« サッカー選手考 | トップページ | 反省するのは何時のこと? »

2010年6月19日 (土)

CD救済都内の旅

飲み会の前に寄り道はいけません…。

ということで、久々にCDを救済してきました。
Dscf0905

普通はしらんぞ、こんなCD。

とはいえ、一番有名なのは右上にあるDream theaterの「Six degrees of inner turbulence」ですね。これが600円ならそりゃ救済が必要。音源はありますが、やっぱりリアルにCDは持っておかないといかんなあ。

さて、その下はArch EnemyのギタリストであるChrispher AmottのバンドであるArmageddon。これも安かったなあ。マイケルシェンカー節が堪能できそうです。

左側下二枚はGary Hoey。最近のものはあまりチェックしていなかったんでこれはらっきい。これも二枚で1000円くらいだったかな?

最後は左上のThe Snakesの「Once bitten…」。音源は持っていたんですが、欲しかったんですねえ。

これは私の志向でしょうが、やはりリアルなCDは持っておきたいんですなあ。多分今の若人には理解しきれない感覚かもしれません。

で、明日から貧乏です。

|

« サッカー選手考 | トップページ | 反省するのは何時のこと? »

コメント

 おお〜っ。中古屋さんですか。ゲイリー・ホーイなんか置いてあるんですね。しかし…2枚で1000円っすか…。うれしいようなうれしくないような…。

投稿: しまうま | 2010年6月19日 (土) 11時53分

しまうまさん、お待ちしてました(笑)。

そうですね、今度都内CDの旅、やりましょう!更なる地獄に行っていただくということで。

投稿: ドイツ特派員 | 2010年6月19日 (土) 12時48分

最近ですねブックオフにギターモノが結構散在されてるんですよ、何故か??!!
ゲイリー・ホーイ、ブレット・ガースド、ニール・ザザ、ボリスラヴ・ミティック、スティーヴン・アンダーソン、ウォーレン・ククルロ、、コチラもかなり救済してます。だって2枚目だったりしますし(笑)
ヴァイ、サトリアーニ、イングヴェイ辺りが¥250ってのもなんだかなあ、、、

投稿: sorapapa | 2010年6月20日 (日) 18時30分

Sorapapaさんもいらっしゃって頂き思惑通りです。

ラーズエリックマットソンもありましたなあ。確かに救済するCDは際限がない。というか、ニールザザって過小評価?

そうなんですよ、これが250円で手に入る喜びか、その程度の評価に対する悲しみか。。。

投稿: ドイツ特派員 | 2010年6月20日 (日) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/48666171

この記事へのトラックバック一覧です: CD救済都内の旅:

« サッカー選手考 | トップページ | 反省するのは何時のこと? »