« ねえ、何でQuiet Riot?:埼玉スタジアム訪問 | トップページ | サッカー日本代表から人事の重要性を考えた »

2010年5月10日 (月)

もういい加減にして下さい

いや、岡田監督じゃなくて…。

それはそれで言いたい事はあるんですが、今日はそっちじゃなくてこっち。

参院選出馬の谷、現役にも意欲=ロンドンで「金」目指す

民主党から参院選に立候補することになった女子柔道の五輪金メダリスト谷亮子(34)は10日の出馬会見で、国政への抱負を語るとともに、現役続行に改め て意欲を示し、「(2012年)ロンドン五輪で金メダルを目指す」と語った。
 谷は民主党本部で小沢一郎幹事長とともに記者会見。「スポーツの環境を整えたい。スポーツ省の創設も実現したい」などと語った後、「これまで公言してき た通り、現役は続けます」と明言した。
 谷は五輪3連覇を狙った08年北京五輪で銅メダル。その後、第2子出産のため休養に入り、昨年10月の出産後も試合に出場していない。現在は時間を見て トレーニングをしており、「年明けにはぜひ(実戦に)復帰したいと考えてプランを立てている」と話した。
 

そんなに政治家って楽な仕事なんですか?

プロであるならば、その道で全く実績もなく、その道で生かせそうな経験もなさそうな人がいきなり、「貴方の仕事をやりたい」と言ってきたら激怒するのが普通でしょ?それを、「いやあ宜しくお願いしますよ」なんてヤニ下がっているなんていうのは何なんですか?人気取りより何より、そのプロ意識の欠如が腹立たしい。

前回の衆院選で民主党は少なくともこの手のタレント候補は殆ど居なかった。確かに今政権運営がひどい事になっているものの、夫々の能力としてはそれなりにあるだろうという経歴なり実績がある人が多かった。なのにいきなりこれですよ。

もし参院選で谷亮子が議員になるようなことがあったら、国民も馬鹿ということで、もしかすると誠に政治との水準が一致していると言えるかも知れません。ピアスの「悪魔の辞典」だったかな、「政府の水準は国民の水準である」ということになるでしょう。

もうちっと言えば、大前提として国会議員に自分の地方への利益誘導を前提とした支援をすることがおかしい。これが正に地方分権との絡みなんでしょうが、「あの人は地域を良くしてくれたから」というのは、国への背信と地方分権の蹂躙という両方から断罪されるものだと思う。

もうイライラしたこの発表で御座います。

|

« ねえ、何でQuiet Riot?:埼玉スタジアム訪問 | トップページ | サッカー日本代表から人事の重要性を考えた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/48326207

この記事へのトラックバック一覧です: もういい加減にして下さい:

« ねえ、何でQuiet Riot?:埼玉スタジアム訪問 | トップページ | サッカー日本代表から人事の重要性を考えた »