であれば、本当に気持ちいいんですが、中々カロリー消費が増えないのが問題。

このブログ、本題などありませんから大丈夫です。

投稿: ドイツ特派員 | 2010年2月 7日 (日) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/47478746

この記事へのトラックバック一覧です: 無駄な時間の削り方:

« 冬の散財はもう打ち止めにしたい....。 | トップページ | 「『知の衰退』からいかに脱出するか?」:ユニークではないユニークさ »