« 魔都香港での食い道楽 | トップページ | オリジナルを作曲すると言う暴挙 »

2010年4月18日 (日)

RattとWarrenとJack-offヴィブラート

ここ数年は立ち読みで終わらせているBurrn!ですが、今回のびっくりはRattの新譜に何と

「95点」


ほんとか?本当か?と思ってYouTubeを見ると

良いじゃねえか、この曲!

Rattって、正直「Out of the Cellar」しかまともに聴いてなくて、その後の「Invasion of your Privacy」や「Reach for the sky」も聴いているものの、殆ど曲は覚えていないんですね。で、オリジナルメンバーのRobbin "King" Crosbyもオーヴァードーズで死んじゃって、去年の来日もイマイチっていう評判で全くノーマークだったんですよ。


で、Burrn!のCDレビューの場合、どうも編集長の「釣り」が多いんで、眉に唾しておくという習慣なんですが、今回の新曲が突出した曲でなければ、かなり期待できるでしょうね。ちなみに音だけですが、こいつもいいっすな。

で、メンバー見ると知らないうちに元Quiet RiotのCarlos Cavazoが加入してるんですね。どうソロを分けているのか、腕だけだったらオリジナルのWarren de Martiniの圧勝なんですがね。で、そのソロ、

おお、スリリングなファーストそのものじゃねえか!

彼は元々DokkenのGeorge Lynchを崇拝していて、もうタイミングの取り方なんか瓜二つ。あの「Jet finger」横関敦も、「この二人のタイミングの取り方を相当参考にした」と言っていますが、何だろう、譜面に出来ない微妙な引っ掛けがスリリングさを加速させるんですね。

更に言えばヴィブラート。彼とGeorgeの専売特許である「Jack-off ヴィブラート」が肝で炸裂するのがまたスリリング。これ、指板上を高速でスライドさせてヴィブラートさせると言う見た目もスリリングというかカッチョイイ技なんですが、意外なほど難しいんですね。今練習中なんですが、かなり時間が掛かりそうです。あ、但しこの技、英語ネイティブの人には言わないほうが良いです。特にツンツンした美人OLなんかが言った日にゃ上へ下への大騒ぎ。興味ある人は辞書で調べてください。

さあて、これは買わなきゃいかんな。久々にワクワクしています。ワクワクついでに全盛期のRattのPV。いやあこのいきなり天井から落ちてくるWarren、むっちゃカッコいいですなあ。

|

« 魔都香港での食い道楽 | トップページ | オリジナルを作曲すると言う暴挙 »

コメント

ご無沙汰しております、Rattの新譜に引っかかりました。。
Burrn!誌で高得点に早速買いましたが、いや~いいですね、LAメタル。
すっかり最近のヘビーローテーションとなっております。

当方、GWは好例の台湾旅行です。今回は南部の墾丁や台東という感じでローカルな旅をしてきます!

投稿: waka5150 | 2010年4月29日 (木) 01時13分

waka5150さん、ご無沙汰です!

速攻購入ですか。私は明日密林から届く予定で、日本盤にしました。Scorpionsも一週間後、Jeff Beckはまだですが、いやあこういう現役バリバリのベテランは良いですね。

また台湾とは羨ましい。私も一年ぶりに行く事になりそうです。墾丁から琉球島というのが夢ですが、まだ出来そうにないです(笑)。

投稿: ドイツ特派員 | 2010年4月29日 (木) 12時28分

 こんばんは~。

 いや~これはひょんなことから入手して、聴きましたね。私は実は失敗作と言われてる「DETONATOR」しか持ってないんですが…。何だか思いっきりLAメタルですよね。
 私は1曲目のちょっと速いテンポの曲で「おっ?」と来ましたね。何より、ウォーレンさんが埋もれてしまわなくて良かったです。

投稿: しまうま | 2010年4月29日 (木) 22時47分

しまうまさん、

そう、ウォーレンはまだ全然埋もれるわけにはいかんでしょう。一部では「カッコ良かったウォーレンじゃない…」という声もあるようですが、全然カッコ良いと思うんですね、プレイも見た目も。

これから聞き込みっす。

投稿: ドイツ特派員 | 2010年5月 1日 (土) 10時54分

いや〜、期待してなかった分びっくり!こんなに昔のままで今のサウンドで勢い満点って、だったらもっと前からやって第一線にいてくれよ、みたいな(笑)。全然枯れてないんだもん。それでいてRattの音ってのがしっかりあったんだなぁ〜と改めて認識。いいよいいよ、これ♪

投稿: フレ | 2010年5月23日 (日) 13時09分

フレさん、ほんと、いいっすよねこのアルバム。

そう、勢いがあるアルバムがまさかRattから出てくるとは想像すらしなかった、というのが本音。ガンガン行ってくれなきゃ駄目でしょう。この勢いが他のバンド、例えばDef LeppardとかVan Halenに繋がるか、楽しみです。

投稿: ドイツ特派員 | 2010年5月23日 (日) 13時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/48116977

この記事へのトラックバック一覧です: RattとWarrenとJack-offヴィブラート:

« 魔都香港での食い道楽 | トップページ | オリジナルを作曲すると言う暴挙 »