« クールなハードロック:「Thunder Seven」(Triumph) | トップページ | 準備完了:もう一つのジョンロブ »

2010年6月 5日 (土)

ヘビロテの靴

春の旅行もとい出張で買ってきたオールデンですが、これが重宝していまして。何しろ汎用性が高いのが有難い。

例えば、この前中国に出張した時でも、
Dscf0870
こんな感じで履けますです。

で、ジーンズでも
Dscf0885
こんな感じです。

これってシングルモンクだから良いのかもしれません。ダブルモンクだと、カジュアル度が下がってしまう。逆にローファー系だとスーツへの合わせが多少カジュアルすぎる気がします。ジャケットだとギリギリですが、スーツだとかなり個人的に違和感があります。

購入時のエントリーにも書いていますが、バーガンディーという色がこれほど合わせ易いとは思っていませんでした。これが黒だとどうしても足元が重いし、逆にライトな茶だとジーンズに難しくなります。ここではあげていませんが、チノでも全く問題ありませんねえ。

以前買ったコードバンのオールデンがどうしても足に合わず、2年半でドナドナになったんですが、こいつは上手く足に合ってくれているので、かなり長い期間履けそうです。でも、また別のが欲しくなるんですけどねえ。

貧乏人らしく出来ない自分が恨めしいです…

|

« クールなハードロック:「Thunder Seven」(Triumph) | トップページ | 準備完了:もう一つのジョンロブ »

コメント

おっしゃる通り「バーガンディー」、深いブラウンが効いてますね!
特にジーンズに合わせたのが素敵。
こういう着こなしが出来る大人の男性、カッコイイです。
これだけ愛されてこそ、対象となるモノも輝くのでしょうね。
ドイツさんはもしかしたら、モノ作りの職人さんとかにも向いていたかもしれませんね。ミクロンの仕事を勘でやっちゃうヒトとかね。

投稿: トネリコ | 2010年6月 6日 (日) 05時55分

トネリコさん、

いやいや貧乏なだけなんですが、昔からモノが捨てられないんですね。高校時代の筆入れやシャーペンをまだ持ってたりしますから。

職人っていうのは憧れますね。多分勘じゃなくて理屈が立って手が動かないとか(笑)。

投稿: ドイツ特派員 | 2010年6月 7日 (月) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/48548708

この記事へのトラックバック一覧です: ヘビロテの靴:

« クールなハードロック:「Thunder Seven」(Triumph) | トップページ | 準備完了:もう一つのジョンロブ »