« 日本人の琴線に触れる曲:「Eau Rouge-Remaster」(金谷幸久) | トップページ | そして、こんにちは »

2010年2月28日 (日)

さよなら、そしてこんにちは

<始末書>

私、無駄使いはしないと言ったのに、またモノを買ってしまいました。しかしながら、これには理由があることであり、多少なりとも事情を考慮頂ければと存じます。

<始末書終わり>

懲りんな、俺。アホや…。

以前もちょっと紹介していた出張用カバンですが、さすがにファスナーが駄目になり、修理をお願いに何軒か店を廻ったものの、どうも造りが特殊で上手く修理できないらしいです。で、あえなく今回御昇天頂きました。
Dscf0616 Dscf0617
もうちゃんと閉まらないし、その他諸々痛みが酷いんですな。

これ、ゴールドファイルでほんの一時期だけ売り出されたシリーズを当時いたドイツの直営店で買ったもの。既に15年を経過しています。正直、一番私と出張に行ってくれたカバンですし、一番儲けさせてくれたカバンです。使いに使い倒しました。が、もう良いだろうということですな。

で、んじゃあこのカバンが無くなってどうするよ?ということになり、早速買いましたよ楽天で。ええ、買いましたよ。ああもう買いましたよ。

Img56113533 Img56113537

Innovatorのトランクケース、50cmサイズで一番小さい。

これ、機内持ち込みできるギリギリのサイズなんですね。で、外見は私が大好きなInnovatorデザインでのアンティーク調。で、更にサイトの提示価格が何故か定価の半額近い価格。更に更に日本製。「行くしかないぜ」とばかりにポチってしまいますた。

大前研一に言わせれば、「原料が何処から来ているかも分からないのにMade in Japanに拘るのは滑稽」ということです。が、それでも拘るんだな。拘りっていうのは全く理由の無い事なんで、そこに四の五の理屈付けられても「え、それで?」で終わり。良いんですよ、こんなのは自己満足で。

自己満足の代償は払わねばならないのですが(涙)

|

« 日本人の琴線に触れる曲:「Eau Rouge-Remaster」(金谷幸久) | トップページ | そして、こんにちは »

コメント

イカしてますねー!

投稿: トネリコ | 2010年2月28日 (日) 21時52分

トネリコさん、

いやあ、こういう古っちいのが好きなんですよ。ガキのころも最新式デジタル時計には目もくれなかったタイプです。

投稿: ドイツ特派員 | 2010年3月 2日 (火) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/47690536

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら、そしてこんにちは:

« 日本人の琴線に触れる曲:「Eau Rouge-Remaster」(金谷幸久) | トップページ | そして、こんにちは »