« 何となく肌が合わない言葉 | トップページ | 小野正利とGalneryus »

2010年5月 1日 (土)

買い物に思う、便利さって何だ?

ちょっとアマゾンで買い物したら散財しちまったぜ。
Dscf0854

お、お前は何を買ってるんだ!?

見てのとおりですが、前から言っていたRattとScorpionsの新譜、珍しくアホな頭を何とかしようと買った梅棹忠夫の「文明の生態史観はいま」、今着ているTシャツがぼろぼろになってきたので、どうせ買うならと4000円もしたオーガニックコットンの日本製Tシャツ。大体昔からTシャツも10年くらい着ていて、いい加減親から「もう捨てろ!」と怒られていましたが。

で、これは一度に注文したんですが、何故か四つバラバラで届けられたんですね。確か「一括発送」で選択していたんですが、一つ一つでも無料配送なのでそうしたのかも知れません。ただ、写真の箱はTシャツを送ってきたものなんですが、あまりにも大きくないですか?その箱の中にさらにダンボールがあり、その上にシュリンクパックされたTシャツが糊付けされていました。

無駄過ぎないかあ?

前も記事に上げましたが、こんな事を便利にする間にはもっと便利にしなければいけない事があるんじゃないですかね?エコなどと言っても人間の欲求は関係ない、という事かも知れません。

で、無駄なことも然ることながらもうちょっと言えば、「待つ」というワクワク感くらいは自分の趣味にあってもいいんじゃないかな?クリスマスが来る前の高揚感、おもちゃ屋の広告を見て何とも言えない落ち着きのなさ(いい意味で)を感じる時間…。何か(自分を含め)、みんな贅沢になりすぎているんじゃないかな?と思います。早い配送、近くでの買い物、短時間での回答、検索での知識・・・。それこそ旧世代かもしれませんが、そこを一苦労する事で得られるものはあるんじゃないかな?その便利さが物に対する慈しみをなくしているんじゃないかな、と感じることがあります。iPodは確かに便利です、が、やっとの思いで手に入れたレコードを聴く時の「一音たりとも聞き逃さないぞ」という気合は無くなっていることに気付き、愕然としてしまいます。

少し不便を自分に課してみようか、とも思う今日この頃です。乗り遅れてしまうかも知れないですが、乗り遅れる対象は何なのか?自分でもよく分からないんですね。だったらそんな分からないものにおびえる必要もないかも知れません。

|

« 何となく肌が合わない言葉 | トップページ | 小野正利とGalneryus »

コメント

 こんにちは~。

 何だか分かります。ネットでCD買うと、確かに入手困難なのがひょっこり見つかったりはあるんですけど、掘り出し物にはぶつからないですよね。

 いまや携帯があれば何でも検索できてしまう時代。最近の会社の若い子は仕事で出かける時に地図とか調べないんですよ。ヘルメットかぶった外人さんが道案内するCMの例のサイトを頻繁に使ってて、それで算出された時間を元にアポ時間も決めちゃう。
 ちょっと飲み会やるか? みたいな話になっても、条件? を入れるとちゃんと携帯が答えをくれて、そこに決めちゃうんですよね。

 なんだか無駄に便利になっていってるような気がしますねえ。

投稿: しまうま | 2010年5月 4日 (火) 12時53分

しまうまさん、

確かにそうですよね。大阪駅前ビルや日本橋南海の高架下(何処まで古く具体的なんだww)でひょっこり見つける珍盤、なんていうのはもう楽しみではないのかも知れませんね。そこを切ってしまう便利さって、物凄く大きな楽しみを切っているような気がします。

投稿: ドイツ特派員 | 2010年5月 4日 (火) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/48236218

この記事へのトラックバック一覧です: 買い物に思う、便利さって何だ?:

« 何となく肌が合わない言葉 | トップページ | 小野正利とGalneryus »