« サソリ最後の一撃:「Sting in the tail」(Scorpions) | トップページ | ねえ、何でQuiet Riot?:埼玉スタジアム訪問 »

2010年5月 9日 (日)

日本的な仕事の進め方は外資系で通用するのだろうか?

この連休中に仕事でやっちまってしまい、休みにも関わらず仕事してしまった事実と共に少しばかり落ち込んでいる今日この頃です。

手続き自体には別に落ち度もなく、やっていた事も理屈としては合っていたのですが実情に合っていなかった、という結果。

んで、こういうときにどうしたもんかな?というのが今の悩みと言うか対処と言うか。

大体面倒くさがりなもんで、明らかに自分の悪さが原因の場合は、

「はいはい、俺が悪う御座いましたよ。すんませんねえ」

と言って済まそうとするのが癖。だから逆に理不尽に文句言われると、

「ぁあああ?何じゃそりゃ?納得できねえぞおおおお!」

とぶち切れるのも悪い癖。うーん、大人になれない…。

一応アメリカ資本の外資系会社であるんで、こんなときにどうするのが良いのかな?というのが未だによく分かっていない。今までもそういう失敗の場合は、正直さっさと「私のミス。リカバーはこうします。どう?」といってやっていたんですが、よくアメリカ企業の話であるじゃないですか、「俺は悪くない、これが駄目であれが駄目で、だから俺じゃないよ、この失敗の責任」とかいって回避する、という対処法。

本当なのかな?

そりゃそういう事例はあるでしょうが、それは別に日本企業でも政府でもある。自分自身、どこかに国や民族などとは別の所に、「正攻法の対処が理解されるんじゃないか?」と思っていて、どうしても下手な言い訳するのがカッコ悪いんじゃないか、と思うんですねえ。

このことは記事にしたかも知れませんが、実は今の会社に入る時に、最後に試験があったんですね。英語で20ページくらいの文章を読んで、「はい、貴方が考える問題点と対処法をプレゼンして下さい、英語でねheart」という内容。で、「色々失敗があったにも関わらず私を何で選んだの?他にも居たでしょ(4人くらい居たらしい)?」って聞いたら、

「お前だけが失敗した所を言い訳しなかったからだな」

と言われたんですな。もしかするとその辺は単なる人との相性で、国や民族ではないんじゃないかな?と思った時でした。

まあ、もし通用しなければ仕方ない。自分がやり方変えるか、相手に変えさせるか、環境を変えるかしかない訳でしてね。今までの私のやり方でやってみますが、

誰か良い意見知りませんかあ???

|

« サソリ最後の一撃:「Sting in the tail」(Scorpions) | トップページ | ねえ、何でQuiet Riot?:埼玉スタジアム訪問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/48312388

この記事へのトラックバック一覧です: 日本的な仕事の進め方は外資系で通用するのだろうか?:

« サソリ最後の一撃:「Sting in the tail」(Scorpions) | トップページ | ねえ、何でQuiet Riot?:埼玉スタジアム訪問 »